1 2 3 4 5 6 8

「2013年08月」 のアーカイブ

2013.08.31(土)
カテゴリー:バス釣り

JBトップ50桧原湖戦2日目結果速報。

波乱の2日目でした。

前日の雨混じりの天候から晴れて状況が一変したようです。

大波乱の2日目でした。

 

2日目単日の成績は

 

1位    馬淵利治    4330g

2位  山木一人 3865g

3位  藤木淳  3622g

4位  福島健! 3604g

5位  青木大介 3560g

 

馬淵利治は2日間通じて初の4kgオーバーのスーパーウエイト。

しかし、全体にはスコアは大きく下がりました。

 

EG勢では関和学が残念ながら大失速してしまいました。

3本、1792g

ラインブレイクなどのミスが響いたようです。

小林知寛は3294gで2日目単日11位。

今江克隆は3174gで2日目単日17位。

 

2日間トータルの予選結果は

 

1位  山木一人 232ポイント

2位  奥泉悠介 223ポイント

3位  馬淵利治 221ポイント

4位  北大祐   220ポイント

5位  福島健   216ポイント

 


ちょっと見にくいですが30位までの予選通過組です。

 

EG勢は

福島健が優勝圏内の5位に留まりました。

頑張れ福島!

11位  小林知寛 199ポイント

12位  藤木淳   195ポイント

20位  今江克隆  176ポイント

32位  関和学   残念ながら初日2位からの予選落ち。

天国から地獄です。へこむなよ!サル番長!!

トーナメントには魔物が潜んでいます。

 

明日は最終日。

選手の皆さん、全力で悔いのない戦いを期待しています。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.08.31(土)
カテゴリー:バス釣り

ほとんど交換。

昨日はグループ企業の中央漁具の棚卸し初日。

多数のメーカーさんがお手伝いに来られていました。

その中でZPIの竹内君が棚卸作業終了後、

僕のリールハンドルのノブを持って来てくれました。

この前のブログで催促したみたいで申し訳ないです。

 


ほとんどのノブを交換してくれた。

ライトフィネスノブプレミアムはこの前のロケでも

やはり使い心地最高でした。

指にフィットし、滑らないのがホントにいいです。

僕が交換するとまあまあ手際が悪く、

ネジやパーツが飛んで行ったりするのですが

本職は流石に手慣れたものでした。

この間、僕はJBトップ50の初日成績をブログアップするのに

四苦八苦していました。

現地の電波環境が悪いのか、NBCのHPにアクセス集中し過ぎたのか

分かりませんが途中から全く見れなくなりました。

そこを現地特派員の星野がスマホですかさず写真や

成績を送って素早い対応してくれたので

助かりました。

助けてもらってばかりです。

 


ほとんどのハンドルノブがリフレッシュ。

ええ感じです。

竹内君ありがとう。

来週のロケの大きな武器になります。

 

その後はお礼も兼ねて晩飯を奢りました。

勿論、素晴らしく美味しい店でした。

 

 

今日はトップ50桧原湖戦2日目。


初日このビッグフィッシュ入れて2位スタートの関和学。

今日もこの調子で行ってほしいものです。

 

成績分かり次第、すぐアップ出来るよう頑張ってみます。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.08.30(金)
カテゴリー:バス釣り

トップ50桧原湖戦初日結果速報。

トップ50桧原湖戦初日結果が出ました。

 


スタート前の桧原湖湖面は雨。

台風の影響下時折強く風も出たみたいです。

直前プラではプリプラ時よりかなり水位が低下し、水も悪くなって

良くないということを口にする選手が多かったですが

それは常のこと。

この台風の低気圧パワーと悪天候で状況は前日とは激変していたはずです。

 

それでは初日結果速報です。

 

1位 五十嵐誠   3980g

2位 関和学!!3945g

3位 坂本浩隆  3870g

4位 山村道祐  3790g

5位 大塚茂   3760g

6位 北大祐   3750g

7位 山木一人 3730g

 


スタート前の関和学。

 


1678gのスーパービッグフィッシュ。サル番長凄いです。

初日ビゲストとなるビッグスモールでスタートダッシュを切りました。

昨年度の桧原湖戦は準優勝。

今年は優勝してほしいです。

昨日、「電話した時は釣れなくなってます。」と言ってましたが

なんのなんの、絶好の位置に着けました。

 

4kg台が何名か出ると予想していましたが

4kg超えの選手はゼロ。

3kg台が多数の僅差の大混戦の初日になりました。

 

EG勢では

関和学2位に続き

 


福島健が17位。3324g。悪くないスタートです。

桧原湖では優勝経験があります。

まだまだまくれるはずです。

 


小林知寛が21位スタート。3280g。

コバもまずまずの位置に着けました。

 


今江克隆が29位スタート。3038gです。

2800g台から3300g台ぐらいは大混戦です。

でもこの辺りは僅差の紙一重なので明日のウエイト次第では

ジャンプアップも十分可能です。

 

天候は悪いみたいですが

選手の皆さん全力で頑張って下さい。

大阪から念を送ります。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.08.30(金)
カテゴリー:バス釣り

今日からトップ50桧原湖戦。

今日からJBトップ50桧原湖戦がキックオフ。

 

天気図見ていると台風がモロに通過しそうで

3日間ちゃんと開催出来るかがちょっと心配です。

でも、直前プラは釣れないという評判でしたが

台風の影響で魚が喰うようになるかもしれません。

 

試合初日の結果はまた今日中に報告したいと思います。

 

今日は高梁川でまたデカバス釣ったシャロークランクの

削り出しプロトの2号機、3号機が僕がロケに行っている間に

出来ていたので会社のテストプールでスイムチェック。

一昨日のロケ終了後、開発が電話で興奮して

「無茶苦茶いいのが出来ました!」

とフンガーフンガー言っていたので

出社後、すぐにチェック。

 


プロトは劇的に進化してました。

初号機のプロトも泳ぎを見た瞬間、「これはキテる!」と確信しましたが

最新プロトはそれどころではない凄い泳ぎを見せていました。

詳細はまだ言えませんが、一刻も早く実戦テストに投入したいです。

多分、凄いことになりそうです。

モノ創りの仕事は楽しいですな。

 


高梁川ロケの模様です。激流でした。

どんどんクリアアップしてクランクには

まるで向いてない水色になりました。

最近の高梁川は雨の日か濁った時しか

釣れた話はほとんど効きません。

バスはいるけどクリアになると天才化するようです。

 


ニューヘラクレスキャップ。

先日のロケで初おろししました。

ノーフィッシュだったら縁起が悪いところでしたが

縁起のイイキャップになりました。

そういうところは結構気にするタイプです。

非売品です。すいません。

 

昨日の琵琶湖。サトシンです。

 


スパインカーリーで52cm。

 


ワンズバグで55cmだがや。

琵琶湖はちょっと好調になってきたがや。

でも、今日は店の引っ越しの残りの片づけだがや。

 

こちらは昨日の大西健太。

 


ボウワーム8インチ3/4ozテキサスリグ。51cm。

 


ボウワーム6インチネコリグ。

ウォレシアとマジックハードR7ポンド。

ボウワーム6インチネコリグは現在最も手堅いリグ。

ボウワームは6インチ、8インチとも好調持続中です。

 

こちらは一昨日の石井館長。

 


ウェイクマジックでガイナーゴンザレス。

石井館長は今日も琵琶湖行き。

台風前のパワーで爆釣か?

でも大荒れには気を付けてな。安全第一です。

 

トップ50も無事最終日まで試合が出来ることを祈っています。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.08.29(木)
カテゴリー:バス釣り

大逆転ホームラン。

昨日のThe Hit ロケは岡山県高梁川。

 


大水でドデカイ流木が流れて来てました。

2日前の大雨で大水、激流、激濁りになっていたみたいでしたが

ロケ当日は高かった水位も減り、クリアアップ。

思ったほどは濁っていませんでした。

でも流れはかなり早くエレキの消耗も激しかったです。

 

ロケは大苦戦。

昼過ぎまで無。

原因の一つは水温の急激な低下だと思われました。

朝の水温は24度を切っていました。

おそらく大雨の前は30度前後あったと思われるので

6度くらい急激に下がって魚がショック症状と推測。

正直言ってノーフィッシュを覚悟しました。

やはり高梁川はデスリバー化したのかと思ってしまいました。

 

でも、諦めなければ凄い事が起きます。

凄いことが起こせます。

今まで何度もその信念のもとドラマを起こして来ました。

 


突然、ズドン!と来ました。

いつもはルアーなど投げたことがないスルーする場所。

バスは強すぎるカレントを嫌っていました。

流れがないドシャロー。

プロトのシャロークランク。

この前のテストで初導入してデカバス爆釣したモデルです。

今回は実戦テストに投入しました。

写真は番組オンエアまでご勘弁を。

 

それからさらにスーパードラマが。

 


ブルーマイスター7を引き絞る強烈な引きでした。

「おったなー!」でしたわ。

 

スーパーゴンザレス獲った瞬間。

丸々と太った2kgどころではないビッグフィッシュでした。

高梁川のバスは明らかに巨大化していました。

バスの写真はまだNGとのことなのですいません。

 


ピッチンスティック大仕事。

7gのゼロダンです。

ブルーマイスター7のアルデバランMg7 ZPI BFCチューン。

ラインはマジックハードR16ポンド。

 

それまで1本目釣ってからずっとプロトのクランク投げてましたが

突然閃いてピッチンスティックの撃ちに変えました。

何かに導かれたのかも知れません。

強いカレントを制御する地形とカバーの手前にある

小さなブッシュの隙間に「スルッ」と入ったら「コン!」。

ゼロダンとピッチンスティックの組み合わせは カバーの隙間に最も入れやすいリグ。

 

それまではカバー撃ちは

キャスティングジグ1/2ozとツィスティンビーバーから入りました。

その後、ツイスティンビーバーでは強すぎると判断して

トレーラーをキッカーバグ4.5インチにチェンジして

鼻血が出る程カバーを撃ちまくりましたが不発。

これは「ジグを憎んでいる。」と判断して

ピッチンスティックに変えたのが正解でした。

 

面白いことに、このピッチンスティックのゼロダンは

以前、山口にプロトのテスト行った時

使わないロッドをガッツさんに貸したら

勝手にガッツさんがリグして釣っていたものを

そのまま使いました。

ガッツさんはメタルウィップ8ポンドに結んでいましたが

それを用意してる時に「もったいないから。」と

ブルマイ7&16ポンドに結び替えといて良かったです。

ガッツさんの使い古しのワームでしたが

無茶苦茶イイ仕事してくれました。

ありがとうガッツさん!

 


増水のち減水の高梁川。

大逆転ホームランを放ちました。

絶対に諦めない心が打たしてくれたホームランでした。

 


戦い済んで日が暮れて。

夕焼けが綺麗でした。

朝夕はめっきり涼しくなりました。

 


ドロンのアームカバー。

初めて導入しましたが疲れが軽減されました。

それに何と言ってもスースーして涼しいのがよろしいです。

 

それと今回一人晩飯は寂しいので無理矢理呼び出したO君とは

 


レイドジャパンの岡君でした。

今回はあまりにも流れが早かったので

バッテリーの予備を急遽借りました。

おかげでスーパーゴンザレス釣れました。

助かりました。ありがとう。

それに昨夜は2次会までご馳走様でした。

酔っ払いましたが楽しい酒でした。

 

朝起きたら、めばちこ(ものもらい)は治っていました。

これから大阪へ帰ります。

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 8