「2012年12月14日」 のアーカイブ

2012.12.14(金)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

スパークショット。デビュー間近です。

関和学プロデュースのヘラクレスベイトフィネスロッド。

 

スパークショットがマーケットデビュー間近です。

 


スパークショットHCSC-60UL/M ST 雑誌広告です。

関和のポーズと一応真剣な表情が印象的です。

ソリッドティップ&スパイラルガイドセッティングを

ヘラクレス4軸補強で完全武装。

 

ここで裏話です。

 

僕が2年前のオールスターに僕が久々に復帰する時

ソリッドセンサー61のブランクをそのまま

ベイトロッドに改造したベイトフィネスのプロトを作りました。

そのプロトを霞ヶ浦のプラクティスに持って行った時、

目ざとく関和に見つけられました。

当然ながら関和は、非常に興味を示して来ました。

その時、関和が持っていた

自作のスモラバ1/32ozを

ZPIのBFCチューンのメタMgを付けたそのプロトで

ピッチングやキャスティングをやってみたら

結構、快適にキャストすることが出来ました。

でも、その当時の僕はスモラバなど全く持っていなかったので

「へー。」てな感じで終わりました。

 

そして、あまりにも関和がそのプロトを

欲しがるので試合前にあげてしまったのでした。

 

それがスパークショットの元の始まりです。

 

でも、とりあえずスピニングのソリッドセンサー61を

間に合わせでそのままベイトに改造しただけでは

柔らかすぎるという印象が強かったです。

 

でも、関和は僕から奪ったそのロッドだけで

試合でウエインしたバスを全て釣って来ました。

軽いネコリグだったと思います。

 

その後、ティップのパワーアップ、テーパー、レングス

補強の入れ具合、ガイドセッティングなど

関和ならではの経験とノウハウを詰め込んだ

ロッドへと進化してゆき、遂に完成へと導かれたわけです。

それがスパークショット誕生物語です。

 

当たり前ですが僕の間に合わせの

最初のなんちゃってベイトフィネスプロトを

遥かに凌駕する出来に仕上がっていました。

なんと言ってもバットセクションの補強の位置を増やしたのが

エエ感じです。

ティップ~ベリーはULですが

ベリー途中からバットまではMのパワーを持っています。

なのでパワー表示はUL/Mとなっています。

スパイラルガイドも関和のこだわりです。

 


フォアグリップ回りのリングは青みがかったガンメタリック。

高級感があります。

リールシートはブランクタッチになっています。

 


スレッドはメタリックブルーが基調です。

 


操作性重視のセパレートグリップ。

ちなみにリアグリップはウォレシアと同サイズです。

キャスト時は手を触れないことがほとんどなので

最小限のサイズです。

 

スパークショット。何とか年内発売に間に合いました。

早ければ来週水曜日からデリバリー予定です。

お楽しみに!

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません