「2013年02月23日」 のアーカイブ

2013.02.23(土)
カテゴリー:バス釣り, ロッド, 動画

ウォレシア動画解説。

今朝も何故か早起きです。

 

昨日はフィッシングショーOSAKA初日

セミナー前の様子を動画でお見せしましたが


今日はヘラクレスの新作ウォレシアの


解説動画をアップします。


 


セミナーでの解説より


ルアーニュースTVの取材の


解説の方が簡潔で分かりやすい感じだったので


そちらを見て下さい。


 


それではこちらからどうぞ。


 



菊元俊文ヘラクレス「ウォレシア」解説。


 


解説補足としては


リールシートが従来のヘラクレスのものではなく


ブランクタッチのより細いタイプを採用しています。


これはスパークショットやメタルウィップと共通の採用です。


トリガーの位置が従来のものより前に来るタイプなので


リールのパーミングがしっくりと出来て


例えばシェイキングリトリーブなどの


繊細な操作が極めてやりやすいことから採用しました。


 


よくある質問ですが


「エアレギウスやエアレギウス7とどう違うの?」


という答えを僕なりの使い分けを例に話します。


 


スモラバなどは圧倒的にウォレシアの方がキャストしやすいです。


アキュラシー、ロングキャストの両方にアドバンテージを感じるはず。


 



C-4ジグのベイトフィネスで。


サイトで狙い撃ちでした。


スモラバ使用の際はZPI BFCチューンの


メタマグMgを使用しています。


 


また、プロップマジック75は8gですが


これぐらい自重があるハードベイトは


飛距離ではエアレギウスや同7が勝りますが


喰いこみやバイトしたあとのバレの少なさは


ウォレシアが勝る気がします。


 



プロップマジックではバレが圧倒的に少ない。


アキュラシー重視。カバーすれすれを通すにはウォレシア。


オープンウォーターで遠投重視ならエアレギウスかな。


パワー表示は同じMLですが


エアレギの方がパワフル。


ヘビーウィードから掛けて瞬間的に強引に寄せるような


シチュエーションではこちらの方がイイと思います。


対してウォレシアはより柔軟な粘りがあり


魚が勝手に寄って来る曲りを持っています。


 


スーパースレッジなどは


ウォレシアが圧倒的にキャストしやすいです。


バンクシャッドはどちらでもイイ感じ。


乗せて運ぶフィーリングはウォレシアです。


また、オキターマンはシャロークランクでの


泳ぎ出しの早さが得られるロッドと評してました。


見かけによらず繊細なことを言いますな。


 


ボウワーム1/16ozネコリグは


6インチならウォレシア。


8インチならエアレギウスと言う感じの使い分けを


僕は行っています。


得意の宇宙人サイドスライディングもエアレギです。


 



ボウワーム6インチネコはウォレシアで。


ディープウォーターを狙いました。


 


参考にして下さい。


 


一切関係ないけど


昨夜は石井館長と中央漁具の森本君を


誘って食事へ。


家族も一緒でした。


 



最高のてっちゃん鍋でしたわー。


最近のマイブームです。


くせになるスープの旨み。


石井館長は〆の雑炊まで完食してました。


終電間に合ったのかな?


 


 

コメント・トラックバックは受け付けておりません