「2014年06月28日」 のアーカイブ

2014.06.28(土)
カテゴリー:バス釣り

合川ダム。ウイズガッツさん。

昨日、合川ダム釣行を終えました。

 

今回の主な目的はコンバットスティック初の2ピースロッド

「ライトキャバルリー」の最終チェックでした。

ホントは山口まで行こうと思っていましたが

ガッツさんがこちらに来てくれることになり、

一緒にホームグラウンドの合川へ行くことになりました。

 

P1110628
初日、夕方のみのおかっぱりで仕留めた合川のチャンピオンクラス。

帰国後、日本で釣った1本目。

バックウォーターのどんつきの瀬の落ち込みにウェイクマジックを上流から流しました。

ウェイクマジックの秘儀「オートマチックプロッピング」。

一瞬、見えた巨大な影が水面を炸裂させました。

ロッドはエアレギウス。ラインはプロトのナイロン14ポンド。

はメタMg ZPI NRCチューンです。

ウェイクマジックは魔性のカラー。サイトフラッシュです。

 

この後は、下流に下り、ボウワームやC-4ジグでサイトフィッシュするも

バスはルアーに鼻先まで近づくもショートバイトやギリギリで見切り、

この前の大西やガンちゃんとの釣行より

バスの状態はかなりタフでスプーキーなことを予感させました。

 

木曜日は朝から山遊館さんでボート借りました。

レイクはカレントが発生せず、やはりタフでした。

バックウォーター周辺のサイトフィッシング中心の展開。

バスはいますが、ほとんどがボート近づいただけで怯えて

逃げて行きます。

激流でバスをダマしやすいエリアは水位が浅すぎで

ボートではエレキこすって行けませんでした。

 

ライトキャバルリー初曲げ
でもライトキャバルリー曲げています。サイトフィッシュです。

 

ライトキャバルリーフィッシュ
スピニング611Lです。

ドクリアーでバスがスーパースプーキーなのでロングキャストがキモになりました。

C-4ジグ2.7g&C-4シュリンプ3.5インチを大遠投しました。

おかっぱりでは遠投性能は大きなアドバンテージになります。

 

P1110741
C-4ジグ2.2g&ビビッドテール。

これもライトキャバルリー611Lです。

単体で泳いでいるバスを発見し、超ロングディスタンスで仕留めました。

ジンクリアウォーターで浅く、砂地で丸見えなので

間合いを遠くとる必要がありました。

かなり難易度高いです。

得意のボウワームネコでは魚は寄って来ますが

見切りが早かったり、つついたりするだけで

吸い込む感じが全く無かったので

少しでも吸い込みやすいC-4選択しました。

でも、C-4ジグでさえ、サイトワザ駆使しても、かすったり、ミスしたりしました。

かなり、ヤバい状況でした。

この他、小さなバスも釣りましたが写真は割愛させていただきます。

 

明けて2日目。

同様にバックウォーター周辺をサイト中心で

C-4で普通サイズ釣ってからボイル待ちしていました。

前日より水位が僅かながら減水し、

バスのサイズ、数共に落ちていました。

 

将軍ボイルシューティング
ボイルシューティング。シャワーブローズブラックボーン。

ロッドはライトキャバルリー611MHです。

リールはメタMg ZPI NRCスプールチューン。

ラインはマジックハードR14ポンド。

遠くでのボイルでもルアー落とす位置や引いて来るコースにキモがありました。

 

前の川ボイルシューティング
ボートを固定してボイルシューティング。

バスがベイトを追い詰めるコースを想定してボートを止め、

引いて来るコースが岸ギリギリになるようにしていました。

 

前の川シャワーブローズ
会心の一撃。シャワーブローズ。

ボイルが遠いので遠くへ正確にキャストしないと釣れません。

ライトキャバルリー611MHの遠投性能がアドバンテージを発揮しました。

ブルーマイスターより飛ぶかも!?

使っていて2ピースであることを忘れてしまうほどの

超高性能を発揮してくれました。

 

P1110920
バンクシャッドMIDテナガエビ。

ロッドはライトキャバルリー70ML。入魂しました。

バンクシャッドMIDはウォレシアでぶっ飛ぶシャッドですが

スピニングで使いました。

バックウォーターのどクリアな場所で、

バイトまで至りませんでしたが

何度も超高速リトリーブにバスが激反応を示していたので

ベイトリールより早巻き出来るスピニングタックルで超早巻きしました。

このバスは、バックウォーターより少し下った少し濁りが入ったエリアで釣りました。

その前にも、超デカをバンクシャッドMIDで掛けましたが

ガッツさんが、カメラの用意遅れて

「ちょっと待って下さい!関和さんにメールせんと。」とか言って

写真待ちで、ランディング体制に入らずやりとりを続けていると

あっけなくフックアウトしてしまいました。

「頼むでガッツさん!」

 

無精ひげガッツ
でも、いつも嬉しそうなガッツさんでした。

 

夕方は雨になりそうで大チャンス到来でしたが

僕がレインウェア忘れて来るという大失態を犯したため

雨が来る前に早上がりしました。

 

今回は僕は一応仕事ですがガッツさんにとっては

お気楽極楽の夏休み合川ツアーになりました。

正直、今回の合川は厳しかったですが

一雨来れば、バスはアホになり

トップやティンバーフラッシュ祭りの可能性大。

ちょっと濁りとカレントがあればバスは大胆になりそうです。

また、行きたいです。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません