「2019年11月10日」 のアーカイブ

2019.11.10(日)
カテゴリー:バス釣り

デカバスの価値&怒涛のBABYMETALウィーク。

昨日は原稿書きに集中して無事書き終えました。

ルアマガ一刀両断のQ&Aとコラムです。

もう余裕で20年くらい連載しています。

いつも思うけど原稿締め切り近づくと

一か月はホンマ早いなぁと。

と言うてる間に今年ももう終りそうですな。

 

ところで自分の中でのバスの価値について。

 


先日の池原の3kgフィッシュ。

勿論嬉しいですが、前日の大会で釣っていたら

余裕の優勝フィッシュでした。

次の日に釣れたので嬉しいけど

なんだかなぁという気持ちも否めません。

全く勝手なものです。

さらに言うと池原にはこんなもんじゃない

スーパーモンスターがおるからです。

 

例えば、夢物語ですが

この魚が利根川霞水系のバサーオールスターで釣れたら、

大絶叫することは間違いなし。

ウエインステージは大歓声です。

WBSは30周年迎えたらしいですが

霞でのWBSビッグフィッシュレコードはうちの小島貴が釣った

確か2700g台です。

霞では2kgフィッシュはスーパーキッカーです。

でも、試合中に釣れたら池原でロクマル釣るより

遥かに嬉しい魚になります。

そのフィールドの違いや自分の置かれた状況で

ビッグフィッシュの価値が変わります。

プライベートで良く釣れるレイクでのバス釣りは楽しい。

でも、タフな状況のロケで絞り出したデカバスは遥かに嬉しい。

「分かった!」と確信した瞬間はたまらない。

 

長年バス釣りやっていると

「ヤバい!」と感じる状況はある程度把握出来ます。

ヤバい時に釣った魚は例えサイズが小さくても

かけがえない魚になります。

大小にかかわらず試合をやっているバスアングラーは

試合中バス釣って、例え小さくても

手が震える経験をすることがあります。

釣れない時ほど1本の価値が上がる。

自分の置かれた状況で1本の喜びが変わる。

だからこそバスフィッシングは面白い!

 

ところで本来なら

今週末は延期になった

Basserオールスタークラシックでしたが、

それも再延期で来春までトーナメントロスです。

ところが何が幸いするか分からんもので

一旦キャンセルしようとしていた

BABYMETALのライブに行けることになりました。

オールスターの日程とどっかぶりになっていました。

チケット手放さなくてホントに良かった。

 


BABYMETALメタルギャラクシーツアーインジャパン。

ゲストはBMTH。

僕は全戦参戦です。

娘と一緒なので楽しみすぎてヤバい。

エビちゃんと埼玉で会えるのも楽しみです。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません