「2012年05月04日」 のアーカイブ

2012.05.04(金)
カテゴリー:バス釣り, 動画

七川ダム動画解説(その4&その5)です。

今日は訳あって会社に来ています。

なんか朝からバタバタですわ。

そんな事とは関係なく

七川ダム動画解説その4とその5を一気に解説してみます。

 


まずは動画からどうぞ。


菊元俊文のデカバス狩りの完全密着。長編動画その4。


 



 


朝イチに活性が高かった添野川に入り直すも


バスはスプーキーになり見える距離では


全て見切って逃げてしまう。


プロップマジックもC-4も直前で見切ってしまう。


距離(間合い)が必要と感じた。


画像には無いが、


中にはボートの気配を感じてかなり上流から


逃げて降りてくるバスも多数いた。


明らかに朝より難敵化していました。


 


でも、屋敷跡の超浅いフラットに


ベイトフィッシュの群れが乗っていたのが確認出来た。


「ボイルしないかなー。」と期待していると


ボイルが始まった。


「突きん棒漁法」カッコよく言うとボイルシューティングを


試す時が来たみたいだ。


 


始めはシャワーブローズを普通にキャストしていたが


それでは出ない。


やはり、ボイルするまで待って


バスがベイトを追って理性がブッ飛んで狂っている時しか


釣るのは難しいと判断。


しかし、いつボイルするか分からんのを


ただ待っているのがこの突きん棒の一番難しいところ。


なかなか、ボイルとの距離感、タイミングが


合わず、もう出て行こうと思った時に


超シャローのフラットの岸ギリギリの


届くところでボイルがありブリブリの奴が出た。


 



シャワーブローズ。ブラックボーン。僕のコンフィデンスカラーです。


ボイルシューティングでは即座にキャストして届くことが絶対条件なので


恐ろしい飛距離を誇るシャワーブローズが絶対的に有利。


いつもはブルーマイスターに16ポンドマジックハードRを使うが


この時は何故かEGアクションに12ポンドで使った。


でもロッドが短い分、ラインが細いので飛距離は充分。


アクションもEGアクションだけにさせやすかった。


 


引き続き画像を御覧下さい。


 


菊元俊文のデカバス狩りに完全密着長編動画その5。


クライマックスシーンです。


 



 


最初に釣った場所とは違うが


最もボイルするフラットの入り口2か所を同時に狙える場所に


ボートを止めて待ち受けする。


待ちきれなくなってフラットへボートを近づけた時、


木の下、岸ギリギリでボイル。


あわてて低い弾道で木下へシャワーブローズをねじ込んだら


力が入りすぎてバックラッシュ。


これが幸いし、ほどいている間がポーズとなり


アクションを付け始めるとすぐに


一番デカイゴンザレスが出てくれた。


我ながらデカバスを呼ぶツキがあった。


 



この日最大のゴンザレス。ウルトラシャローのフィーディングフィッシュ。


 


その後、同所で待ち受け。


御覧の通り凄い出方でラストフィッシュがストライク。


 



恐ろしい出方で出た!トップは使い方次第では最も簡単。


 


最後のボイルシューティングはバスがどのポジションで


ボイルするかを完全掌握出来たことが勝因。


フラットの入り口の超シャローのポジション4か所が


完全にフィーディングスポットになっていた。


やみくもに投げずにそこでボイルするのを待つ。


待つと言ってもバス釣りで投げずに


待っていることは結構難しい。


でも、このボイルシューティングは


おかっぱりでトップやビッグベイトで釣るには


最も簡単な方法だということを覚えておいてほしい。


おかっぱりの方がバスを驚かせずに待てるからね。


ある意味、突きん棒は


スプーキーな見えバスをスモラバで


釣るよりもボイルで理性を失ったデカバスを


遥かに簡単に釣る方法です。


 


突きん棒漁法(ボイルシューティング)は


これからのアフタースポーンから夏季、秋まで


バックウォーターなどで有効なテクニックです。


覚えておいて試して下さいね。


 


以上で七川ダムルアーニュースロケ画像の解説は終わりです。


まあまあ超大作になったのですが


貴方のバスフィッシングに役立つヒントが沢山あるはずなので


繰り返し見て何かを掴んで下さい。


 


 

コメント・トラックバックは受け付けておりません