「2013年04月05日」 のアーカイブ

2013.04.05(金)
カテゴリー:バス釣り

ZPIカラーメカニカルキャップ。

昨夜のビッグネームのゲストというのは盛三でした。

盛三も肋骨を骨折したわりには

一時帰国の合間に2回のTVロケをこなして

ハードスケジュールですが元気でした。

 

社長と夕食会へ行き美味しく楽しい時を過ごしました。

盛三の写真を撮るのを忘れていました。

楽しすぎて当然のごとく遅くなり今日は眠いです。

てか、いつも眠いです。

春だからかな。

 

昨日はルアマガのインタビューや

次回取材のBaserとの軽い打ち合わせ、

The Hit の次のロケの打ち合わせなど

電話攻勢でした。



昨日の時点で4週連続ロケが決定。

 

かなり東へ西へ奔走となりそうです。

 

それに次回オンエアのBIGBITEの

編集チェックなど。

今回から編集のやり方がリニュアルされていました。

 


BIGBITEの入れ喰いシーンです。

でもショビレーヌでした。

 


関係ないけど肩痛に効くストレッチです。

ロッドを持って背中に回すと肩甲骨を矯正することが

出来ます。

 

その後は来週のロケの準備をちょこっと。

 


ラインを巻き替えました。

ところで僕のリールがさらにカラフルになっていると思いませんか?

メカニカルブレーキのキャップを交換したのです。



ZPIの新製品で発売したばっかの

カラーメカニカルキャップに交換しました。

 

かなりお洒落でカッコイイです。

モチベーションがアゲアゲになりました。

僕は青には青、紫には紫、赤には赤にカラーを

合わせていますが

紫と青、赤と紫などカラーコーディネイトするのも楽しいかも。

 

調子に乗って手持ちのメタニウムMgとアルデバランMg全てを

このカラーメカニカルキャップに交換しました。

 


勿論、カッコイイだけではありません。

(ロッドはウォレシアです。)

片手でパーミングしたままブレーキの微調整が

簡単に出来ます。

純正のブレーキキャップより直径は少し大きく

横に溝が刻まれているので、

かなり親指の力を逃がしにくく回しやすい。

特にベイトフィネスのようにレフトハンドルのものは

パーミングしたまま瞬時にメカニカルブレーキを

持ち替えることなく片手で調整できるのが素晴らしいです。

手返しアップ間違い無しです。

フルキャスト、ピッチングなどのキャスト法に応じて

すぐに対応出来ます。

ジグ撃ちでもスキッピングは強め、ピッチングは弱めなど

で調整するとキャスト精度も上がり、トラブルも減ります。

まめなブレーキ調整を簡単、一瞬でやりやすくするためには

欠かせないアイテムになりそうです。

 

「ZPI カラーメカニカルキャップ」。

 

かなりお薦めのアイテムなので紹介しておきます。

 

 

関係ないけど昨日のサトシン。

 


コンバットクランク480!58cm。

プリスポーンダイナマイトだがや。

この他もコンバットクランク480&400で

50アップ量産したがや。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません