1 2 3 4 5 6 97

「ルアー」 のアーカイブ

2022.06.17(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

日吉ダムロケ。

ザヒット日吉ダムロケ報告です。

 

朝はレンタルのお客さんやマイボート昇降のお客さんが

出船するのを待ってのゆっくりスタート。

この日はいつもよりボート多かったです。

 

朝のインタビュー。朝は小雨でした。

 

水温は18.6℃と思っていたよりずっと低め。

前日の雨と気温が低かったことも影響したかも。

下流から徐々に流しながら上流方向へ。

朝の内は雨が少し残り、風もあって巻物展開。

撃つルアーには手を付けず。

巻きながら流して行って地形変化で

ワイルドハンチ8フッターでいいサイズが来ましたが、

抜き上げでやらかしてポロリとフックオフ。

ちょっと強引過ぎたと反省。

 

その後、先行の2艇が結構粘っていた夢の懸け橋橋脚へ。

先行者が去ってから15分くらいしか経ってないけど

バラムから入りました。

右手を痛めているのでバラムは自重しようと思っていましたが

我慢出来ずににスローンを握っていました。

いきなり数本でチェイス。

すかさずエイトトラップに入りますが、

見切られてしまいました。

エイトトラップやっぱり右手痛すぎで以後は自重。

 

その後、橋脚周辺のバンクで

シャローを向いてエサを物色している気配のバスがいたので

ボウワームヌードル8インチで狙う。

リグはノーシンカーワッキー。

ゆっくり落としてしばし放置。

「ピッ!」とロッドで素早くリアクションかけると

「コン!」「グーン」という感触をブラックガーディアンが捉えた。

見えてたバスではなく下のレンジにいたバスが喰った。

 

手にしたのは54cmのポストスポーナー。

かなりのファイトを見せました。

 

ボウワームヌードル深いフッキング。

細身のヌードルは通常のロングワームのようにアタリから送らなくても

一瞬で吸い込むことが多い。

僕はバイト感じたら送らずアワセ入れます。

 

ボウワームヌードルノーシンカーワッキー。

カラーはフジイロミミズ。

フックはDECOYボディフック#4。

フックはハチマキの最後部から刺しています。

メインラインは沈むP.E.サンラインDブレイド0.6号。

リーダーはバスザイルマジックハードR6ポンドです。

それにしてもボウワームヌードル各地で釣れまくりです。

バスの本能を刺激するというか、喰うツボ突いたワームですね。

 

その後は巻いたり撃ったりしながらワンドに入ります。

ボウワーム高浮力モデル6インチのストーンショットリグを試します。

ちょっと前に動画で紹介したボトムで垂直に立つワームリグです。

通常のソルト入りワームは着底後倒れこみますが

高浮力モデルのボウワームは逆の動き。

着底後、一瞬倒れてから立ち上がります。

このリグを撃ち始めてすぐに!

 

またまた来ましたゴンザレス!

 

これもかなりの引きを見せました。

ロッドはオライオンデジェル。

 

リグはこんな感じ。

 

ボウワーム高浮力6インチストーンショットリグ。

DECOYのDS-15タイプコイルのねじ込み式シンカー1.8g使用。

ねじ込み式のシンカーのバネ部にフック刺し通しているので

ファイト中もワームが飛んでいきません。

フックはDECOYボディガード#3。

ボウワームカラーはウナギ。

ボトムで直立。

ネドリグみたいなイメージです。

止めてラインテンション緩めると立ち、

シェイクすると横になって震えます。

DS15タイプコイルシンカーは今月下旬発売予定です。

 

2本目のゴンザレス釣ってから

世木ダムからの放水で水が動く上流へ向かいました。

 

上流の風景。

上に上がるにつれ水温は下がりました。

立ち木に浮くバスも見えましたが

ほぼ相手にしてもらえず。

下りながら追加目指して最後まで頑張るも

何もなく終了となりました。

 

夢の懸け橋。3回連続の神風は吹かず。

 

この日は満月の大潮2日目。

他のアングラーさんのバイトも朝の早い時間に集中していたようです。

 

僕は本音で言えば、故障抱えていたので

最後までロケ出来るか、かなり不安な気持ちでしたが

ロケを完遂出来たのがなによりでした。

応援していただいた皆さん本当にありがとう。

 

