「2010年08月20日」 のアーカイブ

2010.08.20(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

キッカーフロッグ便り。フロム USA。

アメリカのプロスタッフ、ジョン モローからメールが来ました。




最近のキッカーフロッグを使った感想です。




真夏のアリゾナのレイクハバスで試したところ、


17~8発出て、12発乗せたと書いてありました。


 


 


驚異のフッキング率です。




ジョンは、今までのフロッグで一番、気に入ったようです。


動かしやすさもそうですが


何よりもそのフッキングに感動してました。


最大で3ポンドハーフ位だったらしいです。




ただ、フックがアメリカのものより細いので


強度的な面で少し心配したが


問題も無く使い続けられたと言ってました。




ジョンいわく、「腹側にキールが入ったことで堅くなり、


逆に背中側が柔らかいことが、フッキングの良さに繋がる。」


と力説してましたが、


その辺のことは、設計時より計算済み。


僕の思惑通りです。





このベリーキールデザインがキモ。




もう一つ言うと吸い込みやすいボディー形状も


フッキング率の高さに繋がります。




アメリカでは、フロッグはバリバリのトーナメントルアーです。


しばしば、ウイニングルアーになるほどです。


いつの日か、キッカーフロッグがアメリカでウイニングルアーに


輝いてほしいものです。




ところで、アリゾナのレイクハバスは真夏の今頃だと


少なくとも45度以上は気温があるはずです。


下手をすれば、50度近くあるかも?




ジョンも熱中症には、くれぐれも気をつけてほしいものです。




それと、釣った写真も送ってほしいものです。




ジョンの写真が無いので、僕の写真でも載せときます。





BASS World 取材時。旧吉野川にて。


この取材が出る号は8月25日前後に発売予定です。


是非、見て下さい。




全く関係ないけど、U-2のカスタムインソールです。





これは、菊元専用カスタムモデル。


僕は普段用とボート乗船時用の2種類を作ってもらいました。


姿勢を正し、安定感が増します。




オジイ化が進むと、いろいろ武装が必要になってきます。




先日紹介したフィードバックディスクも、かなり肩痛には有効でした。


先のバスワールド釣行でも、1日中フロッグをトウィッチしたにも関わらず


全く痛みを感じませんでした。




ヒジ痛のサル番長も導入を決定しました。







コメント・トラックバックは受け付けておりません