1 2 3 4 5 6 91

「ルアー」 のアーカイブ

2020.07.17(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

ジャックハンマー炸裂の大渡ダムロケ。

約1年ぶりに高知県大渡ダムに行って来ました。

大雨だったら出船不可になる可能性があったので

ロケを1日ずらしました。

 


ダムはやはり前日の雨で激濁り。

でも上流から徐々に濁りがとれかけてる感じ。

ただ、水温はこのところの雨の多さで多分かなり低下。

スロープがある下流で朝は17.9℃。

上流で16℃台でした。

当初の作戦は綺麗な水が流れ込むインレットランガンでした。

 

朝一はインレットをバラムでまずはご挨拶。

 

留守でした。

 

結果的にバラムは結構投げましたが、水温低下と濁りの影響で

ロケ中は2回キスバイトがあったのみでした。

フォローの12インチボウワームネコリグを

インレットにキャストすると「ツン!」と明確にバイトを感じ、

しばらく走らせてからあわせると

オライオンムーンゲイザーが大きくしなました。

「デカい!」という間もなくバラシてしまいました。

充分に送り込んだけど、口の中にワームが入り切っていなかった。

その後、またも12ボウで釣るも小さい。

 

結果的にこのロケで一番機能したのは

ジャックハンマー&バスエネミースティックでした。

 


今回のロケのMVPはジャックハンマー!

この魚は唯一クリアな水が流れ込むインレットのマッドラインの濁った側で

釣ったので黒っぽい体色をしています。

実はクリアの場所で数本バスが見えましたが

逃げられてしまいました。

この魚は多分、ボートのプレッシャーで濁った側へ下った魚と推測しました。

 

ジャックハンマーは1/2oz#39パールホワイト。

トレーラーはバスエネミースティック5インチ#95シラウオ。

トレーラーは最近、ヘッドシェイカー4インチを

付けることが多かったのですが、

エネミースティックの方がリーリングの瞬間的スピードアップや

ロッドを煽ることでイラティックアクション(いわゆるチドる動き)が

出しやすいという理由でこれを選びました。

 


この次のキャストで連続ヒット。

ちょっと小型化しましたがこれもブリブリ。

 


一か所だけクリアな水が入るインレット。

見えバスはチェイスのみで釣れたのは

マッドライン下流の濁ったストレッチ。

 


ジャックハンマー。選んだカラーは白。

濁っていて魚が発見しやすいカラーは黒なので

ブラック&ブルーで行くかパールホワイトで行くか

迷いましたが、ベイトフィッシュは白っぽいので

シルバーブレードでフラッシュして子魚っぽく見える

パールホワイトを選びました。

また濁りが白っぽかったので水色にも合わせました。

喰って来る魚のバイトが激しく強いものだったので

カラーコンビネーションは以後、これで通しました。

 


ジャックハンマー&バスエネミースティックフィッシュ。

太っといベイト喰ってるバスが次々とストライク。

でも、明らかに地合いはありました。

気合入れるためにトーナメントシャツをロケで久々に着ました。

 

この日の最大の収穫はプロトのオライオン67Mのテストが完結したこと。

撃ちものにはいいのは分かっていましたが、

巻き物のビシバシに低弾道で決まるキャストはやはり

とんでもなく凄かった。

リズムが出て来るとスーパーキャストの連続。

フォアハンドは勿論、バックハンド、

バックハンドサークルキャスト、スキッピングもバシバシです。

僕は右利き右投げが基本ですが

左手のキャストもバッチリ決まり続けました。

フッキングを高確率で決める性能も釣り込むことで結果が出て

十二分に満足。遂に合格を出しました。

池原ではラウドバズでも出たバスを全て獲れていますし、

この日も7バイト6フィッシュ。

ちなみに全て抜き上げました。

67Mは名称もイメージイラストも決定しています。

 


インレットランガン作戦は成功しました。

記憶があいまいですが多分9本のバスをゲットしました。

スーパーな奴は獲れませんでしたが

激濁りの中、太いナイスコンディションを複数ゲットできたので

まあまあ満足です。

 

バックウォーターは流れが太く強すぎで

おまけにとんでもなく大きな岩が点在しているため

ドン付きは危なすぎて行けませんでした。

途中のマンメイドでバラムに何度も反応し

キスバイトした奴はおりましたが

キャッチには至りませんでした。

そこだけがちょっと悔しい部分でした。

でも結果的にThe Hitのロケは大成功に終わりました。

 

ロケ宿泊地は大渡ダムまで1時間弱かかるため

ロケ日は朝2時過ぎに起床。

ロケ終了して片付けて夜7時過ぎ。

それから高知の宿に着いたのは9時前。

迎えに来てくれた現地人と晩飯に。

それから晩飯行って宿に帰ったら意識を失いました。

 

次の日は、ゆるゆる徳島旧吉野川へ。

実は徳島EGモニターの大黒さんと出発前に電話していて

「ロケ終わったら旧吉行くかも。」と言っていました。

でも、あまりにもしんどかったのでキャンセルしようと電話したら

大黒さんはなんと仕事休んで楽しみに待っていました。

なので、これはキャンセルできないなと旧吉野川へ。

昼過ぎに合流。コンビニで昼飯。

大黒さんの知り合いでオライオンに興味あるアングラーが

僕が来ると聞いて待ってくれていたので、

僕のタックルを持ってもらって

試投などを行ってもらう。

多分、かなりビックリしてくれ感激してもらえたと思う。

その後は出船。

 


大黒さんと2時ごろスタート。

オライオン各機種、プロトも含め使ってもらいました。

僕は最初はバックシートで見てるだけー。

大黒さんは緊張してましたが、オライオンの凄さにビビッていました。

とりあえず持ってきたオライオン全機種試してもらいました。

 

その後は僕もちょこっとロッド握り、

キャスト動画などを撮影してもらいました。

動画はかなりいい感じなので

またタイミング見て発表します。多分。

 

旧吉野川も結構な濁り。

潮回りがアカンタイミングも重なり、

全然釣れません。

最後の方は意地になりましたが、

何のアタリもなし。

結局6時過ぎまで釣りしてしまいました。

 

ボート置きに行って、

自宅に帰ったら、ダウンタウンDXで山下健二郎クンが

僕の物まねや関和、福島健の紹介などをしてくれていました。

有名人がTVなどでバス釣りを大好きと公言してくれることは

めちゃ嬉しいことですね。

 


大好きなBABYMETALのブルーレイ&CD、写真集付きセットも着弾。

いい日になりました。

でもあまりに眠かったので、後の楽しみとして

眠ってしまいました。

「私は眠る。鳥のように。」

 

来週も月曜日にはBIGBITEロケ出発。

明日、明後日で準備します。

まあまあハードデイが続きますが、

気持ちを張っているので

今のところは元気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.06.28(日)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

池原テスト釣行。

おはようございます。

今朝も早起きです。

今日も出撃するからです。

夜半から今朝にかけて結構な雨が降りました。

今日の池原、爆発しそうです。

 

ここからは先日2日間の池原ダム釣行報告続きです。

この時は雨パワーなく、どタフでした。

 

初日は朝ゆっくり10時過ぎにスタート。

水位は前に来た時より上昇。

蒸し蒸しして暑い日でした。

水温は高いところで26℃台と上昇。

まずはバラム245とオライオンブラックローズの相性テスト。

スーパー凄いとしか言えない印象。

でも魚の活性は全然アカン感じでした。

全然、チェイスなしで時間経過。

流木溜まりをウンウン唸りながら、

手で流木をかき分けて水位が増した白川上流へ。

ところが魚はド天才。

 


初日のボウワーム12インチフィッシュ。

1/16ozのネコリグです。

ロッドはオライオンムーンゲイザー。

フックはデコイカバーフィネスHD#2/0.

ラインはマジックハードR16ポンド。

見えバスはすべからくスプーキーで、

このバスも浅い瀬から逃げるのが見えました。

逃げた方向へキャストして放置していたら「コン!」

風で水面が並みだったことが助けになりました。

充分送り込んでからフッキングしました。

ムーンゲイザーの規格外のパワーで

グイグイ強引に寄せて抜き上げ。

 

他の魚はオライオンプロトスピニングで数本釣りましたが

どれも小さいので写真も撮らず。

初日はとても厳しい日となりました。

増水はしていますがカレントの勢いがないのがダメな要因です。

 

明けて2日目。気合を入れて超早起き。

白川大橋へ。

バラム245不発。

またまた流木をハアハア言いながらかき分けて

上流へ。

流木抜けるまで約20分の重労働でしたわ。

さらにバラムはチェイスもなし。

「これはアカン!」と釣りを切り替え、

スピニングテストへ移行。

上流へと向かいます。

バスはちらほら見えますがほとんどがボートに怯えて

下って来る魚。

見つける前に気付かれています。

でも浅瀬に逃げずに乗っている魚もいました。

 


C-4ジグ2.2g&ビビッドテール。

魚の頭向いている方向と逆に5mくらい離して着水させました。

飛んでいるルアーを見せないためです。

しばらくすると着水音(もしくは波紋)を気にして

反転して頭をルアーに向けたので

そのまま放置。

「ピッ!」とショートジャークを入れると

距離を詰めてそのままバイトしてくれました。

プロトオライオンにはリニアな操作感を求めているので

そのままの動作がきちんと出来たのが嬉しかった。

 


瀬にボート固定して狙うの図。

エレキ踏んだだけで逃げる難敵対策。

この日は突然雨降ってレインギア着たら止む。

脱いだらまた雨降るを2回ほど繰り返しのあるある。

雨パワー全くなしなのに蒸し蒸しで汗だくでした。

 

バックォータードン付きにはバスいましたが

ウエイクマジックに寸止めで

またまた川を下ります。

 

ウッドチップのゴミ溜まりには沢山のバスがいました。

 


C-4ジグ2.2g&ビビッドテール。

これもサイトで。長いですがガリクソンさん。

何度も寸止めやキスバイトに悩まされながら

やっと来た。

ただ、アカン傾向として丸々太ったバスではなく

喰うのは痩せたポストスポーナーのみ。

「なんか間違えてるのかな?」と思いだしました。

 

ここから釣り方を変えました。

ルアーはラストエース80Fの自作ジグヘッドリグ。

0.4gちょっとのカミつぶしをデコイリマリック#2に付けたもの。

ルアーキーパーが無いので

アロンアルファで2か所を固定。

以後、魚釣っても全くズレなかった。

以後、超スローなミドストへ移行。

 

すぐに来ました。

 


一撃でした。ラストエース80F。

小さいですが太ったバス。

ラインはマジックハードR4ポンドですが

ラインを異常に嫌がっていたので3ポンドの方が良かったかも。

 


連発!ラストエース80F。

サイズアップしました。

 

その後は、同じルアー釣り方で。

白川を下り、立ち木トップを攻めると

でっかいのがハムっとしましたが喰いミス。

以後、立ち木を回る。

 



小さな幸せ沢山。

プロトスピニングにはシェイキングリトリーブの正確なリズムの刻みと

遠投性を求めています。

どちらも今のところイメージ通りに出来ているので

後はバカデカイ魚掛けるだけでしたが

今回はそれはかなわずでした。

でも、タフだったからこそ切り替えて

ロッドテストに集中出来たことは良かった池原釣行でした。

久々にスピニング長く握り、いいテストが出来ました。

同行で撮影協力してくれた

森口君、むらっちありがとう。

 

今日は短時間勝負で出かけて来ます。

もうじき家を出ます。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.06.27(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

オライオンブラックローズ&バラム245インプレ。

昨夜、池原ダムから帰って来ました。

テスト釣行でした。

 

初日は朝、ゆっくり出撃。

 


いきなり蒸し蒸しで暑かったです。

この前きたときよりかなり増水していました。

雨による流入の勢いを期待しましたが

たまに雨が降ったのみ。

水温は26.5℃まで上昇してました。

初日は歌手の森口君と同船。

 

テスト目的の一つはこれ。

 


バラム245とオライオンブラックローズの相性テスト。

やっと自分のカラーが出来た来たので、

遅ればせながら試す気持ちになりました。

サタンオジサンが絶賛しているので、

まず間違いない組み合わせですが、

自分で体験して納得したかった。

今回はバラムに出る感じが全然ないと感じるコンディションでしたが

テストなので無理矢理やっていました。

チェイスからエイトトラップに持ち込むことだけで

結果的には釣れませんでしたが、

以下にインプレッションを記します。

1.超軽い!

バラム300とアクテオンマグナムEXのセッティングと較べると

半分くらいに感じてしまうほど軽い!

リールは同じアンタレスDCMDXGです。

ラインも同じバスザイルフレックスハードHD25ポンド。

「片手で投げられるのでは?」と

勘違いしてしまうほどです。

2.メチャ飛ぶ。

振り切りが早く、楽に出来るためブッ飛んで行きます。

またブラックローズは7フィート1インチレングスなので

低弾道でのキャストが可能となり、オーバーハング(今回はなかった)に

撃ち込むのも楽そうです。

3.エイトトラップがめちゃ楽!

バラム300のエイトトラップは「魚が喰う!」と

興奮してアドレナリンが出ているので出来ること。

相当な体への負担がありましたが、

ブラックローズでは

ルアーもロッドも軽いのでメチャクチャ楽に出来ました。

グリップエンドから重心がかかるリールまでの距離が短いため

手首や腕に掛かる負担が非常に少ない。

 

これは麻薬的な組み合わせでした。

アカン!ほんまにあきませんわ!

こんなに楽を覚えたら

バラム300を一日中、アクテオンマグナムEXで振り回すことが

しんどく感じてしまいます。

と言うわけで自分を律するために

今回釣行はアクテオンマグナムEXと300の組み合わせに途中から

戻したほどです。

 

打撃系ヘビーロッドとして作ったオライオンブラックローズでしたが

バラム245や他のビッグベイトなどにもかなりイケてることを確信しました。

出来ることなら至近距離でのフッキングの良さを実感したかったけれど

それは島田が太鼓判押しています。

僕は次回に実感したいな。

 

今回の池原はタフだったのでオライオンスピニングのテストに

時間を掛けられました。

 


ラストエース80F自作ジグヘッドリグで釣った魚。

いいテストが出来ました。

 

池原テスト釣行の続きはまた後程レポートします。

お楽しみに!

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.06.14(日)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

シャワーブローズ77.7.

昨日はデスクワーク後、自宅でタックルいじり。

この前のロケが雨だったため、

タックルボックスに侵入した水で

フックが錆びたらかなりダメージ受けるため

ボックスからルアー出して乾燥作業。

あとは、バラムのフック交換、ライン巻き替えなど。

明日は出社して新兵器ゲットしたらまたまた出撃予定です。

 

ところで、もうすぐシャワーブローズ77.7がデリバリー開始になります。

通称トリプルセブン。

ベイトフィッシュが小さい時やタフコンディションに対応するモデルです。

勿論、小さくても激飛びです。

 


オリジナルサイズとの比較。

トリプルセブンは77.7mm,9.3g。

ダウンサイジングしても

スプラッシングを伴ったドッグウォークは容易に出来ます。

可愛くて釣れる奴。

 

それではカラーを紹介します。

 

 


#27アユ

この前見たアユボールのちょい大きめのアユと同じくらいのサイズです。

マッチザベイトでボイル撃ちしたい。

 


