「2012年07月03日」 のアーカイブ

2012.07.03(火)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

ビビッドテールのリグいろいろ。

報告が遅れていましたが

EGプロデザインワームから

ビビッドテールがすでに発売開始しています。

 

シャッドテールの王道。

リグを選ばない汎用性。

なおかつ圧倒的バイト誘発能力を持った

釣れまくりワームがビビッドテールです。

 

最近、僕はスモラバのトレーラーとして多用しています。

 


C-4ジグとの相性は抜群。

スピニングのソリッドセンサー61&4ポンドで使う時は

頭をカットして使っていましたが

ベイトフィネスの64MLプロトで使う時は

そのまま縫い刺しにしていました。

カットした方が見た目のバランスが良さそうだと

思っていましたが

別にそのままリグしても喰いは全く変わらず

むしろキャストの正確さとロングキャスト性能が

アップするので

今後はスピニングでもそのままトレーラーにします。

 


ベイトフィネスのスモラバトレーラーで。

Basser 旧吉野川ロケにて。

かなりキャストしやすいですわ。

10ポンドでもロングキャストとアキュラシーが

容易です。

 

勿論ビビッドテールはスモラバだけでなく

CCラウンドトレーラーとしても抜群です。

菊元的にはこのセットが一番釣っていると思います。

 

あと、春から秋までのクリアーウォーターやグラスエリアで

効果的なのがノーシンカーリグのバジングです。

バスが凄い勢いで追いかけてバイトするシーンが見られます。

 


フックはデコイワーム5の#1/0。

少し大きく感じるかもしれませんが

早引きでもバランスが良く回転したりしないので

僕はこのサイズを選びます。

またフック形状からのフッキングの良さも

このワーム5を選ぶ理由です。

使い方は簡単。

投げて水面を引き波を立てて巻くだけです。

勿論、水面直下をスイミングしてもいいし

ピンスポットでのフォーリングも効きます。

 


ノーシンカーリグを丸飲みクンです。

この時はアシ際をフォールさせたらラインが走った。

 


野池ではこんなのが入れ喰いになることも。

バジングは面白いですな。

この池はバスが小さすぎましたが

ワンキャスト3バイトの連続。

投げるたびにバイトして来ました。

小さいのも大きいのも沢山釣れるのも魅力?です。

 

このワーム5のクランク部とフックポイントの間に

ネイルシンカーを挿入するネイルリグ

遠投が可能となり根掛かりも少ない便利なリグです。

 


このへんの位置からネイルシンカーを入れる。

頭から刺すと入れやすいが

ハリ持ちが悪くなるのでおススメ出来ません。

写真のシンカーは1/32ozです。

 


フッキングの妨げにならない位置にセット。

気持ちボディーの下側に入れるとスイミング姿勢が

安定します。

軽いネイルシンカーでもかなり飛距離がアップし

早引きにも対応します。

 


ビビッドテールネイルリグ。

冬のBIGBITEおかっぱりロケでのデカバス。

この時は1/32ozのネイルシンカーを入れて

スローなズル引きで使いました。

ブラックレギウス&マジックハードR4ポンドで

ブッ飛んで行きます。

 

この前の七川おかっぱり取材では

サル番長がネコリグで40アップ釣っていました。

この流派は僕にはありませんが

釣れるのは確かでした。

スローにズル引きしてましたわ。

エビかゴリのイメージですな。

 

その他、ドロップショット、キャロ&スプリットショット

そしてジグヘッドリグやライトテキサスなど。

あらゆるリグに対応するのがビビッドテールの強みです。

 

皆さんもビビッドテールの「喰わせの力」を

是非、実感して下さい。

釣れますわー!!

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません