「2010年05月18日」 のアーカイブ

2010.05.18(火)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

フロッグのラインシステム。

そろそろフロッグのシーズンが本格化してきたので


フロッグのラインシステムを紹介します。




僕がフロッグに使用するのはPEラインの65~80lbです。


菊元プロデュースのバスザイルフリップ&フロッグは最高級の製法で作られた


しなやかでトラブルが少ない最強PEラインです。


カモフラージュグリーンはウィードやカバーに溶け込み


魚に違和感を与えにくい色だと僕は思っています。




さて、僕がフロッグを結ぶセットは、ダブルラインをビミニツイスト作ることから


始まります。





ビミニツイスト。ダブルライン部分の長さは10~15cm程度。


ビミニのヨリは10~12回程度。その後、ハーフヒッチを同じ回数繰り返します。


見えにくいが、先端部は小さく丸結びでチチワを作る。これが重要です。





ダブルラインをフロッグのラインアイに通す。





フロッグ本体をダブルラインの輪にくぐらせる。





ラインを引っ張る。これで結節は完成。





先端にチチワを作るのはルアー交換をクィックにするため。


チチワがないと上手く引っ張れません。


ダブルラインの輪を逆にくぐらせば、ルアーは、はずれます。




正確に言うと結んでいるのではありませんが、


65~80lbならブレイクすることは、ほとんどありません。




ちなみに、ロッドはPEのからみにくいガイドシステムを採用した


タクティクス ピッチンフロッグが最高に使いやすいです。




リールはオカッパリなどで遠投が必要な時は、重くなりますが、


コンクエスト300クラスがスプール径が大きく、ホンマに良く飛びます。


ボートからなら、ピッチング、スキッピングなどを多用し、手数も多くなるので


軽量で楽なメタニウムMgを僕は愛用しています。


以上、フロッグラインとタックル講座でした。




 


アフタースポーンは最もフロッグに出るシーズンです。


皆さんもフロッグで楽しくデカバスを釣って下さい。


 


 


関係ないけどカメのフィギュアです。良く出来てます。





マタマタとクサガメです。


200円ですが、ゼンマイで歩きよります。


 









コメント・トラックバックは受け付けておりません