「2011年09月09日」 のアーカイブ

2011.09.09(金)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

グリップ脱着式ロッドの話。

昨日は猛スピードかつ超集中力で

ルアマガ連載一刀両断原稿を仕上げ

そのあとで、来年のカタログのミーティング。

なんだかすぐに1年が経つのでビビりますわ。

 

今日は意外と知らないグリップ脱着式ロッドの

正しい継ぎ方について。

 


これはヘラクレスエアリーフリップ。

基本的にコンバットスティックは7フィート以上のものは

グリップ脱着式です。(テレスコピック方式もあります。)

 

修理担当のスタッフと話をしていたら

意外とロッドの継ぎ方が甘いユーザーの方が

多いという話題になりました。

継ぎ方が甘い(浅い)と集中的にそこに負荷がかかり

破損の原因になることがあります。

 

それではチェックの方法を。

 


まずフォアグリップをいっぱいまで締める。

そしてブランクスを差し込む。

 


差し込みが甘い例。

これは極端だと思われる方も多いと思いますが

実際にこの状態で使用している方も意外と多い。

これでは、抜けたり折れたりしやすくなるので注意。

アカン例です。

 

では正しい継ぎ方は。

 


スレッドのエンド部分がわかりますか。

魂ステッカーの下の部分は段になっています。

(注)魂ステッカーは非売品です。僕が貼っただけです。

このスレッドの段までしっかり差し込んでいきます。

これがEGの込み部分の基準です。

この写真は差し込み途中の例です。

 


この位置までしっかり継いで下さい。

これ以上は入らないはずです。

そして、ガイドの位置を合わせます。

これが正しいグリップ脱着式ロッドの継ぎ方です。

入るとこまで入れるのが基本ですが

超人的パワーで割れるまで入れないこと。

 

そんなこと、当たり前だと言われそうですが

使用しているうちに継ぎが甘くなったり

ガイド位置がいがむこともあるので

マメにチェックすることをおススメします。

 

 

 

今日は夕方、サトシンが来社予定。

明日はブンブン高槻店さんでイベントだからです。

 

と言う訳で昨日のサトシンです。

 


プロップマジックいきなり来たがやー。

北湖にて。カラーはステルスシャッド。

太いゴンザレスですな。

 


62cm4kgオーバーも来たがやー!

明日のイベントも皆来てちょうーよ!

 

今晩は一緒にメシかな?

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません