「2012年07月02日」 のアーカイブ

2012.07.02(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

フロッグは?

突然ですが、

皆さんはフロッグを使う時どんなイメージで使いますか?

 

僕は

「浮くラバージグ。」

もしくは

「引っかからないトップ。」

と言ったイメージで多用します。

いつも言っていることですが

「浮いているからこそ喰う。」バスがいます。

普通なら、ジグやテキサスを入れるカバーに

フロッグを入れると異常に反応する時があります。

と言うか

「フロッグでしか獲れないバス。」がいます。

これは間違いない事実です。

 


一般的にフロッグを使うのはこんなヒシ藻のパッド。

でも、フロッグの出番はこんなところだけではありません。

 


流れのヨレがからむカバーのシェードはフロッグの最高のシチュエーション。

 

また、この前のロケではただのゴロタ石のストレッチで

異常にフロッグに反応しました。

でも、ハードベイトのトップにはほとんど出ませんでした。

その秘密はソフトで生き物感のある着水音にありました。

また、フロッグなら岸の石に当ててから落とすという

プレゼンテーションも容易です。

この時はコロコロポテチン釣法。

略してコロポテが効きました。

リザーバーなどの段差のある流れ込みの上の段に入れて

落として喰わせることも常套手段です。

 

また、オーバーハングのシェードに

スキッピングさせてねじ込んでも

普通のトレブルフックのトップのように

フックとラインが絡みにくいし、

何よりスキップさせやすいです。

 


ポッパーフロッグで来た。

小さなブッシュの隙間に入れたら一発でした。

プレゼンテーションは近距離からのピッチングです。

パッドを遠投して引いてくるだけが

フロッグの使い方ではありません。

 

野池などで対岸のオーバーハングシェードに

トレブルフックのプラグをギリギリに着水させるのは

技術だけでなくなかなか度胸が要ります。

大抵はビビッて手前でサミングしてしまいます。

でも、フロッグならミスキャストしても

大抵回収出来るので思い切ってキャストすることが出来ます。

思い切ったキャストを繰り返していると

だんだん、ビシバシに入るようになって来ます。

そうすると水面が炸裂するわけですな。

 


カエルはオモロイだけでなく最高に出るトップ。

いろんなシチュエーションで使うとその可能性に

新たな発見があるはずです。

写真はまだNGですが

この前のルアマガDVD野池ロケでは

オープンウォーターの土管の流れ込みを

キッカーフロッグの変態的な攻めで使い

野池チャンピオンを仕留めました。

流れとラインを利用しました。

 

あと、大切なのが

ラインは伸びがないP.E.ラインを使うことが絶対条件です。

ラインは途中で枝やパッドなどに掛かり真っ直ぐに

なりにくい状況が多いからです。

僕は最強最高の強度と使いやすさを誇る

バスザイルP.E.フリップ&フロッグの65ポンドを

メインに使用しています。

「絶対に切れない。」という安心感

思い切った攻めを可能にしてくれます。

 

これからの季節、フロッグはますます出番が増えそうです。

皆さんもフロッグでエキサイティングなトップの釣りを

楽しんで下さい。

 

今週はまたまたロケ。

出来たら雨を避けて行きたいです。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません