「2010年11月13日」 のアーカイブ

2010.11.13(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

エリート5結果&コンバットクランク180カラーチャート解説。

JBエリート5の結果が出ました。




優勝は青木大介選手。


9340g!2日間共トップウェイトの圧勝です。


おめでとう。ホンマに凄いスコアです。


2位沢村幸弘選手。7115g。


3位小森選手。4305g。


そして今江克隆選手は


4位。4156g。残念!


5位北選手。869g。




どんなドラマがあったのかは知るよしもありませんが


多分、激寒の厳しいトーナメントだったと思われます。


スコアを見ただけではどんなドラマがあったのかは


絶対に分からないのがトーナメント。




昨夜、結果を知ってから今江氏に


「お疲れさん」の電話を入れました。


新幹線の車中だったので


少ししか会話は出来ませんでしたが


凄いドラマがあったみたいです。


試合にタラレバはありませんが


試合は紙一重です。


 


選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。




 


それでは、今日はコンバットクランク180のカラーについて


菊元的解説をしたいと思います。




ちなみにルアーの撮影は僕です。





#19プリスポーンダイナマイト


ご存知、プリスポーン時期の絶対的カラー。


エバーグリーン伝統のカラーで池原では年中効く色。


濁りにも強い。





#27アユ


パールベースのナチュラルカラーの代表色。


クリアでもマッディーでも安定した結果を出してくれるカラー。


まあ、万能色ですな。





#N28ブルーバックチャートN


「N」の表示はナチュラル樹脂、ボーン素材の意味。


より浮力が高く若干アクションも大振りになる。


ブルーバックチャートはいわゆる強い色。


先発起用や濁りに応える。





#50ベイビーギル


ホログラムベースのブルーギルカラー。


琵琶湖の定番色。


少ない光でも反射光を広範囲に放つ。





#59スケルトンチャート


僕がかなり好きな色。ド濁りでは使わないが


ササ濁りからクリアーウォーターまで実績強し。


リザーバーで特に強い。





#N64ファイアークローN


レッドベースのザリガニイミテート。


春先に特に強く、プリスポーンダイナマイトより濁りに対応。


これも浮力の高いボーン素材。





#125クラウン


僕自身は春の低水温期に良く使い実績があるカラー。


クリアーでもマッディーでも安心して使える色。


ホロベースで乱反射するのも効果的。





#209ホログラムワカサギ


ホログラムベースで妖しく乱反射する一味違うワカサギカラー。


ワカサギの名が付いているが極めてベイトフィッシュライクで


腹側のラメがロールした時に色覚変化を際立たせる。





#211ゴールデンシャイナー


いわゆるキンクロですが、妖しく輝くホロベース。


キンクロは昔から反則的なカラーで曇りや雨などの


ローライトコンディションでの実績が特に強い。





#246稚ギル


透明感のあるホログラムベースのブルーギル。


クリアーウォーター、特に琵琶湖でのギルイーターの


デカバスに強い実績あり。





#255チャートダズラー


うっすらとチャートがかったパールベースカラー。


写真が下手で分かりにくいが全身にラメをまとった


シークレットカラーです。ベリーはレッド&オレンジ。





#256グローピーチ


グローベースのカラーでボーっと光るギミックを導入。


不思議と釣れる肌色ボディーにワイルドカラーのピンクバック。


チャートの代わりに使うと意外な程に効果的なカラー。





#257ダモンデシャッド


サトシンお薦め。ネーミングはふざけているみたいだが大マジで釣れるカラー。


クリアーウォーター、晴れの状況で威力を発揮。


側線上のラメが効く。ベイトライクなカラーです。





#N602ビッグバイトチャート


ド定番の釣れる色。


ブルーバックチャートN同様、強いカラーなので浮力とアクションが


大きいボーン素材を採用したのは僕のこだわりです。




以上、菊元的カラーインプレッションでした。













デカイの釣れるでー。


だもんでだもんで。(意味不明)

コメント・トラックバックは受け付けておりません