「2013年02月17日」 のアーカイブ

2013.02.17(日)
カテゴリー:クワガタ, バス釣り

試行錯誤の日々。

昨日は羽化してかなり経ったクワガタを

ビンから掘り出して計測。

 


蛹室内に留まるニグリトゥスフタマタクワガタ。

慎重に掘り出して行きます。

現クワガタギネスの飼育記によると

幼虫最終体重が26gで85.7mmになったらしいので

まあまあ期待して掘り出しました。

この新成虫の幼虫時最大体重が26.6gあったからです。

でも、掘り出した時、「これはアカン!」と

瞬時に思いました。

 


計測後、湿らせたミズゴケを敷いたケースへ。

残念ながらギネスには程遠い80.5mmでした。

 


斜めから撮影した画像。

大アゴがかなり湾曲している上、

ノギスを当てた時に暴れまくるので

計測はかなり適当にしか出来ません。

でも、どう測ってもギネスには届かないことは

確かです。

ある程度、この結果は分かっていました。

と言うのは以前、もっと大きい27.4gの

幼虫様でさえ80.4mmにしかならなかったからです。

これは違うエサで飼育してました。

なんでそうなるのという感じです。

管理温度が悪いのか、

エサがイマイチなのか良く分からないので

次世代にいろいろ実験して

再チャレンジしてみます。

 

クワガタ飼育もバス釣りと同じで

試行錯誤して一つ一つ試して自分のものに

していかねばマスター出来ません。

マニュアルはありますが

それぞれの飼育環境が違うので

その通りやってもそのままの結果が出るとは

限りません。

これもバス釣りと同じですね。

また、クワガタは新しいエサを試して飛躍的に

サイズがアップされることもあります。

これも、新ジャンルのルアーが開発されると

爆発的な釣果を叩き出すことがあるのと同じです。

でも、それが普及すると、皆がやるので

後はさらに技術を磨くか、さらに新ジャンルを開発するか

違った使い方をあみ出すか

切磋琢磨していかないと差を出せません。

いささか強引ですが

何かの道を極めようと思ったら

試行錯誤、継続、そして情熱が必要です。

 

僕の場合は仕事がバス釣り。

趣味がクワガタですが

どちらも同じスタンスで頑張ってしまうので

趣味のはずなのに

とても息抜きとは言えない域に達してしまっているのが

アカンところです。

でも、結果が出た時には苦労して来た時間が

多ければ多いほど

喜びが大きいのはどちらも同じですね。

 


昨日のサトシン。53.5cm。

秘密のニュールアープロトで。

極寒の中でも結果を出し続けているルアーです。

この他、この日はキッカーイーターや

ド定番のリトルマックスで50アップ3本。

このプロトはゲストさんが釣ってから

ちょこっと投入ですぐに来たみたいで

やはり凄い事は間違いなさそうです。

EG開発チームと試行錯誤しながら

仕上げて、やっとほぼ完成です。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません