「2010年05月15日」 のアーカイブ

2010.05.15(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

吉井川撮影。

昨日も引き続き、岡山の吉井川で撮影。


今回は大長編です!




朝はゆっくり、8時半頃にスタート。


前日は時間の都合でチェック出来なかった上流部へ。





上流部はクランキングでスタート。濁りが入ってます。


水温は朝イチで16度ありました。


流し始めて、水深が深くなってきた本命に差し掛かりました。




すると・・・。





こんなん来ました!コンバットクランク320。ブルーバックチャート。


ロッドはヘラクレスのプロトグラス7フィート。リールはコンクエスト100。


マジックハードR16ポンドです。




2本目もすぐ来ました。





コンバット320凄い!まだプリスポーンです。


倒木にクランクをヒットさせて釣りました。カバークランキングです。




この後、最上流部の行けるところまで上がりましたが、浅く激流の場所までは


バスが上がっておらず、不発でした。


メインリバーへバウを向けます。


フル満水でカバーだらけ。濁りもきついです。


竹が岸から大量に倒れこんでいて


ショアラインぎりぎりにジグを撃ちこめないストレッチも多いです。


カバーのストレッチをチェックする前に開けた石が沈むエリアを


再びコンバットクランク320で流し始めると、またすぐに来ました。





しかし、小さい。メインレイクのクランキング。




またジグに戻し、カバーだらけのショアラインをひたすら撃ち続けます。


カバーだけを見ると、一見良さそうに見えても


いないところには全くいません。ビシバシにスキッピングを決めても


バイトすらありません。ビシバシの連続で撃ち続け、


真っ直ぐなショアラインのちょっとしたへこみにある数少ないレイダウンを発見。


「これはいる。」としょぼいレイダウンにキャストが決まると、





1発で来ました。ジグ番長フィッシュ。


キャスティングジグは3/8oz。


いつもは1/2ozですが、前日から激シブだったので軽くしてアジャストしました。


トレーラーはバイズクロー。


ラインは最強のマジックハードR20lb。


ヘラクレスヘラクレスです。ビシバシジグロッドです。





カバーだらけで一見良さそうだが・・・。


一見良さそうに見えるカバーの中から、地形の変化がからみ、


しょぼくても、ウッドカバーがあるところにいいバスがいるのは


前日から同じです。でも、そんな条件の場所はホントに少ない。


あっても水位が高すぎてはるかカバーの向こうでジグが入れられません。


フラストレーションがたまる中、流し続けやっと見つけました。






 5尾目!ポストスポーナーが来ました。


まだ昼前です。




この後、鬼神のごとくジグを撃ちまくるが、なかなか「これは!」


と思うスポットはなく、全くバイトはありません。


昼までに、メインリバーは撃ち尽くしました。





撃ち尽し、やるところがありません。




仕方が無いので、朝の上流部へ。


クランクではなく、ジグを撃ちますが不発。


「やっぱりここはクランクかなー。」と


クランキングロッドに持ち替えて1投目。


勘が冴えました。





アフターの捕食に上がってきたナイスフィッシュ!


コンバットクランク320。かなりキテます。





今回のMVP。


ルアーも凄いがロッドも凄いよ。ノーミスです。




この後、再びメインリバーに戻りますが、撃ちつくし、もう仕事も出来たし、


正直あきてしまったので、3時前には終了しました。


濁りと高い水位、スポーンのからむ難解かつ、タフなコンディションでしたが


パターンが読め、数少ないバイトをミス無く取れ、自分の釣りにハメることが出来た。


実質1日の釣りで手にしたバス8本。内7本がデカバスさんでした。


 


まあまあエエ釣りが出来ました。




今日は休みなので、ゆっくりしたいけど、インタビューの仕事が入ってます。




それからクワガタの世話でもしときます。











コメント・トラックバックは受け付けておりません