「2016年08月14日」 のアーカイブ

2016.08.14(日)
カテゴリー:バス釣り

ビギナーズラック理論。おらんと思ってもおる。

こちらは先日の池原の模様。

 

P1230347
ゴンザレスとのファイトシーン。

ボートは超浅い瀬にパワーポールで固定しています。

狙ったのは岸ギリギリのちょこっとだけの深み。

 

P1230348
ドキドキしますな。でも慌ててはダメ、ゼッタイです。

減水で浅くなりバスがいないのが丸見えのバックウォーターでした。

その前にガッツさん、レイラちゃんたちが先行していました。

川幅狭く浅いバックウォーターなので、

「これは釣れんな。」と思いつつ、

そう言えば、ガッツさんが「ラウドバズに1回だけ出て来た。」

と言ってたのを思い出し、

でも、もうおらんやろと思いながらも、

ふと投げたラウドバズにデカバスが出て来ました。

これで、「おらんと思ってもおる。」と確信。

普通に上手い人はスルーするエリアです。

言い変えるとビギナーズラックの理論です。

ベテランはいないと思ったら投げませんが、

初心者はおるかおらんか分からんので一生懸命投げます。

それがエエな。

見えなくてもバスは僅かな隙間の中にいたり、

体色を保護色でボトムと同化させて、見えなかったりします。

 

また、ベテランはキャストがずれたら回収しますが、

初心者は丁寧に操作します。バス釣りが分かって来ると

いいスポットが分かるので、そこを狙います。

でも、いいスポットは攻め続けられています。

ベテランが投げミスしたと思うような場所に、

狙われてないデカバスがいたりします。

ミスキャストこそがチャンスになることがあります。

上手い人が釣れないでかバスが初心者に釣れる理論です。

この時はドクリアなのにバスは全く見えませんでした。

狭い川幅を先行のガッツさん御一行が往復された後でした。

さらに言うと子供に水遊びさせた後です。

普通は狙わずスルーします。

でも、バズに出たバスと子供がミスバイトしたことで、

おることを確信して釣ることが出来ました。

ビギナーズラック理論を分かっていても

ベテランになるほど、それを実行すことは極めて難しいです。

逆に言うと分かってやるとデカバスが釣れることがあります。

まあまあ大事なこと言っています。

 

この時は、急に陰って、風が吹いた時に連発しました。

デカバスがフィーディングに動いた感じがしました。

上手くタイミングを捉えたかな。

パワーポール刺してタイミング待つハンティング的な釣りでした。

 

昨日、池原居残りしていたガッツさんから喜びのメールが来ました。

 

ガッツさんまで
ラウドバズでやっと獲りました。

今回の池原で周りの皆んなに一番魚が出たのがラウドバズでした。

僕は岸と平行に引くと子供が釣りにならないので、

あまり投げませんでしたが、

レイラもラウドバズでデカイの2本釣っていました。

ガッツさんが釣った時は、バスが泳いで来たのが見えたらしいです。

バックシートのレイラにズルいと怒られたらしいです。

前日、夕方ラストで同じくラウドバズでデカイの出たけど痛恨のバラし。

リベンジ果たせて良かったなーガッツマン。

もう山口に着いたかな。

 

こちらは飯田君。

灼熱の霞水系ですがコンスタントに釣っています。

 

.jpgラウドバズ
おかっぱりラウドバズ。

ロッドはフェイズテンペスト67MH。

 

.jpg飯田君ロイヤル
横利根川でも釣っていました。

 

釣れたルアーは、

 

で.jpgロイヤル
ロイヤルフラッシュJr.ブラックボーンです。

フェザーフックチューンしてますな。

 

こちらは琵琶湖の大西健太。

 

.jpgグラリパダブルモ
グラスリッパー&ダブルモーション4.2インチ。

ダブルモーション4.2インチはグラスリッパーと極めて相性良いみたいです。

デカイの良く釣ってます。

琵琶湖は、グラスが多いのでその中は涼しくて酸素量多いです。

なので、ちゃんと狙うと暑くても良く釣れています。

リザーバーは雨が全然降らないので、

そろそろ一雨欲しいところです。

今年は台風全然来ないですな。

 

カワノシカ
僕は今日は久々にクワガタの世話でもします。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません