「2012年10月14日」 のアーカイブ

2012.10.14(日)
カテゴリー:バス釣り

ウォレシアに載せたメタMgのチューン。

今朝も早起きしてしまいました。

でも、今日は仕事は無しです。

 

昨日の内にルアーマガジンプラス

一刀両断2012の原稿校正作業が終了。

めでたしめでたしです。

 

後は印刷が上がってくるのを待つのみです。

まあまあやり遂げた感があります。

 


表紙のデザインも完成。10月26日発売予定です。

是非とも予約して下さい。

148分のDVDに豪華グラビア&解説&Q&Aムックが付いて

2680円の超お買い得です。

 

昨日からWBSのクラッシックがキックオフ。

EG軍団は蛯原英夫14位。

高岡展二が15位。

小田島悟が17位。

とはいえ18名しか参加していないので

下から数えた方が早い、軒並み不調な出だし。

でも、シーズンでは2位、3位、4位で終えた実力者なので

今日のビッグウエイトを期待しています。

 

ところで書き忘れていた

ZPIのBFCチューンを解説します。

 


ウォレシアに載せたメタMgのネオジム磁石の基本セッティングです。

#15のネオジム磁石を対角線に2個ずつセットします。

2.2gのC-2ジグ&C-4シュリンプ2.8インチから

6インチボウワーム1/16ozネコリグまでを

ピッチング、サイドハンドキャスト、ロングキャストまで

快適に使える僕のベイトフィネスの基本セッティングです。

ラインは8~10ポンドのマジックハードRを

リール50回転からせいぜい60回転くらい巻くのがイイ感じです。

 

 

同じメタMgでもセットアップネオジムの重量配分を

変えるとキャストフィールが変わってきます。

 


これはやや強めのセッティング。

#15を3個。#20を1個対角線にセットした例です。

ルアーやロッドは上と同じ。

スキッピングでのバックラッシュを防止し、フルキャストに対応します。

こちらも試投してかなり良かったですが

菊元的には先に紹介した#15を4個の基本セッティングの方が

しっくり来たので、こちらは採用しませんでした。

でも、個人個人のスキルや手首、肘などのフィジカルな強さは

当然、異なりますので、こっちの方が扱いやすい方もいると思います。

 

この磁石の配置は皆さんが最初に

BFCあるいはNRCチューンする時に

最も分かりにくい部分だと思われます。

僕も最初はネオジム磁石のセッティングが

なかなか理解出来ず、

オフィスZPIの竹内君まかせでしたが

いろいろ試すうちに使うルアーやキャスト法により

かなり理想的なセッティングに近づくことが出来ました。

これを参考に自分に合った理想のチューンを

完成させて下さい。

自分に合ったカスタムセッティングが出来れば

バスフィッシングがより快適かつ簡単になります。

 

今日はオールスタークラッシックが終わるまでの

最後の休日になるのでゆっくりしたいです。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません