「2014年06月」 のアーカイブ

2014.06.30(月)
カテゴリー:バス釣り

腹黒いトップの威力。

阪神タイガース弱すぎてどうもいけません。

 

スポーツ新聞のコラムで読んだのですが

サッカーのワールドカップでの日本の惨敗も

長年、阪神ファンやっていると

かなり打たれ強くなっているのでショックも少ないと

書いていました。

全く、その通りです。

 

でも、応援してしまうのは、長年のすりこみです。

 

先日、沖田総長が利根川にEG-EXTREMEのロケに行っていました。

トップでいっぱい出たそうです。

 

IMG_4142
キッカーフロッグでブリブリちゃん。

サイトフラッシュです。

ロッドはEGアクション。

沖田はショートロッドのアキュラシー性能と操作性を重視しています。

 

DSC00131
ウェイクマジックサイトフラッシュ。

なんだかオキターマンは腹が黒い。

じゃなくて、腹が黒いトップが好みのようです。

次回のEG-EXTREMEをお楽しみに!

 

P1110625
そういえば、先日のドデカも腹黒いウェイクマジックでした。

僕の溺愛カラーのサイトフラッシュでした。

お腹が黒いトップは濁りやローライトで下から良く見えるし、

クリアーウォーターでも激流では乱反射する水面で

バスから発見されやすいカラーです。

実はシャワーブローズブラックボーンといい、

僕も腹黒いトップを溺愛していましたわ。

でも、決して腹黒い人間ではありません。

 

最近の琵琶湖。サトシン。

ウェイクマジックやプロップマジック75、プロップマジック95が

ずっと当たっているようです。

 

.jpg6月26日75で3kgオーバー
プロップマジック75。

3kgオーバー。

 

6月27日プロマジ753kg超え
これもプロップマジック75。

3kgオーバー。

プロップマジックは良くベイト喰っている

丸々としたブリトニーちゃんが釣れる傾向が極めて強いです。

 

こちらは昨日の大西健太。

 

。jpg6月29日ツィスティン55cm2kg半
ツィスティンビーバー&バウヘッドで55cm2.5kgオーバー。

水面が穏やかな時はワンズバグ。

トップに少し反応が弱かったら、サイドステップ95の連続ジャーク。

良く釣れていますな。

 

こちらは土曜日に大阪から山口に帰ったばかりなのに

いきなり昨日釣りに行っていたガッツさん。

 

。jpgガッツシャローホグ
シャローホグで数釣り。

シャローホグは基本的にデカバス釣るクランクですが

ガッツの行くダムはシャローに小さいのがいっぱい浮いてるみたいです。

沢山釣れたらしいです。

先日、会社に来た時に開発室から勝手に試作カラーパクッていましたわ。

まあまあ、おそろしいオッサンでしたわ。

 

P1110948
SEXMACHINEGUNNS  2年ぶりに復活。

ニューシングルの「未練ファイアー」です。

ANCHANGとはもう長い付き合いです。

超釣り好きのヘビメタさんですが、プレミアムナイスガイです。

義理堅く、毎回CDを送って来てくれます。

 

今日は先日の釣りで足を痛めて

全然治らないので、ちょっと治療に行って来ます。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.06.29(日)
カテゴリー:バス釣り

観察は楽し。

今日は休みです。

朝からクワガタの飼育ビン洗って

ドジョウの水槽掃除して水替え。

カメの水槽も水替えしてエサやり。

生き物好きです。

と言うか、生き物を観察するのが好きです。

 

今日はバスフィッシングにおける観察する大切さを書いてみます。

 

ジョイクにメラメラ
ジョイクロをボトムに置くとバスがワラワラ集まりました。

ガッツさんに「周辺のバスが全員集まるから、見てみ。」と言って

一投して、置いておくとこのとおり。

ジャークするとリアクションで荒反応しましたが、

この日は天才揃いで、喰わせることは出来ませんでした。

「バビューン釣法」です。

見えたバスから20m位離して投げました。

存在感の大きなルアーは遠くからバスを寄せる力があります。

スモラバなどの小さなルアーであれば「置く」場所は

バスからもっと近くします。

もしくは遠くに置いてバスが近づいて来るまで放置してから仕掛けます。

 

バックウォーターに上がっているバスは常にエサを探しています。

ジンクリアで浅ければ、見つける距離はかなり遠いです。

初めてバビューンの寄せる力を見たガッツさんは

スーパーハイテンションになっていました。

 

P1110799
水中には小魚。ボトムにはゴリ。

ゴリは石の隙間に隠れています。

動きは「ピッ!ピッ!」と瞬間的に底を移動します。

C-4ジグにC-4シュリンプ付けて

ショートジャークしてやるとゴリの動きをイミテート出来ます。

C-4ジグを石の隙間や影に隠してからアクションさせ

バスが自分で(エサを)見つけたと思わせることが出来れば

猛烈にダッシュして来ます。

自然状態のゴリはバスに見つけられて追われると

石の隙間に入ってバスが諦めるまでずっと隠れています。

バスが逆立ちして石の隙間をじっと見ているのを

何度も観察しています。

昼飯休憩の時、C-4ジグ&C-4シュリンプを石の隙間に入れておいておくと

違う穴からゴリが出て来ました。

縄張り意識があるようで

ゴリが出て来た穴のC-4入れると怒ったように

C-4シュリンプを咥えて持って行きました。

こんな観察はたまらなく面白いです。

 

P1110638
激流の瀬の落ち込みで仕留めたアンブッシャー。

アンブッシャーとは待ち伏せする者の意。

力のあるデカイ個体は一等地に陣取って落ちてくるベイトを待ち伏せします。

これ以上は上がれない瀬の落ち込みの上にウェイクマジックをキャストし、

流して反転流でプロペラを流れの力を利用して自発的に動かしました。

一撃でした。

強い流れの脇の少し流れが弱まったヨレでバスが定位していました。

トップはラインが水中に入りにくいので

ラインの水切り音を消してくれます。

また、ダウンストリームで流すことで

ルアー先行で流れるのでラインの存在もなくしてくれます。

これが、ウェイクマジックだけが出来る秘技。

「オートマチックプロッピング」の真髄です。

また、バスは「ここで喰う。」

「ここへ追い詰めて喰う。」という場所が必ずあります。

逆に言えば、そのフィーディングスポットへルアーを導いてやれば

高確率でバイトへ導けるということです。

 

前の川
ボイルシューティングもバスの習性を利用した釣り方です。

この日はシャワーブローズをブラインドでロングキャストしたり

見えたバスの脇を通しても無反応や逃げたりする個体ばかりでしたが

集団でベイトを追っている時は理性、知性が無くなっています。

エサの取り合いの心理も働きます。

ボイルを待って直撃するのがボイルシューティングです。

いつもは超効果的メソッドです。

しかし、この日は若干の減水もあり、バスは超スプーキーで天才になっていました。

通常のボイルシューティングでは、喰わせることが出来ません。

なので、観察して写真左の壁にベイトフィッシュを追いこんでいることを確認。

「ここは喰う場所。」と確信し、

ボートを護岸と平行にルアーを引ける場所へ固定。

固定するためにボートを付けると

バスは一旦、怯えて逃げますが

「待つ」ことで再び、フィーディングが始まります。

どんどん、壁にベイトを追い込み、

集団でのボイルがこちらへ近づいて来たタイミングで

シャワーブローズブラックボーンをキャストして

高速ドッグウォークさせると

狂ったように一発でバイトして来ました。

「喰いたい場所」を狙い撃ちしたからこそバイトした魚。

サイズはまあまあでしたが会心の一本でした。

 

僕が難しい、タフだというのはこの日のような状況を言います。

そんな時ほど、観察力が大切になって来ます。

 

「見る」こと「観察する」ことは

バスの習性を学び、発見し、釣るための創意工夫を生み出す原動力になります。

それはバスそのものを見るだけにとどまらず、

流れを見て読む。ベイトフィッシュを見る。地形を見る。

天候も含め、自分がいる自然全てを感じることは

バスを知ることに通じます。

 

今回はかなり深く大切なことを書いていますので

何度も見直して下さいね。

 

これからクワガタ飼育作業です。

 

P1110942
昨夜、羽化確認したクワガタ。

上翅を閉じていますがまだ上翅は真っ白です。

蛹の時は下にたたまれていた頭も上げていました。

クワガタの観察もたまらなく好きです。

 

あかん、ブログに時間掛け過ぎて

クワガタやる時間が少なくなって来ましたわ。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.06.28(土)
カテゴリー:バス釣り

合川ダム。ウイズガッツさん。

昨日、合川ダム釣行を終えました。

 

今回の主な目的はコンバットスティック初の2ピースロッド

「ライトキャバルリー」の最終チェックでした。

ホントは山口まで行こうと思っていましたが

ガッツさんがこちらに来てくれることになり、

一緒にホームグラウンドの合川へ行くことになりました。

 

P1110628
初日、夕方のみのおかっぱりで仕留めた合川のチャンピオンクラス。

帰国後、日本で釣った1本目。

バックウォーターのどんつきの瀬の落ち込みにウェイクマジックを上流から流しました。

ウェイクマジックの秘儀「オートマチックプロッピング」。

一瞬、見えた巨大な影が水面を炸裂させました。

ロッドはエアレギウス。ラインはプロトのナイロン14ポンド。

はメタMg ZPI NRCチューンです。

ウェイクマジックは魔性のカラー。サイトフラッシュです。

 

この後は、下流に下り、ボウワームやC-4ジグでサイトフィッシュするも

バスはルアーに鼻先まで近づくもショートバイトやギリギリで見切り、

この前の大西やガンちゃんとの釣行より

バスの状態はかなりタフでスプーキーなことを予感させました。

 

木曜日は朝から山遊館さんでボート借りました。

レイクはカレントが発生せず、やはりタフでした。

バックウォーター周辺のサイトフィッシング中心の展開。

バスはいますが、ほとんどがボート近づいただけで怯えて

逃げて行きます。

激流でバスをダマしやすいエリアは水位が浅すぎで

ボートではエレキこすって行けませんでした。

 

ライトキャバルリー初曲げ
でもライトキャバルリー曲げています。サイトフィッシュです。

 

ライトキャバルリーフィッシュ
スピニング611Lです。

ドクリアーでバスがスーパースプーキーなのでロングキャストがキモになりました。

C-4ジグ2.7g&C-4シュリンプ3.5インチを大遠投しました。

おかっぱりでは遠投性能は大きなアドバンテージになります。

 

P1110741
C-4ジグ2.2g&ビビッドテール。

これもライトキャバルリー611Lです。

単体で泳いでいるバスを発見し、超ロングディスタンスで仕留めました。

ジンクリアウォーターで浅く、砂地で丸見えなので

間合いを遠くとる必要がありました。

かなり難易度高いです。

得意のボウワームネコでは魚は寄って来ますが

見切りが早かったり、つついたりするだけで

吸い込む感じが全く無かったので

少しでも吸い込みやすいC-4選択しました。

でも、C-4ジグでさえ、サイトワザ駆使しても、かすったり、ミスしたりしました。

かなり、ヤバい状況でした。

この他、小さなバスも釣りましたが写真は割愛させていただきます。

 

明けて2日目。

同様にバックウォーター周辺をサイト中心で

C-4で普通サイズ釣ってからボイル待ちしていました。

前日より水位が僅かながら減水し、

バスのサイズ、数共に落ちていました。

 

将軍ボイルシューティング
ボイルシューティング。シャワーブローズブラックボーン。

ロッドはライトキャバルリー611MHです。

リールはメタMg ZPI NRCスプールチューン。

ラインはマジックハードR14ポンド。

遠くでのボイルでもルアー落とす位置や引いて来るコースにキモがありました。

 

前の川ボイルシューティング
ボートを固定してボイルシューティング。

バスがベイトを追い詰めるコースを想定してボートを止め、

引いて来るコースが岸ギリギリになるようにしていました。

 

前の川シャワーブローズ
会心の一撃。シャワーブローズ。

ボイルが遠いので遠くへ正確にキャストしないと釣れません。

ライトキャバルリー611MHの遠投性能がアドバンテージを発揮しました。

ブルーマイスターより飛ぶかも!?

使っていて2ピースであることを忘れてしまうほどの

超高性能を発揮してくれました。

 

P1110920
バンクシャッドMIDテナガエビ。

ロッドはライトキャバルリー70ML。入魂しました。

バンクシャッドMIDはウォレシアでぶっ飛ぶシャッドですが

スピニングで使いました。

バックウォーターのどクリアな場所で、

バイトまで至りませんでしたが

何度も超高速リトリーブにバスが激反応を示していたので

ベイトリールより早巻き出来るスピニングタックルで超早巻きしました。

このバスは、バックウォーターより少し下った少し濁りが入ったエリアで釣りました。

その前にも、超デカをバンクシャッドMIDで掛けましたが

ガッツさんが、カメラの用意遅れて

「ちょっと待って下さい!関和さんにメールせんと。」とか言って

写真待ちで、ランディング体制に入らずやりとりを続けていると

あっけなくフックアウトしてしまいました。

「頼むでガッツさん!」

 

無精ひげガッツ
でも、いつも嬉しそうなガッツさんでした。

 

夕方は雨になりそうで大チャンス到来でしたが

僕がレインウェア忘れて来るという大失態を犯したため

雨が来る前に早上がりしました。

 

今回は僕は一応仕事ですがガッツさんにとっては

お気楽極楽の夏休み合川ツアーになりました。

正直、今回の合川は厳しかったですが

一雨来れば、バスはアホになり

トップやティンバーフラッシュ祭りの可能性大。

ちょっと濁りとカレントがあればバスは大胆になりそうです。

また、行きたいです。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.06.27(金)
カテゴリー:バス釣り

今日もバス釣りです。

昨日は、苦戦しました。

ダムはなんだかタフタフでした。

 

一昨日はウェイクマジックを僅か数投でスーパーゴンザレス来ました。

でも、その後はかすっただけでした。

昨日もバスは沢山見えましたが

スーパースプーキーな奴ばかりで苦労しました。

トップや巻き物は不発。

でも、一応釣っています。

 

P1110682
ライトキャバルリーフィッシュ釣れました。

C-4ジグ2.7g&C-4シュリンプ3.5インチ。

ロッドはライトキャバルリー611L。

リールはオーパス1ネロ。

ラインはマジックハードR3ポンドです。

サイトです。ちょこっとワザを使いました。

 

この後、同行のガッツさんにトーナメントシャツに着替えろと言われました。

ガッツさんは僕のクルマから勝手に僕のシャツを持って来ていました。

着替えてからは何故か沈黙。

でも、なんとか釣りました。

 

C-4ジグ2.2g&ビビッドテール
C-4ジグ2.2g&ビビッドテール。

ロッドは同じくライトキャバルリー611Lです。

ゴンザレス近いですが、ガリクソンさんでした。

 

クリアなエリアに見えている奴は天才揃いでした。

ボート近づいただけで、皆、逃げて行きます。

サイトワザ使っても、反応は激シブでした。

 

今日もバス釣りします。

天候の変化で口を使うようになっていることを期待。

雨が降った方がええな。

 

またまた、寝坊気味なので詳しくは帰ってから報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.06.26(木)
カテゴリー:バス釣り

ちょい釣りで。

昨日は夕方に現地着。

ちょこっと釣りしました。

 

イタリアから帰国して初めての日本でのバス釣り。

 

P1110619
すぐにバカデカイの釣れました。推定58cm。

ウェイクマジック。サイトフラッシュ。

やっぱり恐ろしい魔力を持っていました。

ハーモニカ喰いですわ。

ロッドはライトキャバルリーではなく、

いつもウェイクマジックをセットしているエアレギウスでした。

ラインは仕様決定したプロトのナイロン14ポンド。

 

現場に到着して僅か数投目。

ちらっとバスが見えたような気がしたので

キャストして放置していたら水面が炸裂しました。

詳しくはまた後程。

 

今朝は眠すぎかつ、寝坊気味なのでこの辺でスイマセン。

 

それでは行って来ます。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません