「2018年10月02日」 のアーカイブ

2018.10.02(火)
カテゴリー:バス釣り

試合再考とウイニングタックル。

昨日は霞で一泊しました。

交通の通行止め情報が疲れを倍加させたことと

ボートのメンテがあったからです。

 

マリンワークス大山の小林さんが

ABCに来てくれ、

エレキ不調などの症状を伝えました。

実はウルトレックスのスポットロック機能が

WBSジャパンオープンの前から故障していました。

試合前日はABC伊藤さんと

「ああでもないこうでもない。」

横利根川でチャージャー210を浮かべたり、

揚げたりを繰り返し、

悶えましたが結局はエレキは不調のまま。

でも、それを不運と思わず、

「浚渫はやらない。」と

割り切って試合に臨め、増水で良くなった

シャローカバーを決め打ち出来たのが、

結果的には最高だったので

何が幸いするかは分かりません。

 

IMG_9435
優勝トロフィーを見つめるミー助。

なごみますな。

 

.jpg優勝はエエな。
ジグ番長的展開が出来た試合となった。

フルサイズのカバージグではなく

コンパクトシェイプのカバージグ撃ちがメイン。

増水がシャローカバーへデカバスを導いた。

 

IMG_9426
ウイニングタックル。

カバークリーパー3.5g。

トレーラーはアントライオン3.3インチ。

ロッドはヘラクレスフォースグランディスLTS。

6フィート6インチミディアムパワー。

リールはZPI Z-PRIDE。

ラインはマジックハードR14ポンド。

 

IMG_9350
初日に勢いをつけてくれた1500フィッシュ。

カバークリーパーが仕事してくれました。

ウエインしたキロオーバーはほぼ全て

自らがプロデュースしたジグでゲット。

入れ替えフィッシュもこれでした。

自分のルアーには愛があるから

釣れるのかもしれません。

オーバーハングへ滑り込ませたり

ヘビーカバーの隙間から落とすなど

かなりハードな使い方をしました。

スモラバでは根掛かって攻められないヘビーカバーを

テキサスリグのごとく打ち込むコンパクトカバージグです。

結構えぐいところまで入れています。

思い切り合わせて抜き上げても

ビクともしない強靭なフックです。

2日目は全ての魚を抜き上げました。

疲れからかキャストは

特に2日目はヘボかったですが、

ここぞと感じたカバーへはビシバシ入りました。

思ったようなイメージで入ったら

バイトが来ました。

Z-PRIDEの最後の一伸びあっての

ここぞの集中力のおかげです。

 

実は試合前はメインに考えていたのがDゾーン。

 

IMG_9428
ウイニングルアーその2。

Dゾーン3/8ozダブルウィロー。

試合初日は北浦で2本バイトミス。

そのミスした魚の方向をバックシートの飯田君に

「あそこに投げて!」と言うと、

見事に2本ともナイスキャスト。

絵に描いたようにフォローが決まりました。

バスエネミー3.5インチバックスライドリグでした。

決して大きくなかったですが

初日は5本摂るのがやっとだったので

飯田君のナイスフォローがなければ

優勝はありませんでした。

チームプレイの極みです。

 

2日目はそれまで撃っていたのに

閃いてDゾーンのロッドに持ち替え投じた1投目でドン。

太ったキロアップ。

それが大逆転の始まりでした。

Dゾーンに持ち替えて1投目はもう一度ありました。

なんか神懸っていました。

ロッドは投げやすさ最高のフェイズウォリアー66M。

リールは古いメタマグをZPIさんにメンテしてもらって

長く使っているZPI NRCチューンモデル。

ギア比は6.2:1。

ラインはマジックハードR14ポンド。

 

もう一つの立役者。

 

IMG_9440
ゼクー(ZEAL OPTICS)ドリオ。

巾着の脇にかすかに黒い障害物を見つけさせてくれました。

そこにDゾーン通して飯田君がフォローして2本をゲットできたのも

優れた偏光グラスのおかげ。

レンズはタレックスイーズグリーン。

ローライトでもマッディーでも見える情報は貴重です。

 

IMG_9439
チャージャー210エリート。

爆荒れのプラ、ロケ、本戦2日目。

絶対的な安心感で走り抜けることが出来ました。

ダダ荒れでもまだドッカーンという衝撃を感じたことがありません。

痛くないのがたまらなくいいな。

 

実はアクシデントもありました。

試合2日目。

宿での充電のブレーカーが落ちており、

朝からクランキンバッテリーがパワー不足で

エンジン掛からなくなりました。

「なんじゃこりゃー。」と思いましたが、

エレキ用バッテリーと交換して難を逃れました。

ロスタイムになりましたが、

漂流ではなく試合が続けられる喜びが

幸運とビッグフィッシュを呼んでくれました。

上手くいく時はやっぱりポジティブですな。

 

1538303385542
最高のパートナー飯田君と。

J2霞ヶ浦年間チャンプ、JB霞ヶ浦年間チャンプは

やはり最高の勝ち運を持っていました。

ありがとう。2人の勝利です。

 

今日、大阪へ帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません