「2012年05月02日」 のアーカイブ

2012.05.02(水)
カテゴリー:バス釣り

七川ダム動画解説。(その2&その3)。

引き続き七川ダム動画の解説です。

 

テキストは動画(その2)の映像になります。

 


移動中。メインレイクはやはり川筋より濁っていた。

日置川のバックウォーターのかなり手前で濁りが少し取れ始めたストレッチで

ボートを止めた。

水色の変わり目は水温の変わり目になりやすくバスが多い傾向が強い。

インサイドのカバーが多いストレッチから釣りを始める。

春先は水が当たり、動きのあるアウトサイドより

緩やかで浅いインサイドが良いことが多い。暖かいからね。

カバーが点在していたのでDゾーンパワーブレードから始めるが

バイトは無い。

 

ここから映像が始まる。

ゴミ溜りのカバーを見つけて

キャスティングジグ&キッカーバグ4.5インチを

結んだヘラクレスヘラクレスにチェンジ。

少し高い弾道でゴミに落とし、少しもんで落とす。

ジグのもみ落としですわ。

 


着底して倒れ込んだキッカーバグにすぐバイトしたナイスバス。

ゴミ溜りはぶっちゃけその密度にもよるが

テキサスリグの方が貫通力が高い。

でも、落とせそうな密度なら僕はジグを選ぶことが多い。

ジグのもみ落としである。

ゴミの上をジグをロッドワークでトントントンともんでいる時に

バスが頭上に生命感を察知してくれるのかゴミを破って落ちた直後に

バイトすることも多い。

フォールでバイトが多発する時はジグを底まで落とさない時もある。

また、ジグはバルキーなので

喰って来るバスのサイズがデカイ傾向が強い。

なので僕はジグを選ぶことが多い。

 

でも、明らかに落とせない分厚いカバーが多く

非効率的になるなら1/2~1.5ozのテキサスを選ぶ。

ちなみにヘビーシンカーのパンチングでも

カバーを貫通直後にサミングすることで

スローにフォールさせることも出来る。

リアクション重視なら早く落として着底後のポーズや

ワンアクションでバイトを狙うのもイイ方法。

 

この少し濁ったストレッチではジグ&バグに

バイトが多発するが

小さい奴の活性が高く

滅多にキッカーバグを付けたジグでは

来ないサイズのバイトが連発。

ここで、これは数はいくらでも釣れそうだが

デカバスだけを狙うパターンではないと判断。

以後、濁りの入ったカバーでのジグ撃ちは

余程、一等地以外は控えようと決断する。

いわゆるストロングパターンではないと判断した。

 

そして徐々にクリアアップしていく上流へ。

 

初夏頃にはバスが小魚を浅瀬に追い込んで

良くフィーディングするインサイドの砂地の浅瀬の手前、

岩盤へボトムマテリアルが変化し

ポツンとしょぼいカバーがある短いストレッチに

プロップマジックをキャストしてフットボールみたいな奴の

チェイスを確認。

フォローでソリッドセンサー61&マジックハードR4ポンドに

結んだC-4ジグ2.2g&C-4シュリンプをキャスト。

本来、見えなかったバスをプロップマジックでチェイスさせて

見えバスにしてフォローで釣るメソッドである。

 

余談だが、以前、バスワールドで旧吉野川取材に行った時

フォロー率9割を誇った必殺メソッドだ。

でもその時はチェイスしたバスがヘロヘロっとカバー近くの

ウィードや枝などにステイしたのが丸見えで狙いやすかった。

その時は近くのカバーへC-4をドリフトして

わざと引っかけて隠してチラ見せでことごとくバイトして来た。

でも、この日の七川は中途半端に濁ってバスがどこに行ったか

見えにくかった。見えても付く場所がなく動いていた。

 

かすかに見えた影の進行方向の向こうへバンクキャストして

ゆっくりズル引くと「コン!」と明確なバイト。

 


でも、見えた奴ではなく見えなかった小さいのが先に喰った。

よくあることです。でも残念でしたわ。

 

