2010.04.14(水)
カテゴリー:バス釣り, よもやま話

今日はThe Hit オンエア。小林知寛です。

昨日の夜はBIGBITE見てもらえましたか?




濁りと天候の変化にアジャストしてクランクとジグで


結構イイ釣りが出来てたと思うけど、いかがでしたか?


見逃した人はリピート放送もあるので、是非見て下さい。




僕的には、一番デカイのをハンドランディングしようとして


バラしたのが、心残りでしたが….






ところで、昨日は、20日振りくらいに、英会話スクールに行きました。


久々なのに、


レベルチェック(昇級試験)でした。





英語のテキストです。


言い訳ですが、ここんところ、ロケの連続のハードスケジュールで、


全く勉強してなかったので、ボロボロでした。


 


しどろもどろながら、なんとか合格はしましたが、ヘコみました。


我ながら、英語が上達した自覚症状があまり感じられないので、


もう一度、テキストの最初からやり直すことも考えています。


でも、今まで、やろうと思って、出来んかったことは無い(多分!)


ので、成せばなるの精神で、地道に頑張ってみます。




また、今日は、夜10時から、The Hitがオンエア。


コバこと小林知寛が地元の旭川ダムで、デカバスと


アマゴを狙います。





でかいです。雨の中頑張りました。


 




キャスティングジグ3/8ozです。


それにしてもコバはThe Hit でデカイのばかり釣ります。


多分、ここ最近のThe Hit 出演のエバグリメンバーでは、ゴンザレス一番釣るかも。




このあと、アマゴも結構釣ったようです。


アマゴは、バンクシャッドとスーパースレッジで激釣れするようです。


見れる地域の人は是非、見たって下さい。


(写真提供 サンTV The Hit)






今晩、僕は新入社員の歓迎会に出てきます。


飲みすぎないように気を付けなくては。







コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.04.13(火)
カテゴリー:バス釣り

BIGBITE本日オンエア!

昨日、報告し忘れていましたが、


WBSトーナメントの第2戦はエビちゃんが8位でフィニッシュ。




本人は不本意そうでしたが、年間ランキングではいいところにつけているので、


今後の試合も頑張って、


今年こそアングラー獲ってほしいものです。




さて、本日、4月13日夜9時に釣りビジョンにて


BIGBITE story92初回オンエアです。


必見です!是非、見て下さい!


激釣れです!




リザーバー最強のクランク、コンバットクランク320が炸裂!


勿論、ジグ番長の雄姿も楽しめます。







イイ感じで釣れてます。ジグ番長です。


キャスティングジグ1/2oz、ビッグダディー。


ヘラクレスヘラクレスにマジックハードR20ポンド。





ロケ2日目は快晴でタフ化しましたが、こんなんも出ました。





テクニックファイル。ジグ撃ちにおける間合いを解説。


透明度、水深、カバーの濃さなどで変化する間合いを解説してます。


ジグ撃ちの上達に、かなり役に立ちます。








今夜のBIGBITE! お楽しみに!!





関係ないけど、ガメラです。


 


 


 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.04.12(月)
カテゴリー:バス釣り

七色ダムのスーパーモンスター。

昨日、お伝えした七色ダム9kgオーバーの写真が届きました。




現認者は、Y企画の安村君です。


一緒に見に行ったEGスタッフの伊知地さんが写真を送ってくれました。


これです。


ルアーで釣られた日本最大のバスです。





ドデカイです!!


71cm。9140g。





釣り人は下田平浩さん。




なんと、初めての七色で2馬力のレンタルボートで釣ったらしいです。


ルアーはワンナップシャッドのジグヘッドリグ。


「3本デカイのが泳いで来たなー」とキャストしたら、その内、1本が喰ったらしいです。


凄すぎます。しかし、よくこんなの獲れました。おめでとう。


ボート屋さんはBASSING ROADさんです。写真提供ありがとうございます。




下田平さん、面識はないけど、本当におめでとう!!凄いことをやりましたね。





真っ黒なド迫力の魚体です。傷一つない美しいモンスターです。




検量、撮影後、このバスは無事、湖に帰されたそうです。


来年は10kgオーバーに育つかもしれません。


 


琵琶湖のみならず、七色、池原にも、まだこれよりでかいバスがいることは確実だと思われます。


そこには、とてつもない「夢」が確実に存在します。


 


僕も血が騒いで来ました。



コメント・トラックバックは受け付けておりません