「2016年05月02日」 のアーカイブ

2016.05.02(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

出勤ですが。

今日は会社に来ています。

 

実は今朝、知ったのですが、

B.A.S.S.エリートで、大森貴洋選手が優勝してました。

おめでとう!

日本人の優勝はやはり嬉しいものです。

 

しかーし!

 

僕は腹痛DEATH。

 

昨日からお腹がアカン感じ。

微熱があり、吐き気もするので、

すわ、「人生初のノロウィルスか?」と、

お医者さんへ行ったら胃腸炎と診断されました。

先程、薬を飲みました。

お腹の弱いオジサンでしたわ。

多分、大丈夫です。

 

こちらは先日発売されたコンバットクランクTC60のニューカラー。

TC60は巻くだけで「チキチキッ!」とアピールサウンドを出し、

フラットサイドが大きく水をかき混ぜるアピールベイトです。

勿論、ロッドワークで首降りもいい感じのウェイクベイトです。

 

P1210550
上、#50ベイビーギル。下、#235サイトフラッシュ。

どちらも視認性抜群のカラーです。

菊元的にはウェイクマジックで溺愛している超実績色を

同じトップに追加してみました。

 

トップはお腹のカラーが重要。

 

P1210551
腹が白いベイビーギル。腹黒いサイトフラッシュ。

クリアーで光量が多い時は水中から見上げた時、

お腹が白いのは水に溶け込むナチュラルカラーになります。

ベイトフィッシュのお腹が白いのは保護色の役目をしているわけです。

一方、お腹が黒いのは、

アメリカでは昔から黒いルアーはナイトフィッシングでよく使われます。

暗い水面が月明かりで照らされた時に

見上げた時に黒は目立つ色になります。

ゆえに濁ったり、雨でローライトの時に目立つカラーとなります。

しかし、クリアーでもよりアピールさせたい時は腹黒を選んだりします。

フロッグのカラーチョイスも基本的には同じです。

ちょこっとトップウォーターカラー講座でした。

 

こちらはエビちゃん。

牛久沼でおかっぱり。

 

51.5c,2150g牛久
牛久のブタバス51.5cm,2150g!

おかっぱりでも牛久でも霞の豪腕は釣りますな。

ダブルモーション4.2インチ(プロト)7gゼロダン。

ロッドはシナジースーパートライアンフ。

リールはメタニウム7 ZPI NRCチューン。

ラインはマジックハードR16ポンド。

 

昨日の琵琶湖大西健太。

 

.jpgコンバット320でゴンザレス
コンバットクランク320でゴンザレス他。

ボウワーム6インチネコも手堅さ持続。

産卵がらみの時期は放置がキーになること多いので覚えておいて下さい。

止める場所のヒントは固く感じる場所、もしくは軽く根掛かった場所です。

 

昨日、池原でマルキンの大会ありました。

優勝は58cm。コンバットクランク400プリスポーンダイナマイト。

参加していた伊地知さんの話では、

ラストエースノーシンカー取り合って喰うらしいです。

サイズは選べないらしいけどね。

 

釣り行っている方は、今日は暑いくらいのいい天気です。

デカイの釣ったら教えて下さい。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません