「2010年09月25日」 のアーカイブ

2010.09.25(土)
カテゴリー:バス釣り

ルアーマガジン11月号。

昨日、オールスター出場を発表して


忘れていたわけではないですが、


ルアーマガジン最新号の表紙は僕でした。


是非、買って見て下さい。





スピニングでもデカイの釣ります。




今は、ロケ当日からはウソのように涼しくなりましたが


グラビアでは、クリアーウォーターのサイト&フィネスのキモ


良く分かる内容になっています。


涼しい秋でも充分通用します。







ロケの前日、夕方に着いたのでちょい釣り。


夕暮れのティンバーフラッシュ。マットアユ!!


使うと必ず魚を連れて来てくれる魔力を持っています。


典型的な、フィーディングスポットで予告釣りでした。





しゃがんで、ボイルを待つ。


クリアーで浅いところではビッグベイトやトップなど強いルアーは


投げすぎは厳禁です。魚が上がってこなくなります。


「待つ」ことも重要なテクニックです。


また高いところから観察するとバスの行動も良く理解出来ます。





シャワーブローズでボイル直撃!


この釣法を僕は突きん棒漁法と呼んでいます。


シャワーブローズは超と言ってもいい遠投性能が


あるので遠くのボイルでもラクラク届きます。


ちなみにロッドはブルーマイスター。


ラインはフロロのマジックハードR16lb


僕は使っています。





取材を決定着けた54cm。


プアーな超シャローのサイトフィッシングで決めた。




ロケ日は、ボトムに群れるカマツカを狙っていたようなので、


ルアーはバスの進行方向の遥か上流にキャストしボトムにロングステイ。


プレゼンテーションのやり方などはルアマガ本誌で。




タックルはロッドが福島健プロデュースの61UL-ST「ソリッドセンサー」。


リールはオーパス1ネロ。ラインはマジックハードR4lb


ルアーはヴェイン5.5インチ1/16ozネコリグでした。




このあとも次々と同タックルでナイスなバスを仕留め取材は大成功でした。


ソリッドセンサーはヘラクレス初のソリッドティップのスピニングです。


流れの強い瀬でも50アップを止められる


ULとは思えないバットパワーを持っていました。


また、かなりヤバイフッキング状態でも


1尾もバラさずランディング出来た。


感度もソリッドティップと思えぬ程高く、


スモール専用の軟いソリッドではなく


ラージの大物を仕留めるソリッドスピニングだと


確信出来ました。


このロッド無茶苦茶イイです。


こだわりの職人福島はスピニング創りの天才かも!




また、最終日は更なる減水でバックウォーターのバスの数も


減少し、いても更に天才君に磨きがかかっていた。


5.5インチのヴェインネコも激無視になって


取り出したのがプロトの12インチヴェイン。


これをビッグバイトフィネス3/0にセットし


ブルーマイスターにリグる。


すると、なんと一発でバスが反応した。





12インチに異常反応。


この後も、3本程バイトするが無念のすっぽ抜け。


ロングワームはフッキングが難しいです。




また、グラビアには載ってないが


オネスティーのフックをワンズバグのもの(リアは羽付き)に


換え、さらにノーアクションにしたものを


見えバスの上流にキャストして巻いてくると


1投目でバイト!でも乗らず!や


表紙の魚より遥かにデカイ見えバスが猛チェイスするも


バスの位置の関係で引く距離が足らず惜しくもUターン


なんてこともあり、このシーバスミノーの可能性の高さも


再認識することが出来た。





オネスティーフェザーフックチューン。


流れにアップクロスに投げてUターンする軌道で引いてきます。


皆さんも是非、オネスティーをクリアーウォーターの天才君に試してみて下さい。




まあ、暑かったけど楽しい取材でした。

コメント・トラックバックは受け付けておりません