ロケ協力の森水産中島君、

日吉フィッシャーマンズタウンさん

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2022.06.03(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

DゾーンWW3/4ozニューカラー。

今日は暑いですね。

日本は春と秋が極端に短くなり

暑いか寒いかの国になってきた感じですね。

心地よい気候がもうちょっと長いといいのにね。

 

さてDゾーンの新色紹介です。

パソコンが新しくなってから文字変換が変になり

しんしょくとキーを打つと浸食と出ます。

もう一度しんしょくと打つと神職と出ます。

まっとぶらっくと打てば間ッとブラックと出ます。

なんでやねん!

また人名などは変な漢字ばかり出てしまいます。

なんかそんなんばっかりでまあまあストレスです。

話が逸れました。

 

昔の話ですが、

元々、Dゾーンのオリジナルは3/4ozでした。

しばらくの間、3/4ozだけを生産していました。

テストしていた清水盛三が当時はまだレアだったロクマルを

琵琶湖で仕留めたり、試合でそれだけを投げ続けて

優勝に絡んだりして絶大な自信を持っていたのです。

かくいう僕も(特に琵琶湖では)

スピナーベイトで最も使うサイズは長らく3/4ozでした。

ふと思い出したけど、Dゾーン3/4oz使って

ディープホールで1m超えのビワコオオナマズ釣ったなぁ。

勿論デカバスも沢山釣ってます。

 

それではDゾーンWW3/4ozのニューカラー紹介です。

いずれのカラーもブレードカラーにひと手間と釣れる要素を施しています。

ブレードのカラーリングに注目して見てもらえばこだわりが分かると思います。

 

#48マットブラック

フラッシングを抑えたマットブラックブレード。

深場やディープ、あるいは見上げた時もシルエットがはっきり出る色。

 

#56シトラスチャート

ゴールドブレードにライムチャートをプラス。

良い色やー。

 

#58パンフィッシュ

ブレードの表裏でこんなに色が違う。

ひと手間も二手間もかけたカラーブレード。

 

#59ゴールドブラック

回転して初めてわかるゴールドとブラックの色覚変化。

 

#60モリゾーチャート

フロントブレードがホワイトシルバー。リアがチャートゴールド。

 

#61グリパンシルバー

ベイトフィッシュライクなグリパンバックのシルバーブレード。

渋すぎる!

 

ディープスローローリングは勿論、

激流での早巻きでもデカバスに効くDゾーンWW3/4ozの新色紹介でした。

早ければ6月10日頃からのデリバリーとなります。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2022.02.24(木)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

バスエネミーステックRのミドスト。

最近、マイブームになっている釣りがあります。

マイブームはよく使うから熟練し、

熟練したら釣れる。

そこでコンフィデンス生まれて、

さらに釣れるという良い循環を生みます。

僕の場合は今更ながらミドストです。

ミドストの具はバスエネミースティックリバースカラー(呼び名が長すぎ!)です。

このワーム明らかに釣れる。

 

先日の雪、爆風の合川ダムロケでも風が止んだ僅かなチャンスを

捉えてくれました。

 

バスエネミースティックR4インチスーパーワカサギ。

画像上は水面が風で波立っていますが

釣れた時は風が一瞬だけ止みました。

逆に言うと風が止んでちょっとでも暖かくなる瞬間を待っていました。

ミドストの弱点は横風でラインが半弧を描いてしまうこと。

ラインが風で持って行かれるとワームが引っ張られて浮いてしまい

アクションを意志通り伝えるの困難となります。

風に対して真正面にキャストして

ラインを出来るだけ真っすぐにするのが基本です。

 

ロケ終了寸前の追加。これもバスエネミースティックR4インチ。

この日はレンジをやや深めまで意識していたのと

風が強かったのでジグヘッドは1/16ozを使いました。

 

僕の基本的セッティング。

 

ロッドはオライオンフリーウィル63UL-ST。

規則的にリズムを正確に刻み続けられるロッドです。

リールは軽量なヴァンキッシュC2500SHG。

ただでさえ軽いフリーウィルと組むとバランスが極めて良いです。

ラインはここ最近はメインにP.E.を使っています。

それも比重が重く水になじみやすいタイプです。

具体的にはサンラインデイファイアーDブレイド0.6号。

リーダーはバスザイルマジックハードR5ポンドです。

リーダーの接続は現場で簡単に出来る10回結びで行っています。

簡単で時間かからない結び方ですが

根掛かりしてもリーダーとの結束部で切れることは

滅多にない程、強いです。

 

これは宇治川おかっぱりでの魚。

この時は1/32oz,#2サイズのマジックヘッド使いました。

 

いいフッキングしています。

いいフッキングとはジグヘッドのラインアイ(結び目の部分)が

バスの上あごの鋭い歯でこすれない位置に出ていること。

つまり、飲まれてラインが首振られた時に

歯でこすれて切れない位置に掛かることが重要です。

 

これは僕が使うジグヘッド。

 

デコイマジックヘッド。

バスエネミースティックR4インチの場合、

重さは1/16ozと1/32ozを使い分けることが多いですが、

フックサイズは僕の場合#2を基準にしています。

#3の方が小さな力でフッキングしますが、

フッキング位置が口中奥に掛かって

デカバスが来た時ラインが歯でこすられるリスクが高いと感じるからです。

 

僕のバスエネミースティックR4インチのジグヘッドセット例。

 

バスエネミースティックRミドストセッティング。

ワームの角の部分はカットしてます。

フックは薄刺しにしています。

マジックヘッドはカラー部がないので薄く刺しやすく、

ローリングアクションを出しやすいです。

またバスエネミースティックリバースカラーはソルト含有量が少なく

よりジグヘッドで機敏に動くのがいいです。

カラーはスーパーワカサギ。大好きな釣れる色。

ちなみにR(リバースカラー)は通常の塩多めのモデルと

上下逆刺しになるのでリグした時に

バランスが異なり、よりミドスト向きと感じています。

さらにもう一つ感じていることがありますが、

それは確信を持てた時に発表します。

 

日吉ダム初ロケでの2kgフィッシュ。

バスエネミースティックR4インチスーパーワカサギ。

ベイトフィッシュやバスが魚探で確認出来た岬の中層で来た。

極寒でもフィーディングに来ていた魚。

 

今年の冬は長くて寒い時期が長いですね。

その中でも僕が使った時、

かなりの確率でデカバス触らせてもらっている

バスエネミースティックR4インチのミドストを

今回は紹介させてもらいました。

参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2021.10.22(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

七色ダムロケ。ボウハチヌードルで。

昨日は七色ダムでThe Hitのロケでした。

本来は違う場所でのロケ予定でした。

諸事情により急遽、七色に変更になりました。

 

つい先日までJB トップ50が行われていた七色ダムでは

ビッグウエイトが出て、なおかつサイト組が上位という結果になっていました。

しかしその時から急激に冷え込んだことで

ダムのコンディションは大きく変化していました。

 

僕は前日に現地入りして2時間ほど下見に出ました。

来る時に通ったの大滝ダム、大迫ダムは爆風で激荒れ。

水温は20℃。

今回お世話になったボート屋さんのT,s ONさんの話では

「水温22℃はあるでしょ。」と

いうことだったので急激に冷えたということです。

七色も風は収まって来ていましたがそれでもまだ吹いていました。

風裏を目で見て魚を探しましたが

2時間ほど見て見えたバスは僅か4本でした。

「これはヤバい。」

レイクコンディションは明らかに変わった感じです。

 

明けてロケ当日。

やっぱり大苦戦しました。

朝の水温は19℃。

始めは巻きましたが全然バスが追う気配さえなし。

このままでは確実にタコ坊主になりそうだったので

目で見えるバスを探す展開へ。

ところがやっぱりほとんどおらん。

ミスバイト後大きく移動。

 

なんとか釣るの図。

プロトのワーム使いました。

 

ボウワーム8インチヌードル。

プロの細身のボウワームです。

午前中はかなりもがいて

やっとバスが(たまに)見えるストレッチに行きつきました。

ロッドは来春発売予定のオライオン63UL-ST。

リールはヴァンキッシュC2500SHG。

ラインはサンラインシグロンP.E.0.5号。

リーダーにバスザイルマジックハードR5ポンド。

 

ボウハチヌードル。

今回のリグはこんな感じ。

写真は実際に使っていたもの。

一見、ノーシンカーに見えますが

ネイルシンカー入れてます。

今回はこのボウハチヌードルのリグで3本のバスと1本のギルゲット。

他にも何度かチャンスがありました。

 

シンカーはこの位置に入れてます。

アクティブのNSトーナメント1/64oz。

一見、ノーシンカーですがネイルリグです。

フックポイントに干渉しない位置に入れています。

 

フックはコレ。

 

デコイSSフック#3。

久々にこんな小さなオフセットフック使いました。

 

七色はカレントほぼ感じず。

ドヨーンとしていました。

冷えた水が前日の強風でかき混ぜられた感じ。

本来バスがもっともっと見えていいダムでしたが

状況急変でタフ化した感じがありあり。

なんとか新作プロトワームで凌いだロケとなりました。

お世話になったT,sONの南園さんありがとうございました。

 

帰りは一人運転でしたが

阪神タイガースの試合をラジオで聴きながら

帰って来たので眠くならずにすみました。

まだかろうじて優勝の可能性が5%ほどあると思っています。

今年はこの時期まで優勝争いしているだけでも

ありがたいことだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2021.08.06(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

フラットフォースニューカラー。

台風が3発になりましたね。

毎日暑すぎなので恵みの雨は歓迎ですが

災害級の大雨はご勘弁です。

 

さて、MoDoフラットフォースのニューカラー紹介です。

 

投げにくい、飛ばないという印象がもたれがちなフラットサイドクランクですが、

こんなに投げやすく飛ぶのか!というフラットサイドが

フラットフォースです。

実はアメリカでも大人気だったりします。

アメリカのフラットサイドはハンドメイドのウッド系でメチャいいものが存在しますが、

いかんせん、当たりはずれが多いことと、

何より飛ばない、投げにくいものが多いので、

アタリの個体を掴むまで大変だったり、

投げるのにストレス感じがちでしたが、

フラットフォースはストレスなく飛び、投げやすい。

そしてなにより当たり外れなく釣れるフラットサイドクランクです。

 

それではニューカラーを

 

#246稚ギル

透明感があるブルーギルの幼魚イミテート。

ブルーギルシェイプのサイズ感とカラーリングがマッチしています。

 

#266スケルトアユ

釣れる定番アユカラー。

スケルトン仕様でうっすら入ったブルーパールがアクセントになっています。

 

#383ネオンワカサギ

ホログラムインサートプレートが生っぽい輝きを放つワカサギカラー。

濁っていてもクリアでもイケるカラーです。

 

#392スモールマウスバス。

ズバリ、スモールマウスカラーです。赤目仕様。

スロート部にアクセントカラーのピンクが施されています。

 

#393プリスポーンダイナマイトF

EG伝統の釣れ筋カラープリスポーンダイナマイトのフラッシングプレート仕様。

名前はプリダイですがオールシーズン釣れるカラーです。

 

 

#647ファイアクロー

ザリガニです。

ワイルドハンチのこのカラーでいい思いしたアングラーは数知れず。

 

以上ニューカラー含むフラットフォースは最速で

8月30日頃のデリバリーとなります。

 

ところで今朝、やっとコロナウィルスワクチン接種の申し込みが出来ました。

前回は申し込みのタイミングが悪くて、

申し込んだ時にはすでに募集人数を超え、受付は終了していました。

今日まで2回目の受け付け待ちでした。

今回、朝一のネット予約でやっと予約出来ました。

電話でも予約できるとのことで電話しましたが、

何度も全然繋がらず。

ネット予約で9月に初回接種出来ることになりました。

まだしばらくかかりますね。

 

僕は個人的にはもろ手を挙げてワクチンを

すぐにでも接種したいわけではありません。

色んな疑問や不安感がないと言えばうそになります。

でも受けないことで周りに迷惑かけたり、

自分自身の行動に制限掛けられないためには

受けた方がいいという判断でワクチン接種の申し込みをしました。

んー。単純ではないですね。

 

2回目の接種日時も自動的に決まるらしいので

その時のスケジュール調整しておかなければ。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 97