「2014年04月14日」 のアーカイブ

2014.04.14(月)
カテゴリー:バス釣り

気持ち良い月曜日。

先程、朝の会議終わりました。

 

月曜は早く来て、いつもの喫茶店でモーニング食べます。

スポーツ新聞見るのが楽しみな朝はいい感じ。

阪神の大ファンのマスターも上機嫌。

気持ち良い月曜日の朝です。

 

さて、先週のTV収録、ロケと歯痛で顔が腫れて

まあまあイカンことになっていましたが

歯痛も腫れもやっと治まりました。

 

P1090310
ほっぺたも普通に戻りました。

ちょっと日焼けしましたわ。

フック引き抜いた手の甲もトカゲ並みの再生力で復活しました。

 

でも、昨日の整体では石田先生さすがと思いました。

ちょっと体を診てもらっただけで

「ハードな釣りしていたでしょう。」と

言われました。

その通り。ジャークベイティングは体に最も負担をかける釣りでした。

 

P1090308
左肩の吸い玉の跡。

変な写真ですいません。

ジャークは左でするので一番負担をかけていました。

今は背中じゅう吸い玉の跡だらけですが

特に両肩回りが跡が色濃く残っています。

でも、治療後は楽になります。

昨夜は良く眠れました。

 

さて、昨日はWBSの開幕戦が北浦スタートの霞水系全域で行われました。

 

優勝は成田紀明ペア。5本で6670gのビッグウエイトです。

 

EG軍団ではオダジー小田島が4位入賞と絶好のスタート。

5本で5330gのこれもかなりイイスコアです。

 

EG新加入の小島貴も6位入賞と好スタート。

5本で3990gです。

小島は気合の入った熱い奴ですわ。

 

高岡展二は19位。

蛯原英夫は24位と不本意な出だしとなりましたが

次戦から盛り返してくれるはずです。

 

実は先程、オダジーに電話インタビューしたので

パターンなどを要約して紹介します。

 

本戦前は数日前の大雨で増水していたが

試合では減水が進み平常の水位を下回った。

これで、バスやベイトのポジションが変わったと思う。

プラでは、ワカサギを喰っているバスを追いかけているパターンでは

太ったバスでビッグウエイト出ていたようだが、

自分は、ドッグ周りのハードボトムに絡む障害物に

手長エビが多く付いていることに着目。

北浦から霞本湖東浦、はては常陸利根川最下流まで

走り回り、そのパターンを追いかけた。

使ったのはボウワーム6インチ。

プラではミスバイトが多かったので

ハチマキ部分をカットしてライターで繋ぎ合わせ

5インチにして1/20~1/16ozネコリグで使用。

なかなかマメなことしたのが報われました。

ロッドはエアレギウス7。

ラインはバスザイルマジックハードR8ポンド。

開幕戦から上出来のスタートを切ることが出来ました。

 

と言った感じです。

 

.jpgオダジー号
オダジー号ラッピング。

迷彩仕様です。

かなり良い船出になりました。

 

一方、JBマスターズ緒戦は三瀬谷ダム。

 

EG軍団では小林知寛が7位入賞。

福島健は残念ながらノーフィッシュでした。

でも、試合中はドラマがあったことでしょう。

 

プロスタッフの試合の報告していたら

僕もまたバス釣りに出たくなって来ました。

 

初日爆濁り
タフでも濁っていてもバス釣りはたのし。

 

今週は出れるかどうか微妙ですが

隙をみて出撃出来たらいいな。

コメント・トラックバックは受け付けておりません