「2014年03月29日」 のアーカイブ

2014.03.29(土)
カテゴリー:バス釣り

一気に春。

おはようございます。

今朝は山口のホテルで目覚めました。

遅寝早起きです。釣り病です。

 

今回の釣行は春の気配を感じることが出来ました。

 

初日バックウォーター
初日、バックウォーターは前日の雨で激濁り。

甘い水を求めましたが、これはいけません。

 

P1080972
しかし、クリアなメインレイクは増水で冠水植物だらけ。

ショアラインにルアーを入れるのが極めて困難でした。

でも、無理矢理ハードベイトを通して行きました。

 

P1080966
 コンバットクランクフラットサイドで。

冠水ブッシュの上を通しました。

持ち替えて一投目。勘が冴えた1本。

 

2本目ジグ
キャスティングジグシリコンラバーモデル&キッカーバグ。

かろうじて通せるラインを探してショアギリギリのハードボトムのカバーへ入れました。

肝はカバーではなくハードボトムでした。

沈みまくっている細い木の枝にラインやジグが触れて不自然に動くと

全くストライクして来ません。

これは、かなりのキモでした。

ストライクはバンクギリギリに入れてのフォーリングのみで来ました。

でも、岸ギリギリに入れられる場所が少なすぎて苦労しました。

 

3本目ジグの魚
ジグでの2本目はデカかったです。

キャスティングジグは1/2oz。シリコンラバーモデルブラウンパープルイリュージョン。

トレーラーのキッカーバグは4.5インチのリバーシュリンプ。

数少ないカバーの隙間を縫って最奥のショアラインギリギリに着水させると

バイトして来ることは分かりました。

 

この後は、巻いて釣ろうと試みますが

張り出したブッシュの脇などから出てくる気配は無し。

仕方なくジグを撃つとやはり喰います。

でも、暖かくなりすぎて、水温はグングン上昇。

ショアラインで喰ってくるのはオスになりました。

水中での季節も刻一刻と進行していました。

 

P1090016
ジグは落とすだけ。

沈んでいる冠水ブッシュの枝が細すぎて、ラインやジグが触れて

不自然に揺らすと全く反応は得られませんでした。

ジャークベイトやクランクも見えない小枝に絡むので

いいコンタクトは出来ません。

カバーだらけなので、リズム良く通して行くのは困難でした。

かといって、小枝にコンタクトしないように

上のレンジを引いても突き上げてストライクする感じは

全く感じられませんでした。

まあまあ難しいシチュエーションでした。

 

4本目ジグオス
この日最小のバス。ジグフィッシュ。オレンジアイのオス。

暖かくなりすぎてオスがシャローを動き始めました。

 

5本目ジグ
5リミット達成。これも同じキャスティングジグ。

今回は状況が難しかったので面白かったです。

 

実は新幹線で行ったので

リールと少量のルアーをハンドキャリーして行き

ロッドのほとんどはガッツさんに借りました。

送ったロッドはガッツさんが持っていないものだけ。

ヘラクレスヘラクレスもガッツさんのロッド。

入魂してしまいました。

ジグも4個だけ持って行っただけ。

さらにワームもガッツさんの手持ちを使わせてもらいました。

プラグも数個、数種類だけ持って行っただけなので

カラーローテなどはほぼ出来ません。

まあまあなめた装備でしたが

楽しい釣りが出来ました。

ガッツさんありがとうさんです。

 

P1080903
ガッツさんちでタックルをセットさせてもらいました。

 

今からまたタックルを梱包します。

来週はまたロケです。

 

P1090033
ガッツ友の会の面々です。いつもありがとう!

左から小田君。JOYさん。剛力さん。ガッツさん。

剛力さんは今回、打ち上げのみの参加。でも、豪飲みでした。

楽しい宴は続きました。

 

もうそろそろ出発の準備しないといけません。

2日目の釣りはエリアや展開を変えました。

真っ黒なカッコイイデカバス釣れました。

面白い釣りが出来ました。

その模様などはまたアップします。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません