「ルアー」 のアーカイブ

2010.03.08(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

総長来社!

今日は午後から、総長こと沖田護が来社する予定です。


彼はTBCトーナメントのつわもので、利根川をホームグランドに


しているんですが、かねてから僕と一緒に関西で釣りをしたいと


いう希望が叶って、わざわざ大阪へ来ることになったのです。





いかつくゴッツイが気は優しい沖田プロ。


ワルモノ顔だが、力持ち。(意味不明)




ただ、心配なのは、わざわざ関東から来るのだから、


いい釣りをさせて(見せて)


やりたいが、先週までの暖かさから打って変わって


激サムになったこと。


春先の三寒四温というが、


なかなかいいタイミングには当たりませんなー。


でも、日程は変えられないので、今日の夕方、一緒に出発します。


冷たい雨は嫌だけど、まあ、なんとかなるでしょう。





関係ないけどキャスティングジグです。


春先の(いつもか!?)自信ルアーです。




それと、手紙をくれた新潟のAさん、ありがとう。


気持ちはよくわかるけど


それだけは簡単にあげられないです。ごめんね。


でも、めげずに応援はしてくださいね。




今から、総長を空港に迎えに行ってきて、そのまま出撃です。


では、またね。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.07(日)

池原爆発!そしてビッグローブ取材動画公開。

先日、サタン島田から、池原ダム大爆発の一報が入った。


3月4日、暖かい雨の日の出来事です。シマダは相変わらず鼻が利くというか、


いいタイミングで釣りにいきますなー。


コンバットクランク320を中心に使い、55cmと51cm他に40cmアップ20本!


最大魚はハドルストンをアクテオンマグナムで使って釣ったそうだが、


7割以上のバスはコンバットクランク320で仕留めた。


濁りがかなり入っているようで、クランクがプロダクティブになったようだ。





コンバット320やりました!フンガー島田です。

ロッドはフォースグランディス7です。


 




カラーはプリスポーンダイナマイト!


春先に絶対的な威力を発揮!濁りにも強い!




それにしても、最近のコンバットクランクの爆発力は恐ろしい!


250、320共に激釣れです。




僕もたまらなくなってきたので、来週から釣りに出ます。


そのためには段取りが大変です。


一足早く、ルアマガの一刀両断の原稿を早めに仕上げました。


確定申告も急がんといかんし、クワガタの世話もしないとアカンし


ニュースピニングの名前も決めんといかんし、なかなか忙しいです。




それと、忘れていましたが、横浜のフィッシングショーで受けた


ビッグローブの取材が動画で公開されています。





いろんなルアーやロッドの解説をしました。


主に新製品について語りました。





ヘラクレスフォースグランディス7を熱く語ります。




この動画は以下で公開されています。

是非、見てください。


↓のバナーをクリックするとBiglobeストリーム様のWEBサイトへ移動します。


コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.06(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

琵琶湖でドン!コンバットクランク250。

昨日の池原情報に続き、

今日は琵琶湖情報です。

コンバットクランク250で

バスキャッチ店長の石井君が釣りまくってます。

2月26日の彼の釣果です。





始めはSRミニでナイスフィッシュ。





真打コンバットクランク250で。63cm!

赤ノ井のシャローです。


注目すべきは石井店長はクランキンロッドとして

ヘラクレス下野流C68L/MHを使用していることです。

本来はアフターの吸い込みの浅いデカバスを

ライトテキサスで獲る為に開発されたロッドですが、

ベイトネコやヘビダンあるいはメタルジグにも適合することが

発覚しつつあったのですが、彼は素直に入るティップセクションと

強靭なバットセクションがクランキングにも絶対いいはず!と

初めて持った瞬間に確信したそうです。

やりますな。店長!

ちなみにSRミニもこのC68L/MHで使ったそうです。

ロッドへのフレシキブルな考え方は時に凄い性能と結果を導きますなー。





コンバットクランク250!パンキンシードカラー!

丸飲みの63cm、4300g。


池原もそうですが、クランクが爆発し出しています。

コンバットクランク250の快進撃は続きます。

この後日も彼の店の女性店員さんが同コンバットクランク250の

プリスポーンダイナマイトカラーで50UPを2本。


3月4日もまた店長石井が250で57cmと50アップ!

同船のお客さんも250で50アップ!

琵琶湖は今、コンバットクランク250祭りに突入した模様です。 





昨日は琵琶湖でガイドをしている大西健太が遊びにきました。




サトシンも頑張りやー。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.05(金)

池原ダム情報。

今日は、久々に英語のレッスンに来た。


「最低でも週イチで来ないと上達しないですよ。」と


アドバイスを受けているにもかかわらず、


忙しさにかまけて、また間か空いてしまい


メロメロでございます。しどろもどろです。


イカーン!もっと真面目に勉強しなければ!


7月にアメリカに行かなければならないので


焦り気味です。





ファンキーティーチャーのDANです。


家族を連れて、大阪のフィッシングショーにも来てくれました。


おまけに彼の息子はクワガタ、カブトが好きなので話が合います。


ちなみに先生は毎回かわります。マンツーマンのレッスンです。





アメリカの釣りはええのう。


ちゃんと釣りをするためにも、英語は頑張らないと・・・。




ところで、池原のクランキングマスターこと狐坂君から、


2月27日の釣果報告が来た。


濁った水域をコンバットクランク320と250を使い分けて、


50アップ2本を含む4本をゲット。他にもドロップショットで45cm。


なかなかイイ釣りが出来たようです。





コンバットクランク320に来た51cm。2kgオーバーです。


他に43cmも。白川筋で。





56.5cm!2740g!コンバットクランク250で。


コサカはプリスポーンダイナマイトカラーが大好きです。


前鬼筋で。このほかにももう1匹キャッチ。





フンガー持ちです。エエバスです。


メガ飛びのコンバットクランクが威力を発揮!




タックルはロッドがタクティクス エクスプローラー。


ラインはバスザイル マジックハードR16lbです。




この模様はまた、エバーグリーンのホームページの


プロスタッフニュースで


詳しくレポートされますので、そちらもよろしく!




春はもうそこまで来ています。




池原はエエですな。僕も早く釣りに行きたいです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.03(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

一刀両断そしてスラッグシャッド!

昨日、「一刀両断」最新DVD編集の最終チェックに行って来た。


陸っぱりオンリーの総集編だが、かなりイイ出来に仕上がっていた。


ディレクターのキリギリマン、頑張ったなー! 


今日、ナレーション入れです。


いよいよ発売が近づいて来ました。





いつになく真剣な表情のキリギリマン。やる時はやります





タイトルは「陸っぱり免許皆伝 The Best Selection !」





パッケージデザインはもう完成しました。わ、若い!




ラバージグとビッグベイトに的を絞ったビッグバスとハウツーが満載!





野池での撮りおろし映像。SRミニで入れ喰い!





これも、撮りおろし映像。ポッパーフロッグで魚雷がドン!




総集編では、ジグ番長、ビッグベイト番長の歴史と


不変のテクニックが文句なく楽しく学べる!


初期プロトのプラスティック版のティンバーフラッシュや


結局、発売されなかったサイズのジョインテッドクロー初期プロトも


出てきて、なかなか興味深いです。


でも、ジグはCCラウンドとキャスティングジグです。


イイものはずっとイイってことです。


間もなく発売です!お楽しみに!




それと、宇宙人(本名スラッグシャッド)いよいよ発売です!





パッケージはこんな感じです。


2本入り。クセがつかないようにブリスターパックに入ってます。





カラーチャート。全8色です。




ヨコヨコに泳ぐサイドスライドリグにセッティングするには、


アクティブのミサイルシンカートーナメントというネイルシンカー


1/11ozを基準に挿入。


(腹側の頭側にネイルシンカーを収めるフックホールがあります。)


フックはデコイのカバーフィネスという僕がデザインしたガード付きのフックを


膨らんだ長楕円の真ん中くらいに外から内のスリットに向けてセットします。


サイズは2/0です。


こんな感じです。


横から見たセット例。フックはカバーフィネス2/0。




左目の側に刺すと左へ泳いでいきます。







上から。フックは外から内へ。スリットを縫わないこと。




このスリットを上から下まで貫通させたことで、水を吸い込み、


大きく吐き出す他に類を見ない波動、と水押しを実現させた。


それに加え、同時に宇宙ハンドがピリピリ震え、


「ピリッピリのボワンボワン」という摩訶不思議なアクションを生み出した。




注意すべきは必ずガード付きのフックを使用すること。


そうしないと着水のショックなどで、自己フッキングし、正しく泳がなくなります。


あと、極力ルアーをロストしたくないという思いで、スラッグシャッドは


粘り気のあるエラストマー素材で作りました。1匹や2匹釣ったくらいでは


飛んでいかないので、環境に優しく、なおかつオトクです。


フックを刺した穴が広がってきたら、


瞬間接着剤を1滴落とせば、より長持ちします。





伸びーる。エラストマー素材。丈夫で千切れにくいです。




でも、あほみたいに引っ張りすぎると千切れるので注意!


また、エラストマー素材は他のワームやルアーと一緒に保管しないこと。


溶けてグチャグチャになります。




使い方は小刻みなシェィキングリトリーブが基本。


タックルは基本的にベイトタックルになります。


ロッドはヘラクレス エアレギウスが絶対のお薦め。


ラインはマジックハードR10lbを僕は使っています。


この釣り方では、僕は右手でアクションをつけ、


レフトハンドルリールを使います。




スラッグシャッド!釣れるよー!







コメント・トラックバックは受け付けておりません