「2015年12月」 のアーカイブ

2015.12.01(火)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

キャスティングジグカラー紹介。

昨日はニュールアーの試作品が出来たので

とりあえず社内のテストプールでチェック。

ほぼ完成の域に近づいていましたが、さらにいじった進化系。

さらなる検証が必要になりました。迷うなー。

 

プールは寒いのよコレが
真剣に動きをチェックしています。

このプールの部屋は、エアコン無いので冬場は寒いのよコレが。

寒いのになぜかトップのテスト。

これから季節が進めば、白い息吐きながらの作業になりますな。

 

それからキャスティングジグシリコンラバーモデル1/4ozが

もうじき発売になります。

早ければ12月4日か5日くらいからデリバリー開始になります。

 

カラーは以下に紹介します。

 

cjシリコン1・4 #101菊元ブラック
#101菊元ブラック

ブラックのラバージグ。基本中の基本色。

どんなカラーのトレーラーに合わせても違和感がない。

僕はグリーンのフレークを入れました。

 

cjシリコン1・4 #102ブラック・ブルー
#102ブラックブルー

強い色です。

濁っていたり深いレンジで目立つ色で、

菊元的にはデカバスの実績が凄く高いカラーです。

 

cjシリコン1・4 #104ブラウン・パープル
#104ブラウンパープル

僕の溺愛するブラウンパープル。

ファインラバーのものより艶があります。

特にプリスポーン時期に凄い威力を発揮します。

 

cjシリコン1・4 #105クローフィッシュ
#105クローフィッシュ

これはもうザリガニですな。

ブラックレッドクローのキッカーバグと組合せは、えもいえない美しさ。

 

cjシリコン1・4 #106ブルーギル
#106ブルーギル

ベイトフィッシュ系のカラーです。

クリアーウォーターで是非。

ジグは正体不明の生命体。

ザリガニになったり時にベイトフィッシュになったりします。

いずれにしても、変幻自在にカタチが変化するラバージグはデカバスの好きなものです。

 

cjシリコン1・4 #107グリーンパンプキン
#107グリーンパンプキン

かなり凝った配色に思いを込めました。

もっとも多用するグリパンBKのキッカーバグにベストマッチ。

 

cjシリコン1・4 #108ブラウンパープルイリュージョン
#108ブラウンパープルイリュージョン

フレークと縞々スカートが幻惑するブラウンパープルの進化系。

ブラウンパープルを使う時期にちょっと濁っていると感じた時や

アピールを強くしたい時に使うカラー。

菊元ブラックを使う時よりクリアーな時に出番が多いです。

 

cjシリコン1・4 #110ブラックパープルイリュージョン
#110ブラックパープルイリュージョン

こちらもラバージグの基本色。

どんな水色でもマッチするカラー。

お腹側にパープルを持って来た配色は僕のこだわりです。

 

cjシリコン1・4 #203コザリ
#203コザリ

元々は福島健のC-4ジグのカラーで良く釣れるので拝借しました。

若いザリガニのイメージです。

 

cjシリコン1・4 #211グリーンパンプキンブルー
#211グリーンパンプキンブルー

ゴリイミーテートであり、手長エビをイメージさせるカラーです。

霞水系では特に実績が高いです。

また、ウィードエリアではブルーギルにも変身します。

グリパンやシナモンブルーのキッカーバグと良く合います。

 

以上、キャスティングジグシリコンラバーモデル全10色の

カラー紹介と菊元的インプレッションでした。

 

ラバージグはほとんどの場合、単体ではなくトレーラーと組合せて使います。

僕の場合、ここ数年のトレーラーはキッカーバグがほとんどですが、

組み合わせるトレーラーで無限のアクションの差や

フォールスピードのバリエーションが可能です。

また、トレーラーのカラーコンビネーションの組み合わせも無限。

お気に入り、または自信のあるトレーラーとカラーを作って行く楽しみもあります。

皆さんも「これは釣れる!」というコンビネーションを作って下さいね。

 

参考までに、僕は1/4ozのキャスティングジグは、

ヘラクレス69HLTSとZPI Z-PRIDE、マジックハードR16ポンドで使っています。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません