「2013年02月06日」 のアーカイブ

2013.02.06(水)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

メタルウィップ。

もうすぐヘラクレスの新作メタルウィップが

発売になります。

 


メタルウィップ。「金属の鞭」命名は僕です。

金属的な感度と鞭のようなしなりを両立させた不思議なロッド。

全体に曲がることでバスの引きを吸収し、

8ポンドクラスのライトラインをブレイクさせることなく

デカイバスを引き寄せます。

沖田護は6ポンドクラスまで使いますが

アワセ切れを含めた

ラインブレイクは無いらしいです。

ライトラインをブレイクさせないアクションです。

また、沖田がこだわったのはガイドセッティング。

セミマイクロガイドとそのガイド位置に

ロッドの性能を左右する秘密があります。

最後の最後まで沖田はガイドのベストセッティングに

迷っていましたが

昨年の利根川のロケで僕が最終的に

「これで行け!」とゴーを出しました。

 


リールシートはスパークショット、ウォレシアと共通。

ブランクタッチでトリガーの位置が前にあるので

リールを包み込むようにパーミングが出来、

繊細な操作を可能にしています。

しかし、スパークショット、ウォレシアは流派は違えど

ベイトフィネスロッドと言い切っても差し支えない範疇ですが

メタルウィップはもう少し強いアクションを持ったロッドです。

65ML-Plusと言うパワー表示は

ミディアムライト級のルアーを扱えるが

いざとなった時のパワーはミディアム級という意味です。

 

沖田は5g中心のドロップショットやライトテキサス

あるいはリトルマックスのリフト&フォールに

多用するみたいですが

僕は12g位までのテキサス、ドロップショットにも

充分対応出来ると思っています。

 


利根川の帝王。沖田護。連続AOYです。

Basserやかっての釣りビジョンを御覧になった方は

分かると思いますが

バス釣りだけでなく、他のルアーフィッシング全般や

船釣りなども抜群に上手く、すべての釣りに色んな工夫を

取り入れる凄腕です。

福島健同様、こだわりの人です。

顔は怖いがホンマに怖い(ウソ)、いや優しい男です。

 

そんな男が本気でプロデュースした

メタルウィップ。

手前味噌ですが滅茶苦茶イケテるロッドです。

金属的感度、操作性、軽さ、

そしてミスなく魚を確実に獲る実力は本物です。

 

ちなみに僕はアルデバランMg ZPI BFCチューンに

バスザイルマジックハードR8ポンドが

メタルウィップの標準的セッティングになります。

ドロップショットやる時はマス鈎系ではなく

オフセットフックを使います。

 


これはC-4シュリンプ3.5インチで。

5gのドロップショットにマジックハードR8ポンド。

 

メタルウィップは今月末までの発売になります。

ホントに楽しみにしていて下さい。

分かる人は店頭で曲げただけで分かります。

さらに使えばその真価と実力が理解出来るはずですわ。

コメント・トラックバックは受け付けておりません