この場所は少し深みが近く、流れが寄れて

水面に浮いた葉っぱがゆっくり回っていた。

反転流やヨレは典型的にバスが付くスポット。

観察力が大切です。

 

ここからはその3の解説です。

画像はまだアップしてなかったですが

何だかコンフューズして勇み足で書いてしまいました。

読んでから見る逆パターンになりました。

以下を書いてから気付きました。

 

その後、さらにクリアアップして浅くなった

バックウォーター上流へ移動。

強カレントのアウトサイドや激流ではなく

流れが緩くなるインサイドの岩盤がデカバスの溜り場になっていた。

群れでステイしてフィーディングの待ち受けの典型的スポットです。

 

とは言え、バスからもこちらが丸見えなので

警戒心も半端ではない。

しばらく思案。

どの方向からどういうプレゼンテーションを

したら良いか最良の方法を考える。

やみくもに投げても釣れるものではない。

 

画像には映っていないがティンバーフラッシュを

デッドスティッキングさせた。

デカバスは見に来るがポジションが悪く

ルアーが沖へ流れるスピードが速くバスは追うのを諦めた。

 

なので、上流へボートポジションを変え

フローティングのジョインテッドクローを

岩盤上にある枝にラインを引っかけて

強制的に岸ギリギリに吊り下げてステイ。

一応、凄ワザです。

 

一か所でポチャポチャやっていると

またしてもデカバスがルアーに付く。

しかし、流れのある上流でボートをステイさせ続けるのが

難しく、我慢出来ずに枝からラインを外して

ルアーを水面に落とす。

一瞬、リアクションバイトしそうになったが

すぐにルアーが岸から離れて流れ出したので

またまた見切られる。

 

上手く、ルアーが流れに乗ってステイするような

岸ギリギリのヨレに到達してくれるのが理想だが

どの方向からもそれは無理だった。

おかっぱりの方が場を荒らさずに休ませて

狙いやすい魚でした。

 

仕方がないので

場を休めてから

ボウワーム12インチをキャスト。

始めはノーシンカーから。すぐ根掛かり。

外したら流れていく速度が早すぎると判断。

すぐナチュラルドリフトすべく

あらかじめデッキに用意していた1/16ozのネイルシンカーを入れる。

イイ感じで流れてチョンチョンと逃げるようなアクションを与えると

すぐに生命感がロッドに伝わって来た。

 


12インチボウワーム。フォローベイトですがデカイです。

でも、残念ながら見えていた一番デカイのでは無かったです。

ロングワームはスモラバなどが見切られる時に劇的に効くことがある。

カッ飛んで来て喰わせる威力は凄い。

ロッドはブルーマイスター7。ラインはマジックハードR14ポンド。

ちなみにラインの水切り音を嫌がる時などは

水面を引くと急に荒反応、荒バイトすることがあるので

夏場が近くなったら是非、試して見てください。

ドリフトでは流れの速度と同調して流れる重さのシンカー選びが重要。

ワームが止まるヨレや引っかかって外す時は特にバイトチャンスです。

 

以上、七川ダム画像(その2)(その3)途中までの解説でした。

 

その3の後の映像とその後の解説は

また徐々にアップして行きます。

超大作すぎて時間が無くなってきました。

 

一気に書くのは大変なので分割します。

 

ゴールデンウィークで暇な時間は

是非、菊元的思考による動画解説でも見て

勉強(暇つぶし)して下さい。

きっと役に立ちます!

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2012.05.02(水)
カテゴリー:バス釣り

七川ダム動画映像その1。解説。

先程アップした動画は見てもらえましたか?

 

それでは菊元的視点で釣りの展開や思考を解説していきます。

 

ゴールデンウィーク特別企画ですわ!

 


ちなみにロケは4月12日。


The Hit ロケを同じく七川で行った1週間後ですが


春の季節進行の早さ、目まぐるしさには驚きます。


また、前回ロケより水位は3m位低かったです。


でも、ロケ当日は前日より1m増水。


七川ダムは目まぐるしく水位が変動するダムです。


この日は夜までに放水が終わったみたいで


メインレイクはノーカレントでした。

 

取材のテーマは釣り方やルアーの縛りはなく

自由にデカバスを狙うというもの。

でも、菊元的には動画を撮るし


「映像的にエキサイティングな釣りをしたい!」と


強く思っていました。


これはいつものTVやDVDでのスタンスと同じです。



メインの狙いは季節柄、バックウォーター及びその手前に


産卵前の捕食に上がってきているプリスポーナーです。


メインレイクに流れが無いのでなおさらカレントのある


バックウォーター付近は狙い目と感じました。


 


その1の映像ではプロップマジックから入っていますが


実はコンバットクランク180をインターセクション付近から


流し始めました。


セオリー的にバスのストックが多いインターセクション


スピーディーに探りたかったからです。

岬周辺はもっと深いコンバットクランク400でも探りました。


でもこれは不発。


 


前日の大雨でメインレイクはかなり濁っていると予想していましたが


濁りはさほどでもなくクランクが強い水色ではない。


流しているうちに浅いテーブルにデカバスを発見。


ここでプロップマジックにチェンジしてVTRでの


釣りが始まります。


「これはもっと浅いレンジで喰うな。水も思ったより綺麗だし。」と


プロップマジックを選択しました。


 


添野川筋に入りプロップマジックを引き始めると


すぐに小さいのがバイト。


水温が思ったより高く、松ちゃんが持って来てくれた魚探で


確か朝イチで14度後半くらいあったと思います。


 



1本目ですが40cmくらいと小さいです。


他のデカいのミスしすぎ!


ロッドはエアレギウス。リールはZPIフィネススプールのメタMg。


ラインはマジックハードR10ポンドです。


 


朝は添野川のバスははっきり言ってアホでした。


というかローライトのうちは活性がかなり高かった。


 


「これは喰わんだろう。」という至近距離で見えたバスも


何の疑いもなくプロップマジックを


おもむろにチェイスして手前で喰って来ました。


 


でもそれ以上にアホだったのは僕でした。


バイトがボート際で丸見えなのと


カメラの松ちゃんがチェイスすると


「うわうわうわっ!」


バイトすると「ウワッ!!」と叫ぶもんだから


びっくりして反射的に合わせてしまい


ゴンザレス含むデカバスをことごとくミス。


まだまだ修行が足りません。


 


プロップマジックは何度も言いますが


アタリがあっても即アワセしてはいけません。


そのまま巻き続けバスが反転して重みが乗ったら


グーッとロッドをあおるのが確実に掛ける方法です。


 


また、プロップマジックは反射ではなく


食性に訴えて喰わせるルアーなので


ベイトフィッシュがいる方が(出来れば見える方が)好ましい条件。


 


余裕をかましていた朝でしたがこんなミスもあり


いきなりのゴンザレスを獲ることは出来ませんでした。


 


しいて言うならボートをステイさせるか


もっとゆっくり進んでプロップマジックを遠投して


見えないところでバイトさせたほうが確実でした。


雑誌ならデカイ魚の写真があればイイのでそうしますが


映像なのでチェイスやバイトシーンを


見てもらいたいので


バスフィッシングのエンターティメントを目指している


僕にとってそれは難しいところですわ。

 


プロップマジックはステルスシャッドを選択。

なんとなくベイトフィッシュライクな色がいいかなと。

思い切り喰っていたので色は合っていたと思われる。

ルアーが良く見えるようにEGマーカーを貼った。

結局釣れたのは40cmくらいの1本だけで

後のデカバスバイトもほとんど映ってなかったのが残念。

これは松ちゃんのせいではない。

肉眼では見えるけどカメラで捉えるのは物理的に難しい。

人間の目はなにより優れたカメラです。

 


あと、ゴミ溜りをプロトのビッグバイトフロッグで


撃っているが


早春でも温められやすい


ゴミ直下にバスが浮き、デカイのがカエルに出ることがあるからです。


また、出たら映像的に面白いから。


でも、ジグの方が手堅かったですね。


 


これで映像その1の解説はおしまい。


なんだか長編になってきたので


その2はまた書いてみます。


 


 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2012.05.02(水)
カテゴリー:バス釣り, 動画

菊元俊文in七川ダム動画。その1&その2。

七川ダムでのルアーニュースの取材の動画を

アップします。

 

結構大作ですが、是非見て下さい。

 

なんかユーチューブが込み合っていて

まだ5編ある内の2編しか上がっていないみたいです。

とりあえず上げときます。

 

菊元俊文のデカバス狩りに完全密着

長編動画その1 (1/5)




菊元俊文のデカバス狩りに完全密着

長編動画その2 (2/5)




ゆるーいBGMがたまりません。

なんとも言いようがない音楽センスです。

頼むで松ちゃん!

 

解説はまた後程書いてみます。

 

残りの3つの動画はまた明日からアップして

解説してみます。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2012.05.02(水)

今日は昼から動画公開。

ゴールデンウィーク中ですが今日は雨です。

 

昨夜、阪神のナイターを見てましたが

僕の心もドシャ降り気分になりました。

31イニング無得点。チャンスは作るも金縛り。

全く点が入りません。

「じんじんじんじん血がじんじん。どこまで続くぬかるみぞ。」

のフレーズが頭の中で繰り返されました。

「夢が破けりゃギンギラギン」です。(意味不明)

3連敗。またしても投手見殺しですわ。

 

阪神もあかんけどプロ野球は飛ばないボール、

統一球を一刻も早く廃止しなければ

面白くないです。

飛ばない。力む。バッティングが狂う。

さらに打てない。点が入らないの悪循環です。

ホームランは野球の華ですが華が無くなりました。

デカバスが釣れないバス釣りと同じです。

今年は完封試合が全体の3割以上。

地味な試合が続きます。

天才ホームランバッターがいないと

面白くないです。

統一球反対!です。

とボヤキはここまで。

 

寝る前にクワガタ部屋に行って

羽化している容器や羽化しそうな容器をチェックしてたら

何頭か羽化してそろそろ掘り出しの時期の個体がいました。

その中でまだ蛹だと思ってたケースのフタを開けると

上に成虫が出て来てました。

これは小さな喜びです。

 


ストリアータツヤクワガタのメスです。

スイカのような模様の美しいクワガタ。

地力で蛹室(繭玉)から脱出していました。

これを羽脱(うだつ)と言います。

大概は羽脱する前に掘り出してしまいますが

ホントは地力で羽脱してから出した方が安全です。

でも、飼いすぎて管理不十分になり忘れていると

羽化しても全く気付かず、餓死してしまうので

羽化してるか分からない個体はたまにフタを開けて

確認してやらんといけません。

この個体は羽化まで1年7か月以上かかりました。

小型のツヤクワガタですが時間がかかりすぎです。

まだオスが羽化してるかどうかは分かりません。

蛹室の中が全く見えないからです。

早くオスが羽化してギネスを超えてほしいです。

 

毎度マニアックですいません。

趣味の話ばかりになってきました。

 

ここからは本業のバスの話です。

 

今日の午後、ルアーニュースTVで

先日の七川ダムの本編動画がアップされます。

 


これはサイトで見つけて一発で釣ったバス。

プレゼンテーションのやり方なども解説してます。

先日アップしたのはヒットシーン集でしたが

今日アップするのは全部で1時間を超える本編です。

会心の釣りが出来ました。

 

午後からユーチューブの画像をこのブログで貼りますので

是非、見て下さい。

 

 

昨日の大西健太ガイド。

ゴンザレス3本。

ロクマルも出ました。

 


Dゾーン3/4oz。62cmです。

まあまあ荒れていたようですが、巻いて釣っています。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません