「2019年07月22日」 のアーカイブ

2019.07.22(月)
カテゴリー:バス釣り

流浪のBIGBITEロケ。

明日は梅雨明け宣言かな。

今朝の会議終えてから延々と打ち合わせしていました。

 

さて遅くなりましたが

先日のBIGBITEロケの模様。

 


雨の早明浦。

釣れますが、どデカはいずこに。

というか、カメラがいつ故障するか心配。

カメラがないとただ釣りしているだけになるからね。

 


ジャスティーン115。

カラーはフルメタル。銀ピカです。

早明浦で釣ったルアーは色々ありますが、

トップ~表層にはなかなか出ない。

 


超満水の早明浦ダム。

オーバーハングというより冠水植物だらけです。

丹念に落とせば

もっと数は釣れそうでしたがそれはやらず。

まあまあ数は釣りましたが、納得は行かず。

 

早明浦は流入量が200超えたら

出船不可となっているのですが、

翌朝起きた時点で余裕の200超え。

夜中には400を超えていたようです。

それでもディレクターはどうしても

早明浦で完結させたいようで、

流入量が減るまで待機の指示。

タックルセット全て終了してからさらに延々待機。

一瞬だけ流入量が200切りましたが、まだ待機。

やはり、すぐにまた200を超えて来ました。

これでは再び流入が減って出れても

流入量ばかり気にしながらの釣りになるので

ロクなことになりません。

「あー仕切り直しか、昨日まででロケ終了やな。」

そんな思いがよぎっていました。

 

実は行く前から結構な雨予報だったので

代替え場所を提案していました。

ただ、そこに行くのなら2時間近くかかります。

 

結局、8時半過ぎるまで待機した末、

大渡ダムへ移動することに。

判断遅すぎちゃいますのん。

大渡へは延々山越えルート。

同行の村上JINに運転頑張ってもらいました。

着いて再びタックル積んで出船したのは11時。

大渡ダムは夏水位ということで減水していました。

(減水ですが多分増水中。)

今までは満水時しか来たことなかったので

ちょっと感じが違いました。

 

一旦切れかけた気持ちを繋ぎ留め

もう一度リセット。

水辺に立って気持ちを高めました。

と言うか水見ると気持ちが高まって来ました。

 


大渡ダム上流攻撃は途中で断念。

激流、濁流で行けたとしても、操船は不可能です。

そして下る。

セオリーと直感で場所探し。

 

でも、なんとかなりました。

 


どろんこの中の流れ込み。

ちょっとでもフレッシュな水を求めた。

でも水温メチャ冷たく17度。

ファーストフィッシュ来た時はホッとしました。

 


滝がいたるところに。

ランガンです。

下流はまだ綺麗でした。

 

それからは、

 


ドキドキするゲームが楽しめました。

これはジャックハンマー1/2oz&ヘッドシェイカー5インチで

仕留めた魚。

いつもはジャックハンマーには4インチのヘッドシェイカーを

トレーラーにしますが

この時は濁りが強く存在感を強くしたいのと

デカいの釣りたい気持ちが強かったので

5インチを選択。

 

この後は展開変えて

「アー!」と言う瞬間も何度かありました。

 


さらにドキドキ。バラムビッグバイトチャート。

大渡ダムもイレギュラーな状態ですが

自分なりの一からのバス探しは楽しかった。

最後は集中力マキシムザホルモンでしたワ。

早明浦が出来なくなって行った大渡ダムでしたが

こちらの方が遥かに面白かった。

短時間ですが集中出来ました。

 

次回BIGBITEオンエアをお楽しみに!

 

こちらは昨日の琵琶湖。八田真宏。

 


リブレカップ優勝!3本7470g。ロクマル4150gゲット。

ロクマルはプロフェッショナルフットボールジグ1/2oz。

カラーはレジェンドブラウン。

トレーラーはキッカーバグ3.5インチグリパンBKでゲット。

ロッドはヘラクレス69H LTS。

ラインはマジックハードR16ポンド。

他の魚はバスエネミースティック5インチノーシンカーで。

カラーはナチュラルシャッド。

ロッドはヘラクレス67MH LTS。

ラインはマジックハードR14ポンドです。

八田君、亀山でも琵琶湖でもデカいの釣ります。

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません