「2016年05月24日」 のアーカイブ

2016.05.24(火)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

コンバットスティックフェイズ。

早ければ明日からマーケットデビューです。

 

.jpgフェイズ
コンバットスティックフェイズ。

ウォリアー66Mとフォーチュンブルー68Lからのデリバリーになります。

 

main
コンバットスティック新局面(フェイズ)。

バスロッドの進化と深化を体感して下さい。

投げる。操作する。感じる。掛ける。獲る。

バスロッドに求められる要素全てを極限まで高めたブラックシャフト。

全ての動作に素直に追従する細身厚巻ローテーパー設計。

投げる快感、撃ちこむ快感が得られます。

アンサンドフィニッシュと独自のガイドセッティングは、

軽量化と共に感度の劇的向上を実現しました。

むちむちしているのにシャキッとした、不思議なロッドに仕上がりました。

ロッドネーミングは、

初代コンバットやタクティクスから継承していますが、

全くの別物のロッドに仕上がりました。

使用してもらったプロスタッフ、モニターが

異口同音に「メチャクチャ投げやすい。」と言います。

 

昨日はウォリアー紹介したので、今日はフォーチュンブルーのインプレなどを。

 

.jpgフェイズフォーチュンブルー
フォーチュンブルーPCSS-68Lは関和学プロデュース。

価格は本体価格¥44,000です。

6フィート8インチ。ライトアクション。

適合ルアー1/16~5/16oz。適合ライン3~10ポンド。

タクティクスフォーチュンブルーの時代から

ベイトフィネスタックルの進化を受けて

さらにライトリグに照準を向けた新しい設計です。

軽いリグをより遠くまで運びます。

ルアーのウエイトを乗せて運ぶフィーリングは最高。

それでいて金属的感度とトルクを両立した魔法のブランクスです。

また、おかっぱりでは最も避けたい根掛かりを最小限にするため、

スナッグレスティップ設計を採用。

入りすぎず操作感を向上させたティップとテーパーです。

ライトリグのみならず小型シャッドなどにも好適です。

キャロライナリグにも威力を発揮します。

 

.jpg関和フォーチュンン
びっくりするほど飛びますよ。(Byサル番長)

おかっぱりでは絶対的アドバンテージです。

B-TRUEもよろしくです。

 

.jpg飯田フォーチュン
飯田君もフォーチュンブルーにいきなり入魂。

ラストエースドロップショット。

 

P1210645
コンバットスティックフェイズ。デビューまで秒読みです。

 

こちらは昨日の石井館長。

 

.jpgラストエースロクマル
ラストエースでロクマルゲット!デメキンバスです。

ラストエースのカラーはリザーバーシャッド。ヘビダンです。

琵琶湖はでっかいのおりますな。

 

デッカーバグでもロクマル寸止め。

 

.jpg石井館長デッカーバグ
キッカーバグ5.5インチ(通称デッカーバグ)。

ド太いバスですな。

ロッドはヘラクレススーパーエクスプロージョン。

この前にキッカーバグ4.5インチヘビダンでもロクマル寸止め釣っていました。

異常に釣る男。石井館長でした。

 

デッカーバグというと先日地獄親父も釣っていました。

 

.jpg島田デッカーバグ
リアクションフットボールジグ&デッカーバグ。

池原ダムです。

僕が大雨で危険と判断して行くのを躊躇した池原ダムで釣っていました。

呪いマンジュウサタン島田でした。

 

こちらは22日のJ2早明浦戦結果。

 

小林
小林知寛準優勝。

 

こちらはDAIMETAL。

 

小山松井ウエイン
小山雅史とペア組んで4位入賞。

プラの時はヘッドシェイカーテキサスリグカバー撃ちで入れ喰いだったそうですが、

当日は減水でバスのポジション変わったようです。

前日、釣り過ぎという説も濃厚です。

でも、ヘッドシェイカーテキサスで釣っていました。

落とすだけで、バビューンとラインが走るらしいですわ。

 

写真 2016-05-22 18 10 19
DAIMETAL世界征服計画、着々と進行中です。

おどけているようですが、

目の奥に野望の光が見えます。

次はJ2霞戦だー!

 

明日はThe Hitオンエアです。

フェイズ発売と合わせて楽しみにしていて下さい。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません