「2010年04月26日」 のアーカイブ

2010.04.26(月)

眠すぎるクワガタな休日。

昨日は、4時前に早起きしてしてしまいました。




おじいさん並みの早起き病です。


案の定、ブログを更新した後、睡魔が襲ってきて


昼過ぎまで寝てしまいました。


疲れまくりです。


ちなみに、今日も4時起きです。





セサミンEプラスとQPコーワゴールドアルファ。


毎朝飲んでます。ドーピングです。




ちなみに、アルファはサトシンもお薦めです。


サトシンはロケの時はプレッシャーで胃痛になるため、


胃薬も常備しています。





四国は、雨もあり、寒くて、フラストレーションがたまる割りに


釣りすぎて疲れました。




その後、ムシ部屋にこもり、作業開始。


4月上旬に羽化していたガゼラツヤクワガタの繭を割ります。





ガゼラの繭玉を暴くと、小さすぎるオスが。





一応、ギネスの子供なんですが・・・。




こいつの親虫はBE-KUWAギネスの70.5mmだったのですが、


羽化1号のこいつは50.9mmの激ミニ君でした。


なんででしょうかね?




その後、コバエが発生しているケースを発見。


すぐに、マットを処理しようとすると、繭玉が崩れ、


蛹が出てきてしまう。


マットにコバエが発生すると、栄養分が奪われ、


マットが泥状に劣化し、折角、幼虫さんが繭を作っても


蛹室の壁が崩壊しやすくなり、ちゃんと羽化して成虫になるのが


困難になる。死ぬか羽化不前に極めてなりやすい。


よって、スポンジなどで出来た人口蛹室に移す措置を取る。


マニアック過ぎますか?





無事、人口蛹室に引越しした


アルケスツヤクワガタのメスの蛹。


出来合いの人口蛹室では大きすぎたので、周りにテッシュを詰め、


大きさを調整してあげました。テクニックです。


無事、羽化して欲しいです。





これは、2年ほど前に大枚をはたいて買った


ブリーディングクーラーのユニットです。


ほぼ、一定に温度管理が可能です。


中は、ツヤクワガタの幼虫さん中心です。





ユニット内の温度は20度前後に調整してあります。


僕のムシ部屋には、温度計がそこらじゅうに10個以上あります。




この日は、かなりの時間を費やし、幼虫さんのマットの入れ替えと、


成虫のエサ換えをしました。


疲れたけど癒されました。


ウソです。




疲れすぎていたので、趣味なのに苦痛でした。


生き物なので、手を抜いてはイカンという義務感のみで、


黙々と作業を行い続けました。




地道で地味な苦痛を伴う作業の後に、大きな喜びがあるのは、


バス釣りでもクワガタでも同じです。


デカイのはいいというのも同じです。











コメント・トラックバックは受け付けておりません