「2015年10月」 のアーカイブ

2015.10.31(土)
カテゴリー:クワガタ, バス釣り

今日はクワガタ。

やっぱり風邪ひいていたみたいですが、薬飲んで良く寝たら

今朝は鼻水も止まり、のどの痛みもなくなっていました。

スッキリです。復活です。

 

さて、今月中旬に出ていた雑誌。

オールスターが終わって自宅に帰って来て

やっとじっくり見ることが出来ました。

 

P1190346
BE-KUWA最新号。ギネス特集です。

自宅には4冊届いていました。

それはクワガタ飼育ギネスを4つ獲得したことを意味していました。

しかし、国産オオクワガタのギネスとグランディスのギネスにはたまげました。

オオクワガタは昔、80mm越えで1千万円とかどうとか言われていましたが、

今や夢の90mmは目前です。

 

以下はそれに比べると大したことがないですが、

僕が獲得したクワガタ飼育ギネスです。

今回は4種で飼育ギネス獲得出来ました。

 

P1190347
ウォレスノコギリは3回目のギネス更新。

星4つ半はクワガタ飼育ギネス盾がもらえます。

最高評価は星5つですが、

今回は上限を超えた個体が応募されてきたので、星6つの評価もありました。

アスタコイデスミズヌマイは2回目の更新。

 

P1190348
僕の大好きなツヤクワガタです。

スチーブンスは初飼育でしたが、飼育かなり難しかった。

幼虫が大きく育たず、弱く途中で死ぬ個体が多かったDEATH。

この個体の兄弟で2年経ってもまだ、繭から出て来ていないのがいますが、

生きて、無事羽化しているかどうかは分かりません。

無事羽化してくれることを祈ります。

ダールマンセレベンシスは、2回目の更新です。

絶対にギネス獲ろうと思って飼育したので、結果が出ました。

セレベンシスは、星4つ半なので、これも盾をゲットです。

長期間の手間と情熱が結果に結びつきました。

バストーナメントもそうだったらいいけど、そんなに甘いものではありませんな。

 

この他、ブルイジンペレンギエンシスも応募していましたが、

それはクワガタギネスならず。

時々コメントくれる春日クンに余裕で抜かれていました。

春日クンおめでとう。

本誌に記事も書いていて凄いです。

 

クワガタばかりですいません。

 

今日はずっと放置になっていたクワガタの世話にいそしみます。

 

こちらは昨日の大西健太。

 

56cm2700g
56cm,2700gゲット。

グラスリッパー3/8oz&ヘッドシェイカー。

スースレ、ウルスレは数釣りが出来ています。

サイドステップ95SPではゲストさんにダブルヒットもあり。

 

今日からJBのクラッシックが池原ダムでキックオフ。

 

.jpgクラッシック頑張れ
福島健、頑張れ!

オールスターでは準優勝でしたが、有終の美を飾ってほしいです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2015.10.30(金)
カテゴリー:ルアー

昨日は検査。

昨日は病院に検査に行っていました。

 

実は、のどに輪っかが入ったような違和感がずっとありましたが、

試合などがあり、なかなか病院には行けませんでした。

なので意を決して胃カメラ。

鼻から挿入。

胃カメラは何度も経験があるので、

慣れて来たのか苦痛も大したことないようになって来ました。

目前にライブ映像を見ながら先生が説明してくれました。

自分の体内とはいえまあまあグロいです。

心配していた食道ガンはなかったです。

 

昔に、ピロリ菌の除去治療をしました。

ヘリコバクターピロリ菌は胃がんの原因になりやすい菌です。

これを除去することで胃がんのリスクは大幅に減少しますが、

唯一のアカンところは胃酸過多になりやすくなること。

それも原因となり逆流性食道炎を持っています。

今回も心身の疲労とストレスで逆流性食道炎の症状が強く出たようです。

 

エコー検査でも、以前と変わりなしとの診断。

この歳なので、さすがにパーフェクトではないですが、

ちょっと不安が取り除かれて一安心です。

 

でも、まあまあオジイ化して来ているので、

この際、人間ドックでも行って、

徹底的に調べてもらって

全ての体の不安を払拭するのがベストかな。

でも、いろいろ条件にあてはまるところを調べたら

結構先まで予約が詰まっていました。

でも、探して予約してみますわ。

健康が一番大切です。

元気があればなんでも出来る。

とは言いながら、

病院の待合室で待っている時からくしゃみと鼻水が止まらなくなりました。

「風邪もらったかも?」

鼻水ズビズバですが、体は元気なので気のせいと思うようにします。

 

さて、デリバリーの告知です。

 

新色集合①
コンバットクランクFSRが久々の出荷。これは今回の新色。

今日明日くらいからショップさんに入荷予定です。

中層を引いて威力を発揮するフラットサイドクランクです。

パタパタとうちわで水を仰ぐような水押しとナチュラルでハイピッチなローリングが

下からバスを突き上げさせてバイトさせます。

 

#46 マットホットタイガー
#46マットホットタイガー

光沢がないマット仕上げのタイガーです。

ハイピッチローリングにより色覚変化が明確に出る強いカラーです。

 

#65 ブラックバックチャート
#65ブラックバックチャート

チャート系では最も強い色。別名ホットマスタード。

黒、辛子色、オレンジベリー、

そしてこだわったシルバーのエラとブラックスポットがローリングして

マッディーウォーターでも強烈にアピールします。

 

#81 ブリーディングブラウンクロー
#81ブリーディングブラウンクロー

いわゆるクローフィッシュカラーです。

マッディーウォーターで使いたい色。

霞水系では特に実績が高い色です。

 

#247 リザーバーシャッド
#247リザーバーシャッド。

ナチュラルですが、パールベースは膨張色なので、

クリアーでもステインでもマッディーでも実績高いシャッドカラーです。

バンクシャッドでは関和学溺愛カラーです。

 

こちらは昨日の大西健太。

 

.jpgコンバット320大西
コンバットクランク320。

コンバットクランク320このところかなり釣れています。

スーパースレッジ、ウルトラスレッジもずっと安定した釣果をたたき出しているようです。

もうすぐ大西のEG-EXTREME公開です。

 

今日は沖田総長おかっぱりロケ。

 

おかっぱり.jpg沖田
頑張れ総長!今日は転ばないようお願いします。

例のアレも使ってなー。

「アレって何なん?」

「アレですわ。アレ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2015.10.29(木)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

サイドステップ95SPカラー紹介。

昨日は、打ち合わせや電話インタビュー。

ばたばたしているとチャックさんが来て、

仕事の打ち合わせから、うだうだ話になりました。

うだうだチャックでしたわー。

そんなことをしていたら、

サイドステップ95SPのカラー紹介をする間がなかったので

今日、カラーのインプレッションなどをアップします。

 

サイドステップ95SP全10色です。

 

#19 プリスポーンダイナマイト
#19プリスポーンダイナマイト

赤はバスの本能を刺激する色。

プリスポーン時期には絶対の実績カラーですが、

季節を問わず良く釣れるエバーグリーンの伝統色です。

 

#59 スケルトンチャート
#59スケルトンチャート

菊元的には、かなり愛しているカラーです。クリアーでも濁っても釣れる色。

視認性が良いので、ジャーキング時のアクションが良く見え、動かし方も上手くなります。

見えることは大きなアドバンテージになります。

 

#125 クラウン
#125クラウン

困った時のクラウン頼み。

急に冷え込んだりした時、厳寒期に何度助けられたか分からないカラーです。

 

#235 サイトフラッシュ
#235サイトフラッシュ

背中はピンク、オレンジ、チャートで視認性抜群。

腹はブラックの腹黒い奴。人間からも見えやすく、

下からバスが見上げた時も発見しやすい色です。

 

#247 リザーバーシャッド
#247リザーバーシャッド

サル番長がかなり愛しているカラーです。

写真では分かりにくいですが背中はナチュラルグレーです。

ベイトフィッシュライクですが膨張色なので、ローライトや濁りにも対応。

 

#266 スケルトンアユ
#266スケルトンアユ

ド定番のアユカラー。迷った時は投げる色。

透明感があり生き物っぽいパールが艶めかしい。

 

#275 グリッターケタバス
#275グリッターケタバス

微粒子のグリッターを全身にちりばめたケタバスカラー。

かなりナチュラルです。

 

#280 マジワカサギ
#280マジワカサギ

本気のワカサギマジワカサギ。

ワカサギレイクでは外せないマッチザベイトカラーです。

 

#283 ゴールデンシャッド
#283ゴールデンシャッド

いわゆるキンクロですな。

オールマイティーなカラーですが、

ローライト、雨天時、あるいは濁りには特に強いカラー。

超昔、ロングAではこのカラーばっか投げていました。

 

#602 ビッグバイトチャート
#602ビッグバイトチャート

エバーグリーンの大人気色ですな。

とにかく視認性が抜群で操作性も向上します。

文字通りビッグバイトを誘発します。

 

以上、サイドステップ95SP全10色インプレでした。

 

昨夜はチャックさんが異常に行きたがったさざれへ。

荒食い&激飲みチャックでしたわー。

 

P1190359
日本一うまい焼きそばにご満悦のチャック。

隣は焼きそばの写真撮って喜んでいるDAIMETAL DEATH。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2015.10.28(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

サイドステップ95SP解説。

告知が遅れましたが、

エバーグリーンインターナショナルフェイスブックが開設されています。

 

製品情報は勿論、バスプロスタッフニュース、

ちょっといい話など随時、更新していきますので、

良ろしければお気に入りに登録してくださいね。

 

こちらからどうぞ。

EGFBbanner

 

それと、こちらも試合中に新発売になっていました。

 

全色集合②
サイドステップ95SPです。

全10色。9.5cm,12.5g。潜行深度1.6m。

サスペンドモデルです。

基本的には11.7cmのオリジナルモデル同様、

ジャークで切れ味鋭左右の横っ飛び(サイドステッピング)が特長です。

サイドステップ95フローティング同様、

SPも巻くだけ、あるいは巻いて止めるだけで、釣れるタイトなお尻を振らないアクションを持っています。

11.7mmのオリジナルモデルより、かなりタイトアクションです。

ジャーキングの動作が苦手な方でも、巻くだけ、巻いて止めるだけでも釣れる

クランキングミノーとして威力を発揮します。

 

表示はSP(サスペンド)です。

ただし、現在のようにまだ水温が高ければ、スローフローティングとなります。

ジャストサスペンドにするなら、接着鉛や接着タングステンシールなどを

リップの付け根よりやや後方に貼って、現場で調整して下さい。

冬季やタフな時期には「ピタッ」とサスペンドする調整が釣果を左右します。

 

P1190357
サイドステップ95SP。真冬のゴンザレス。

ジャークして手前でロングポーズしていたら、

真っ黒い影が浮上して来てひったくって行くのが見えた。

 

また、11.7cmのオリジナルSFモデルが重心固定で11.7cm,18.0gに対し、

95SPは9.5cm,12.5gですが、重心移動システムを搭載しているので、

オリジナルを凌ぐほどのロングキャストが可能です。

特にクリアーウォーターや寒い時期に多い強風下では、アドバンテージがあります。

また、ジャークの動作がオリジナルより軽いので、

肘や手首への負担が少ないのもありがたやです。

また、サスペンドジャークベイトは冬から春先だけではありません。

クランクやスピナーベイトへの反応が悪くなった時や、

ミノーを偏食している時、リトリーブやジャークで誘って、

止めて口を使わせられる武器となります。

秋の今時期は、ポーズ時のスローライジングでバイトが出ます。

また、特にジャークはニュートラルな状態のバスにスイッチを入れることが出来ます。

 

サイドステップ95SP告知遅れましたが、すでに発売中です。

カラーは後程、紹介します。

 

阪神タイガースに矢野さんが戻って来ました。

 

P1190356
矢野さん、金本新監督にズバズバもの申して下さい。

阪神再建はいばらの道かもしれませんが、男気出して復帰してくれてありがとう。

阪神タイガースには、性急に結果を求めず、辛抱強く応援します。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2015.10.27(火)
カテゴリー:バス釣り

大阪に帰って来ました。

昨夜、大阪に帰りました。

 

家に着いたら、ちょっぴりほっとしました。

フェイスブックのコメント見て、温かい気持ちになりました。

応援メッセージ返事できていませんが、ありがとう!

クワガタ雑誌のBE-KUWAが4冊届いたままになっていました。

4種クワガタ飼育ギネス獲得出来たということです。

さらに、夜はファンの方から頂いたBABYMETALの映像を

子供と見てたら、気持ちが少しずつ晴れて行きました。

 

作夜はベッドに横たわった瞬間に落ちました。

朝は釣り病で4時過ぎに目が覚めてしまいました。

 

IMG_4484
オールスター。凄いトーナメントでした。

勝者は一人。勝者は偉大です。

青木大介の試合展開は神の領域に達していました。

 

BassClassic2015 7DⅡ 367
今回は7日連続練習に入りました。

今まででこれだけの連続プラクティスは、初めてでした。

それだけ気合が入っていました。

「本番が終わったらぶっ倒れてもいい。」と思っていました。

でも、練習で体力使いすぎたかな?

本番でのミスは明らかな集中力の欠如でした。

 

ウエインしたバスはC-4シュリンプ4.2インチ10.5gテキサスリグで釣りました。

これをエアリーフリップ&メタニウムZPI NRCチューンに

マジックハードR20ポンドを巻いて使いました。

練習では1本も触ってなかったタックルでしたが、前日に思いついてセットしました。

 

進む減水、練習中はなかった風向き、爆風、冷え込みといった要素に対応できず、

思い込んだ場所を執拗に狙ってしまいました。

「デカバス見せたい。」その思いは空転しました。

 

10月18日1600gダブルモーション
練習で釣ったビゲスト。

ダブルモーションゼロダンをヘラクレスLTS、マジックハードR16ポンドで使いました。

ここも本番では機能しませんでした。

場所を思い込まないと釣れないのが霞水系のバスですが、

「ダメだ。」と判断したら切り捨てる勇気が必要です。

それが出来なかったですわ。

 

BassClassic2015 G7X 184
最終日の昨年にも増しての大観衆。

本当に凄いトーナメントです。

 

応援してくれた皆さん、本当にありがとう。

 

ヘラ69HLTSを
ヘラクレスLTSプロトを手に。

オークションで僕のロッドを落札していただいた方です。ロッドにサインを入れました。

 

ベビメタTを
BABYMETALのTシャツいただきました。

ありがとう!横浜のライブで会えるかな。

 

今日は久々の出社。

いろいろ決めなくてはならないことがあります。

切り替えて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません