「ルアー」 のアーカイブ

2018.11.07(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

出発です。&メタルマスターカラー紹介。

昨日でタックル準備は完了。

 

IMG_9790
カラーリングしたバラムにフック取り付け。

手持ちのバラム全てのフックポイントやフックが曲がっていないか

スプリットリングが開き気味でないかチェック。

ポイントが少しでも甘かったら交換です。

この辺はメチャクチャ神経質になる部分です。

一期一会かもしれない大怪獣を逃さないためです。

 

フック交換には順番があります。

 

IMG_9792
先にフックハンガーにスプリットリングを装着します。

フックにスプリットリングを先に付けて

フックハンガーに装着しようとすると

力が要り、手が滑って鋭いフックで怪我する確率が上がります。

僕は何度も痛い目に会っているので、

メチャ慎重にフック交換を行います。

特にDECOYの強度にメチャ優れるスプリットリングEX#4は

メチャ硬く頑丈なので、手が滑らないように

必ず、先にルアーのフックハンガーにスプリットリングを付けてから

フックを装着してください。

 

IMG_9793
タックルはこのバーサス30801つだけ。

デカいルアー一通りと替えフック、リング、スナップ、エスウエイト、

ルアーの替えテール、

メジャー、ばね秤などが入っています。

秤は4kg秤です。

それを振り切ったらええなあ。

 

それではちょっと早めに出発して

早く着いたらちょこっと出船しようかな。

 

明日から取材です。

 

こちらは早ければ週末に新発売なるメタルマスターのカラー紹介。

 

#19 プリスポーンダイナマイト
#19プリスポーンダイナマイト

 

#25 キンクロ
#25キンクロ

 

#31 メタリックアユ
#31メタリックアユ

 

#53 クロームシャッド
#53クロームシャッド

 

#125 クラウン
#125クラウン

 

#145 ブルーギル
#145ブルーギル

 

#245 ブルークロームシャッド
#245ブルークロームシャッド

 

#263 ビッグバイトチャートメタル
#263ビッグバイトチャートメタル

 

#291 ザ・銀
#291ザ銀

 

#376 フラッシングワカサギ
#376フラッシングワカサギ

 

メタルマスターは全10色。

7gと10gから先行発売です。

 

ダイヤ形状立体彫刻
乱反射するダイヤモンド立体彫刻パターン。

模様パターンデザインしている時は、目がチカチカしましたわ。

顔の部分は鏡面仕上げ。

ウロコ部分はシボ加工して部分的にダイヤ型に彫り込んであります。

かなり美しく仕上がりました。

 

プロデュースしたルアーは自分の子供のようなものです。

皆で可愛がってあげて下さい。

 

それでは準備したら僕は出発します。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2018.11.05(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

メタルマスター。

今日は月曜日。

会社の近くでモーニング食べてから

朝の会議を終えました。

 

そうそう、近々、菊元プロデュースの

「メタルマスター」がデリバリー開始です。

 

IMG_7693
今年の夏。サマーメタル。

メタルマスター28gクラウンで。

岬をキャスティングで探った。

ボトムまで落として1回か2回しゃくって落とすのが基本的動作。

 

IMG_5107
昨年のメタルマスターテスト時。

この時はまだマジックで適当に模様描いただけのプロトでした。

キャストしてボトムしゃくって、

ピックアップ中にもバイトが多い。

 

15007019_08
製品はめちゃ美しく仕上がりました。

メタルマスターウエイトは7g,10g,14g,18.5g,28g。

落ち方が独特のメタルです。

滞空時間の長い水平姿勢での不規則なローリングに

フラッタリングをプラスしたバイト誘発型ジギングスプーンです。

フォーリング時のアクションが得も言われぬ素晴らしさ。

ストンと真っすぐには落ちません。

バーチカルのみならずキャスティングでも威力を発揮。

フックはデコイビッグバイトフィネスをシルキーコートした

刺さり抜群かつ根掛かりしにくい

2本のフックを内側にセットした「地獄鈎システム」。

昔からジグスプーンでやっている

このセッティングが一番、根掛かりしにくくバレにくい。

2本両方掛かることも多いフックセッティングです。

その2本のフックをセットするスプリットリングも改良。

フックの自由度を高めてリングに噛まない

特注モデルのハーフスプリットリングを採用。

(一重になっている部分が多いスプリットリング)

エビになりにくく、

もし、なってもしゃくれば

復帰しやすいのも特長です。

 

なにより釣れます。

最近、テスターに渡したものでは琵琶湖でも、

海でも釣果出ています。

もうすぐ7gと10gから先行デリバリー開始予定です。

お楽しみに!

 

こちらは昨日のJBジャパンスーパーバスクラシック結果。

 

優勝 藤田京弥。おめでとう。

強い強すぎる!JBマスターズAOY。

JBトップ50年間2位。

そしてクラシック制覇で2冠達成。

物凄い若手が台頭しています。

 

準優勝は三原直之。

クラシック2勝目ならずでしたが

大健闘でした。

 

.jpg福島8位
福島健は8位フィニッシュ。

1年間のトーナメントトレイルお疲れ様と言いたいところですが

まだエリート5が残っています。

優勝できるチャンスがまだあったな!

 

小林知寛は最終日ノーフィッシュで今年の試合を終えました。

さっき、電話で話しました。

 

こちらは昨日の琵琶湖。大西健太。

 

で.jpg大西リトマ
リトマでブリブリブリトニー。

めちゃカッコいいバス。

朝夕めっきり冷えて来ました。

 

昨日は霞でJBAの最終戦。

 

JBAのAOY.jpg3位で
蛯原飯田チームは3位入賞。バスエネミーです。

エビちゃんはJBAのAOY獲得。

 

45341438_345976779490022_4500957840231366656_n
優勝は小島貴。おめでとう!

相変わらず爆発力あるなー。

バスエネミー4.5インチで全ての魚獲りました。

「バスエネミーはエサ。」らしいですわ。

 

こちらはエブリデイ遠賀川オジサン。

 

de.jpg今田エネミージカリグ
バスエネミー4.5インチジカリグ。

おかっぱり大会のプラで釣った魚。

その他ツインテさんやDゾーンで釣っていました。

 

本戦では、

 

.jpg今田エネミージカリグ
やっぱりバスエネミー4.5インチジカリグ。

練習時より小さくなり、大会は11位で終了。

それにしてもバスエネミーどこでも釣れています。

 

こちらはガッツマン。

 

.jpgガッツ
カバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチ。

ガッツさんは顔は出してあげないよん。

カバクリ5.8gにスパークショットは柔らかすぎるのでは?

この前の釣行でミチ君共々タコ坊主食らったことは内緒です。

 

僕は昼からミーティング入ってて、他に来客予定。

その合間を縫って取材の準備をちょこっと進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2018.11.02(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

カバークリーパーカラー紹介。

最近、めっきり寒くなりました。

皆さん、風邪などひかないように気を付けて下さいね。

僕は元気です。

来週は霞とは対極の世界へ出かけます。

 

ところで写真を送ってもらっていた。

エビちゃんの知り合いの

竹内聡さんというカメラマンが

オールスターの時に撮ってくれていた。

 

会場へ
大観衆の待つウエイン会場へ。

 

ワシとエビちゃん
後ろ姿。ちょっぴり哀愁。

 

走り出す
霞の荒波の中、発進。

 

巻く
巻く。

竹内さん、いい写真をありがとうございました。

 

ここからはカバークリーパーのカラー紹介。

全8色です。

 

#105 クローフィッシュ
#105クローフィッシュ

トレーラーはアントライオンスカッパノンかブラックレッドクローで決まり。

 

#201 グリーンパンプキン
#201グリーンパンプキン

迷ったらこの色。

アントさんグリパンBKやグリパンBLとのコンボが美しい。

 

#202 シークレットスモーク
#202シークレットスモーク

菊元的に溺愛している色です。

 

#203 コザリ
#203コザリ

トレーラーは赤系、黒系、グリパン系がマッチします。

 

#210 シークレットブラック
#210シークレットブラック

こちらも基本色、菊元的にはローライト時や濁った時に多用。

トレーラーはどんな色でも会いますが

ブラックやチャートGRGDを合わせるのが好みです。

 

 

#211 GRパンプキンブルー
#211グリーンパンプキンブルー

写真では分かりにくいですが細かいブルーフレークが入っています。

特に霞水系では神カラーです。

 

#212 ブラックブルー
#212ブラックブルー

菊元的にはデカバスに効く色。濁ったり、深めを狙う時に特にいい。

 

#217 GRパンプキンチャート
#217グリーンパンプキンチャート

チャートを刺し色に使うだけでグリパン系も全然印象が変わります。

チャート系トレーラーにすると視認性が抜群ですし

グリパン系トレーラーもマッチします。

 

カバクリはマッデイーシャローカバーでも

クリアーウォーターサイトでも効く

カバー対応コンパクトジグです。

 

.jpg石積みスイミングカバクリ
霞の石積みの草を撃って。

昨年の霞にて。

 

この前のテッペンダッシュでは

大西健太がカバクリ&アントですべての魚をキャッチしていました。

 

.jpg大西カバクリ
サイトフィッシングでも。

 

.jpg金沙カバクリ
浮きゴミ撃ちでも。

大西健太もこのロケでカバクリを溺愛するようになりました。

この2日間のロケでロストはゼロ。

カバクリはおかっぱりでも強い味方になりそうです。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2018.10.31(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

カバークリーパー。

霞に行っている間に発売されていました。

 

IMG_9771
カバークリーパー。

WBSオープンのウイニングベイト。

その時は3.5gにアントライオン3.3インチをセットしていました。

今回のオールスターでも2日目2本を絞り出しました。

今回は石積みの草のシェードに入れて、

着底後のスイミングで釣っていました。

ロッドはヘラクレス66M LTS。

ラインはマジックハードR14ポンドです。

 

IMG_9347
WBSオープンで釣ったキッカーフィッシュ。

「こんなところに撃ち込むの!」

というほどえぐいカバーに入れています。

コンセプトはヘビーカバーを攻め抜くコンパクトジグ。

スモラバでは根掛かって入れる気がしないカバーへ

躊躇なく打ち込めるのがミソ。

テキサスやゼロダンで入れるようなカバーで

スモラバより大きくフルサイズジグより小さいジグを入れると

明らかに喰う。

昨年、霞の剛腕蛯原英夫と一緒に出場した

WBSオープンで後ろからまくったことも

コンフィデンスになりました。

普通は全部いいところにビシバシ入れる

チーム戦なのに

後ろに釣られると悔しがる

エビちゃんのバックシートではなかなか釣れませんが

カバクリならではの食わせの力で

倍のバイトが出ました。

 

サイズは2.8g,3.5g,4.5g,5.8gです。

スモラバではなくコンパクトカバージグです。

極めて根掛かりにくいけどジグ特有の適度なスタック感があります。

フックはDECOY特注のシルキーコートで抜群の刺さり。

14ポンド16ポンドで思い切り合わせても

ビクともしない強靭なフックを装備しています。

僕はスモラバ使うよりワンランク以上強いタックルを使っています。

カラー紹介等はまた。

カバクリさんよろしくです。

 

こちらは遠賀川オジサンの娘さんの今田美奈ちゃん。

 

annto3.3.jpgみなぞう
アントライオン3.3インチドロップショット。

キロアップです。

一緒にいったオヤジはカバクリ4.5で可愛いのを釣っていました。

 

こちらは琵琶湖。一平ガイド。

 

10g.jpgメタルマスター
メタルマスター10g。

こちらもテストを重ねたニュージギングスプーン。

もうじき発売予定です。

落ち方が独特で根掛かりしにくく

しても外しやすい地獄バリシステム搭載。

フッキングも良好でエビになりにくいメタルです。

 

メタルと言えばBABYMETAL。

今夜も連続参戦して来ます。

今夜の方が楽しみです。

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2018.09.20(木)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

バラムをリペイント。

バラム300をリペイントしてみました。

 

IMG_9250
上がレーザーハス。下が菊元ハス。

レーザーハスはマドネスさんの既存色です。

それを視認性、操作性の向上のためにチャートヘッドにしました。

 

IMG_9249
背中のウロコもリペイント。

全体的にブラックバックにしました。

黒バックは白っぽく濁った水でも良く見えます。

勿論チャートは常に良く見えます。

 

IMG_9245
菊元ハスどうですか?

もしかしたらEGオリジナルカラーの追加色になるかも。

もうちょっといじろうかな?

菊元的にハスは大好きな釣れるカラーだと思っているので。

 

昨日の琵琶湖。大西健太。

珍しく北湖のディープやってました。

 

42.jpgフットボールダブルモ
プロフェッショナルフットボールジグ&ダブルモーションで56cm。。

ジグは3/8oz。ダブルモーションは4.2インチ。

 

ツインテでも
ツインテールリンガー5.8インチネコリグ。

ツインテさん5.8やC-4リーチドロップショットでは

小さいのから45cmまでボコボコ数釣りいいですな。

 

こちらは利根川オキターマンZ。

 

.jpgグラン沖田
グランサーチャーイイ感じ。

シーバスも混じるのはイイルアーの証左。

来週は一緒にタコパーか?

 

こちらは遠賀川オジサン。

.jpg今田Dゾーン
Dゾーン1/2ozでプリプリクン。

ロッドはフェイズウォリアー。

ラインはマジックハードR12ポンド。

昨日、久々に電話で話しました。

 

僕は霞行きの準備進めます。

てか、全然進んでません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません