「2020年11月17日」 のアーカイブ

2020.11.17(火)
カテゴリー:バス釣り

徳島から帰ってまた明日移動。

昨日、自宅に帰りました。

 


旧吉野川大黒カップ。

大黒さんには昔からロケサポートなどで世話になっているので

その恩返しでゲスト参加。

初めて大会を主催するということだったので

大変やろうなーと、ちょっとでもお手伝い出来たらいいなと。

サタン島田と石井館長も参加して賑やかな大会となりました。

僕は旧吉野川でちゃんと釣りするのは数年振りです。

 


旧吉野川の朝。

大黒カップのメインはちょい沖の地形変化でのジャークベイト。

フェイスがメインでフォローでスーパースレッジでした。

ちょい深いハンプなどはLBローラーをメインプラン。

3本リミット獲るための戦略。

かなり厳しいと聞いていたので

3本獲ったら優勝に絡むかなと思っていました。

でもそのパターン崩壊。

朝一のローライトタイム外してからはかなりヤバい雰囲気。

途中から長いこと見ていない上流の旅に出ました。

かなり地形が浅くなっており航路を確保するのはスリリングでした。

 

前日のちょこっと2時間ほどのプラでは、

 


フェイスで来ました。

その後、石井館長にフォローで投げてもらっていた

スーパースレッジで来ましたが、フックアウト。

フェイス使っていたロッドはオライオンのプロト。

カバークリーパー&アントライオンなどで

カバー対応ベイトフィネスロッドとして多用していた

67ML+です。

製品化決定したので正式名称を発表します。

「ライトニングストライク」という名前です。

「雷撃」です。

このロッドはWBSジャパンオープンの時

2日間共、サイドステップのジャーク&ライズで

キロオーバー仕留めたロッドで

ジャークベイト全般や操作系トップなどにもご機嫌なロッドです。

 

大会は旧吉野川が初めてという石井館長を案内する船旅に終わり

NBNFでした。走ってた時間長すぎ。

優勝された方、上位入賞された方々、偉いです。

僕も石井館長もサタン島田も余裕のタコ坊主でしたわ。

真面目に練習しないと久々の旧吉野川では

浦島太郎状態でした。

 


表彰後のジャンケン大会。

トーナメントシャツゲットおめでとう。

サタン島田からバラムゲットされた方もおめでとう。

参加者全員に糸くずワインダーEG仕様非売品を

参加賞でお渡ししました。

ライン捨てないでというメッセージです。

ラインに限らずポイ捨て禁止です。

 


ド緊張の大黒さん。

初めての大会主催、大変お疲れ様でした。

ちょっとは盛り上げられたかな。

館長もシマダもお疲れ様。

 

表彰、抽選会終わってからはオライオン試投会。

 


実際にキャストしてもらえて良かった。

水辺で投げもらうことで超絶感度感じてもらえました。

シマダは的当て大会して大盛況でした。

結構長い時間やっていたのですぐに日が暮れだしました。

 

大会終了後は現地に泊まって月曜日は

ポイント徳島藍住店さんへ。

ここの店長さんは大会朝にも顔出ししてくれて

釣り場清掃活動にも来てくれており、

大黒さんを通じて是非、お店に顔出してほしいとの要望があったので

それに答えた感じです。

 


お店にたまたま来ていたお客さんと遭遇。

試投用オライオン準備していたら

「写真いいですか?」と声かけてくれたので

それに応えてからオライオン触ってもらいました。

喜んでもらえて良かった。

 

大黒さんがトーナメントシャツ着た方が

喜ぶので着て下さいというので着替えて店内へ。

たまたま来ていたお客さんと記念撮影など。

 


店長にロッド説明。

忙しい中、熱心に聞いてくれました。

明らかに今までのバスロッドとは違う竿です。

 


オライオンカンタータ67Mを試投してもらいました。

振り切りの軽さと低弾道でフォアハンド、バックハンドで

正確にキャストが決まる精度を感じてもらえました。

 


ポイント徳島藍住店さんありがとうございました。

オライオンのことは店長に聞いて下さいね。

 

お店を出てから旧吉野川来たらここに行かねばということで

ひろっちゃんで昼飯。

 


やっぱり美味いなー。

すぐにでもまた食べたくなりますわ。

帰りの運転は途中で睡魔が襲って来たので

淡路島で休憩して大阪へ戻りました。

 

今から持ち帰ったタックル梱包して送ります。

クルマで行こうかなと思っていたけど

少々疲れが溜まっている自覚症状ありなので

新幹線で行くことにしました。

明日からガッツさんと合流予定です。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません