「2010年07月02日」 のアーカイブ

2010.07.02(金)
カテゴリー:クワガタ, バス釣り, ルアー

キャスティングジグのお話。

 

 今朝、雨が止んだらクマゼミが鳴き出していた。


梅雨明けもまだだけど、夏が来たっていう感じです。





僕は、昨日に引き続き、今日も英会話のレッスンです。





ICASTに向けて特訓というほど大げさではないですが


行ける時に行っておこう作戦です。


ちょっとでも、アメリカ契約プロとまともにコミニュケーションが


とりたいので付け焼刃でも頑張っときます。




突然ですが、キャスティングジグです。



これ1つで最近、もう20kg近く釣っています。


カラーは濁りに強いブラック。1/2ozです。




高梁川、旭川ダムと連続で使ってますが一向になくなりません。




スカートは普段、カットして使うことが多い僕ですが


コイツは、パッケージから出してそのまま使っています。


僕は、カットする時は、フックのベンドの頂点から2mmほどで


ラバーを揃えます。こうすることで、「スー、パッ!」と


フレアーがクイックになり、リアクション的要素が増します。




逆に、長いままだと、抵抗を受けてスローにフォールし、


フレアーもカットしたものよりゆっくりになります。


また、当然ですがボリュームもカットしたものより大きい。


「フワーッ」としたゆっくりアクションが濁りでもバスに発見されやすく


ゆっくりしたフレアーがダルなアフターのデカバスに


効いていると思われます。


 


ジグ番長的ラバージグ講座でした。






関係ないけど、この前のWBSスーパー3デイズの画像です。


写真がへたくそですいません。





エビちゃんのチャンピオン。


ヘラクレスのラッピングがイケてます。





これは、ウェイイン。


サトシン&エビちゃんです。




全く関係ないけどこの前、掘り出したばかりのクワガタです。


ただ、見せたいだけです。スイマセン。





ウェスターマンヒラタ。


81.3mmと81.9mmです。


ベトナム産まれの日本育ちです。


菊元的には90mmオーバーを狙って育てていますが


それは、ちょっと無理そうな感じです。




手に平気で乗せていますが、


ヒラタクワガタはかなり凶暴です。


はさまれると涙チョチョギレルほど痛いらしいので


こんなことはしないほうが賢明です。


でも、幸い僕はまだ、はさまれたことはありません。


 


秘密ですが、


以前、社長が不用意にもパラワンヒラタにはさまれて


大流血してもだえる姿を目撃しました。




一旦、はさむとなかなか取れません。




剣呑、剣呑でござります。






















コメント・トラックバックは受け付けておりません