「2013年09月12日」 のアーカイブ

2013.09.12(木)
カテゴリー:バス釣り

US OPEN結果速報。

先程、US OPENの試合結果が出ました。

ブレットハイト3位。

清水盛三9位でした。

 

ブレットは前日までトップだったのですが

首位を守り切れず残念。

盛三は逆に12位から9位にまで順位を上げました。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.09.12(木)
カテゴリー:バス釣り

昨日の世界戦。

本日2度目のアップです。

昨日の世界戦の写真がほとんど撮れず

ロクな写真がなかったので石井館長から何枚か写真を拝借しました。

 

昨日は宮崎亮の応援団でした。

入場の時に旗持ちをやってくれと言われていたのを

断っていましたが

なんだか強引に勧誘され勢いでやってしまいました。

 


田中みなみアナと内藤大助さん。

田中アナは綺麗な人でした。

それだけです。

 


入場花道の両サイドに分かれて旗を持つ。

宮崎亮が角田信明さんが歌うテーマソングに乗って

入場すると旗を上下させて声で気合を入れます。

 


真ん中のいかついスキンヘッドの後ろが僕ですわ。

入場が終わり花束贈呈、国家斉唱の後、いよいよゴング。

この後は席に戻って観戦、応援と思っていましたが

そのまま花道に残って座って応援というスタイルになりました。

リングサイドです。あまりにも近くド迫力。

亮の相手があまりにも強すぎでおまけにバッティングで

亮の両まぶたが切れて出血。

途中からほとんど目が開いてません。

かなりの大接戦で大ピンチ。

これほどエキサイトすることがあるのかと思うほど

大声で応援しました。

結果は判定に。正直、勝利を祈りました。

 


判定勝利でした。

この時、亮はほとんど目が見えてなかったと思います。

でも、必死の応援のかいがあったからかは分かりませんが

勝利出来て本当に嬉しかったです。

判定勝利が発表された瞬間は飛び跳ねて大声を出して歓喜しました。

思わず初対面の周りの応援団と握手の連発。

 

その後は井岡一翔の試合。

この試合は自分の席に戻って観戦、応援しました。

 


絶対王者井岡一翔KOで完全勝利。

決定打は早すぎて見えませんでした。

相手が倒れた瞬間は立ち上がって歓喜しました。

 


ソンミちゃんと。

僕は「ええわ。」と言ったのですが

ブロガー魂全開の石井館長が写真撮影お願いしてました。

初めて会ったのですがさすがモデルさんと言った風情でした。

彼氏の試合前なのにメチャ落ち着いていました。

 


宮崎亮のお母さんにご挨拶。

とんでもない不良だった息子が今や世界チャンピオンです。

亮、凄い親孝行してるな。

お母さんは僕とほとんど年が変わりません。

我が子のあの試合を目の前で見るのは

僕ならまともに見れないと思いますが

お母さんは落ち着いておられました。

肝っ玉かあさんです。

 


井岡一翔の弟君と。

彼もバスフィッシングが大好きだそうです。

わざわざ挨拶に来てくれました。

 


試合後の宮崎亮。

両目がとんでもなく腫れてほとんど見えてません。

なのにわざわざアリーナの僕の席まで挨拶に来てくれました。

本当に律儀な男です。

この後、ファンにつかまってとんでもないことになってました。

ごめんな。わざわざ出て来てくれなくて良かったのに。

でも、勝利をありがとう。そしておめでとう。

 


試合後の打ち上げで井岡一翔と。

わざわざ外に出て来てくれました。ナイスガイです。

打ち上げ会場には走って来てました。

余裕です。

 


石井館長は当然います。

この直後、終電ギリギリだとダッシュで帰って行きました。

残念ながら両目を負傷した宮崎亮は

打ち上げには来れなかったですが

また、落ち着いたら二人とも一緒に食事しよう。

それよりバス釣りの方がいいかな。

 

二人とも勝って本当に良かった。

それが正直な気持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.09.12(木)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

ツィスティンビーバー。

いよいよツィスティンビーバーがデリバリーされます。

早ければ明日、明後日くらいにはショップさんに入荷予定です。

 


いつぞや1ozテキサスで釣ったバスです。

ツィスティンビーバーは元々、グラスマットへのパンチングを意識して

開発されて来ましたが

大西の釣果報告にもあるように

バウヘッドと言う可動式のフットボールヘッド(大西デザイン。もうじき発売予定?)

やリアクションフットボールジグトレーラー、普通のテキサスでも

デカバスの実績を次々と挙げて来たワームです。

普通のパドルとは一線を画するねじれるような

激しいテールの動きは他のワームでは出せない

極めて強いアクションです。

沖田総長はゼロダンの変形のオリジナルリグの

チェリーと呼ぶリグでかなり釣果を上げていたりして

利根川や霞水系でも期待大のワームです。

 

それではカラーを紹介します。

全10色です。

 


#01グリーンパンプキンBK。

ド定番色。とりあえず持っていたいカラーです。

 



#05ジュンバグブラウンクロー。

僕がボウワーム12インチで大好きなカラー。

表はジュンバグ。裏はレッドフレークで赤が強調される強いカラー。

 



#07シナモンBL。

甲殻類やハゼ類のイミテート。

霞水系もいいけれど琵琶湖では特に強いかも。

 



#08ブラック/レッドクロー。

ザリガニですな。

個人的には微妙に入れた青いラメが

赤をより強調させて効いていると思ってます。

 



#11スカッパノン。

皆んな大好き。スカッパノンです。

 



#24マッディークロー。

どのEGプロデザインワームでも実績が高い釣れる色。

 



#32ウォーターメロンブルーギル。

ギルカラー大好き大西健太の作ったカラーです。

クリアー~ステインのグラスエリアで使いたいカラー。

 



#36クリスマスクロー。

チョコレートブラウンにレッド&グリーンフレーク。

マッディーウォーターで極めて強いカラーです。

 



#42キャンディーブラウン。

極めてエビっぽいカラー。

ツィスティンビーバーで初めて採用されたカラーです。

それだけ大西は自信を持っているということです。

 



#43サファイアクロー。

菊元的イチオシカラー。

一目見たときから気に入りました。

ツィスティンビーバーで初採用されたカラーですが

これからキッカーバグやボウワームでも採用しようと

思っています。

 



1ozのリアクションテキサス。

グラスを突き破るパンチング以外でも

クリアーウォーターのリザーバーなどで

激しく早いフォールで着底直後にリアクションバイトして来ます。

フックはデコイワーム5の#4を使っています。

 

EGのホームページでは開発者の大西健太自身による

ツィスティンビーバーの詳しい解説がアップされています。

まだ見られてない方は、良かったらそちらも見て下さい。

かなり参考になると思います。

 

こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません