「2010年12月29日」 のアーカイブ

2010.12.29(水)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

ソリッドセンサー61。菊元的解説。

今日は、ヘラクレスのニュースピニングロッド


ソリッドセンサー61の菊元的インプレッションを。





はっきり言って凄いソリッドティップが出来ました!!




最初に言っておきますがこのロッドの開発に関して


僕は一切関わっておりません。




スーパーマニアックロッドフェチであり


JBトップトーナメンターの福島健に開発の全てを任せました。





マニアック職人。福島健。




トップ50のウルトラハイプレッシャーで修羅場をくぐってきた


超絶ライトリガーの福島の経験とノウハウの方が


ここ数年パワーフィッシングに傾倒してきた僕よりも


遥かに上回っていることを素直に認めているからです。


 


餅は餅屋ということです。




はっきり言って福島健は凄い!!




そのロッド創りに対する細かなこだわりは


変態の域に達しています。職人中の職人です。


自宅に工房を持ち(作り)、


ルアーやロッドまで作ってしまうスーパーマニアです。


ガイドセッティングやグリップ形状などは


自分で納得いくまでいじくり倒します。


(その模様はいずれ紹介します。)





TOP50北浦戦3位入賞。


全てのバスをソリッドセンサー61で獲った。


ダウンショットを駆使した凄い釣り方だった。




福島はEGから提供したロッドも自分の納得するまで


いじくり倒します。


ロッドフェチ&スーパーマニアックな職人です。




本人は目立ったり、有名になりたいなどと言う気は


全くといっていいほど無い!!


メディアにも全く出たがりません。


目立ちたがりで自己顕示欲が強い人が多いこの業界では


珍しいタイプの人間です。


純粋に人より進んだ道具や人と違った釣り方で差をつけたい。


純粋に試合で勝ちたいという


ある意味、ホンマに純粋なバスプロです。




昔、初めて The Hit に出演依頼をした時は


真剣に出たくないと言っていました。


しゃべるのが苦手だし、目立ちたくないらしいです。


困ったもんです。


でも、彼の道具創り、とりわけロッドに対するセンスと情熱は


凄いと感じた僕は、福島の得意中の得意分野のスピニング、


それもソリッドティップという超繊細なロッドの開発を彼に依頼したのです。




結果としてそれは大成功でした。


仕上がったロッドは驚愕の出来栄えでした。




ソリッドセンサーは、


「喰わせ重視だけのダルなソリッドではなく、操作性にこだわった攻めのソリッドロッド。」


「バスのアタリかどうか目でティップを見て、あるいは違和感を感じて


聞いてみてもバスがロッドの存在、違和感を感じず離さない超繊細なティップ。」


「超繊細なティップで微妙な違和感をアタリとして捉え、


フッキングと同時にチューブラーの強いベリーで


しっかり掛け、バットで寄せる。繊細かつ力強いロッド。」


と福島は表現します。




菊元的には、ソリッドの割りにリグが良く飛び、感度もかなりイイ。


ソリッドの場合、バイトはティップの振動を見て取ることが多いので


手にくる感度はあまり無いことも多いですが、こいつは感度も良く


目と手でバイトを確実に獲れる。


また、強い流れの中でデカバスを寄せられる強いロッドだと思います。


ヘラクレス製法で創ったかいがありました。





これはルアマガ取材で釣ったゴーヨン。


僕のソリッドセンサー初フィッシュです!


  おかっぱりのサイトで仕留めました。


ネコリグです。




日本のスモールマウス専用に作られた繊細さだけが際立つ


華奢なソリッドではなく、ラージ、それもデカラージでも対等以上に


渡り合える繊細ながらパワフルなソリッドティップスピニング。


はっきり言って「僕の釣りのスタイルではソリッドはいらんやろ。」


そう思っていた自分が愚かに思えるほど


滅茶苦茶イイ!滅茶苦茶使いやすい!!


それが、ソリッドセンサー61についての菊元的印象です。


おかっぱりでも最高です。




またまた大長編になってきたので




この続きはまた明日。







コメント・トラックバックは受け付けておりません