#50ベイビーギル

ベイビーギルは人気色。トップで良く釣れる色。

 


#59スケルトンチャート

菊元溺愛カラースケルトンチャート。

視認性良く、濁っていてもクリアでも。

 


#239ブルーバックへリング

ベイトフィッシュライクなカラー。チャートの側線が効きます。

 


#244エメラルドシャイナー

オリジナルでも良く釣れるカラーです。

側線のラメがおしゃれです。

 


#260モリゾーボーン

ボーンカラーはトップの定番。

アメリカでは超人気カラーです。

 


#379フラッシュシルバーシャッド

フラッシングプレート入りでドッグウォークで色覚変化。

 


#380チャートシャッド

白のトップは基本色。チャートのアクセント効いてます。

 


#383ネオンワカサギ

メチャ美しいワカサギ。ザ日本のベイトフィッシュという感じです。

このカラーいい。

 


#385ブルーバックフラッシュ

晴天時などに効くカラー。

フラッシングプレート入りです。

 


#619ブラックボーン

菊元溺愛カラー。この色はバスが下から見上げた時に

良く見えるため喰いミス少ないアドバンテージがあります。

クリアーウォーターでも全然OK。というかむしろ釣れる色。

 

シャワーブローズ777発売をお楽しみに!

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.02.05(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

売り出しです。

昨日からグループ企業の中央漁具(問屋さん)の売り出し。

 

沢山のメーカーさんと小売り業のお客様が来てくれました。

言わば業者さん向けのアナザーフィッシングショーです。

サタン島田や藤木淳、吉田秀雄、福島健なども来てました。

 


僕も何度か現場へ。

後ろは敏腕営業マンの長谷川君と最近入社の関東営業担当の大久保君。

僕はなんちゃって売り子DEATH!

でも説明する時は当たり前ですが大真面目。

 

バスルアーでの展示物は、百花繚乱。

 


バスエネミースティック4インチリバースカラー。

ツノを1~2mm残してカットしてリグする

むらっち刺しに対応するための上下逆セッティング対応カラー。

2月下旬デリバリー予定。

 

MoDoからは、

 


ピッコロダイブシャロー。

4.0cm,6.4g。標準潜行レンジ0.7~1.0m。

清水盛三の自信。

4月下旬デリバリー予定。

 

FACTからヤバい奴。

 


ラストエース80F。

エラストマー製フローティングモデル。

動画を僕のファンページでもアップしたので見て下さい。

4月下旬デリバリー予定。

 

菊元プロデュースニュークランクは、

 


ベルカント。

63mm,10.0g。標準潜行レンジ1.0~1.4m。

ワカサギやイナッコなどの細身のベイトフィッシュを意識した

スリムシェイプのクランクベイトです。

ハイピッチロールのヌメヌメナチュラルアクション。

あらゆるリトリーブスピードに対応。

超早巻きOKのノンラトルクランクです。

ホントのこと言うと昨年10月に予定されていた

バサーオールスターで秘密の武器として使おうと思ってました。

 


ベルカントは5月デリバリー予定。

 

MoDoからはさらに、

 


シャワーブローズ777(トリプルセブン)。

これはアカン!このサイズのブローズは反則やわー。

誰にでもかんたんにドッグウォーク。

さらにメチャ飛び。

77.7mm,9.3g。

5月デリバリー予定です。

 

僕はまだ受注受付していない段階ですが

オライオン展示したので解説などをちょこちょこと。

 


コンバットスティックオライオン。

先行発表の打撃系4本。

業者さんに実際に触っていただきました。

皆さんはフィッシングショーOSAKAで実際に

見て触れて感じて下さい。

これ使ったらもう後戻り出来ないロッドです。

 


 

ゼクー(ZEAL OPTICS)にて。

ニューモデルを何種類か試しかけ。

今日は時間見て新しいモデル選びます。

 

今日も引き続き売り出しでーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 91