「2012年05月03日」 のアーカイブ

2012.05.03(木)
カテゴリー:バス釣り, 動画

七川ダム動画解説(その3)。

おはようございます。
七川ダムの動画解説(その3)途中からです。
菊元俊文のデカバス狩りに完全密着 長編動画その3
ボウワーム12インチとキャスティングジグ&キッカーバグ編ですな。
サイト&ブラインドの釣りでした。
ボウワーム12インチでまあまあのを仕留めてから
昼メシとタックル撮影などをはさんで
日置川筋から平井川へ移動。
まずは水色がクリアアップし出したバックウォーター手前から
見(ケン)していきます。
ケンとは文字通り見ること。キャストは一切せずサイトしていきました。
平井川はこの日の水位では結構ツルンとしていて
プアーでした。
だからこそポツンと独立してあるカバーにはいいバスが付きやすい。
このカバーの左奥にバスが浮いていた。
ずっとサイトして来て初めてのカバーだった。
その1投目。
バスを見つけたらいきなりエレキを止めずに
そのままの速度で行き過ごすことがサイトの基本。
「アッ!」とその場でエレキをバックウォークさせるのは最悪。
この時もかなりの距離を行き過ごし
大きくUターンして間合いを測った。
選んだのは右腕ヘラクレスヘラクレスに結んだ
シリコンラバーモデルのキャスティングジグ1/2ozと
キッカーバグ4.5インチ。
僕にとって最もコントローラブルなセット。
正確にキャスト出来る事を優先した。
ジグはワザとバスから離して
枝越しに入れた。
画像でも言っているが枝と枝の間で
見え隠れしながら落とすのは
ルアーの実体がバスからはっきり見えないので
思わず、口を使ってしまう。
カバーを利用してやることは結構キモ。
この時は、完璧なプレゼンテーションが出来た。
カバーに隠れているバスはサイトで釣りやすい。
しかしプレゼンテーションを間違えると逃げてしまう。
画像ではカットされているが
この後、対岸にも同様のカバーを見つけたが
僕がバスを見つけるより先にバスに気付かれてしまったので
釣ることは出来なかった。
サイトで最も簡単に釣る基本。バスに気付かれる前に見つける。
気付かれたら、時間を置いて入り直す。
この後、バックウォーターに上がるが
浅く丸見えで見えるバスは難敵揃いで諦める。
水位が適当でないので
隠れるところ(バスも人間も)が少なかったので
見切る。
ここからは画像で平井川下流と出ている場面へ。
一旦、ジグ&バグのブラインドカバー撃ちは
型が選べないので捨てていたが
サイトなら釣るバスを選べるのでジグ撃ちを再開。
ボトムマテリアルと傾斜が変化する場所
いいカバーを見つけそこにデカイのを見つけた。
一級スポットです。
しかし、透明度が下がっていたので
見つけた距離が近すぎてバスをスプークさせてしまう。
枝にわざとラインを引っかけジグを宙吊りにして
ラインの存在を消したアプローチを行うも
微妙に落とす位置をミスして失敗。
カバーを諦めて岩にタイトにジグをキャストしたら
ラッキーフィッシュが来た。
一応太い40アップだが狙っていた魚ではない。
でも、この日は明らかにザリガニカラーのジグと毒々しい赤腹のブラックレッドの
キッカーバグのカラーを好んでいた。バイトは強く強烈だった。
私見だがスポーンが近づいてくると刺激色である赤系のジグやワームが
効くような気がする。
この後のロケでもブラックレッドのキッカーバグは引き続き威力を発揮し続けた。
この後は勝負を賭けて朝にプロップマジックで
デカバスを連続ミスした添野川へ戻ることとなる。
続く。
なんだか休みに入って
早朝より自宅でブログアップしてますが
パソコンの設定がおかしくなり
文章の行間を空けることが出来なくなりました。
文字が多いのに見づらくてすいません。

コメント・トラックバックは受け付けておりません