「2019年02月22日」 のアーカイブ

2019.02.22(金)
カテゴリー:バス釣り

初釣行レポート続き。

合川釣行報告続きです。

 

インサイドベンドサンドバー上流側のパターンを

引き続き試します。

僕もまだ投げたことがないバスエネミーステックで

先に松ちゃんに釣られてしまったので

「コレはイカン!」と

フェイズドリフトマスター64ULを奪い取りました。

 

バスエネミースティックをミドスト開始してすぐ、

グーッと持っていくバイト。

 

IMG_0602
バスエネミースティック4インチ。

投げ始めてすぐに来た。

ロッドはフェイズ新作ドリフトマスター。

ミドストのリズムが正確に刻めるロッド。

 

エネミースティック
太いのが獲れました。

ジグヘッドはDECOYマジックヘッド0.9g。

ヘッドのカラー部がないタイプのジグヘッドなので

エネミースティックの中心部に縫い刺しするのではなく

上部に薄刺し出来ます。

薄刺しセットすることでローリングアクションが

強調出来ます。

 

IMG_0664
ジグヘッドはDECOYのマジックヘッド。

フックの下にはケン付きのワームキーパーがあるタイプ。

薄刺しがしやすいジグヘッドです。

この日は0.9gを使用。

ミドストばかりやっていれば

まだまだ数釣れそうでしたが、

釣りがスローになるのと、

暖かくなりシャローに指すバスを狙いたかったので

この後はバスエネミーステックは封印。

 

その後は昼食休憩。

将軍川筋から前の川へ移動。

途中まで熊野川からの濁りが入ってダダ濁りですが

インターセクションから少し上がるとクリアアップして

濁りの境目が出来ていました。

こういった「インターセクション」

「マッドライン」というワードは魚を見つける

キーになることが多いです。

しかし、晴れ上がって無風だった

タイミングのせいか不発。

気圧が上がって釣れない時間。

前の川を上がります。

ここも上流に行くほど水温が上昇。

メインレイクとバックォーターの水温が逆転現象になる

僕が求める「甘い水」です。

大雨で流されて来た渓流魚や

上がって来た小魚が沢山いれば

さらに甘い水。「スーパースウィートウォーター」です。

 

かなり上流まで上がり、

松ちゃんに「ここのストレッチいいで。」と説明してると

待望の風が。

前日は陸上だった場所です。

すかさずジグを放ちます。

やはり一発で来た!

 

IMG_0624
TGブロー1/2oz&キッカーバグ4インチに来た。

メチャ浅いレンジでバイトした。

読み通りにバイトすると気分は最高。

 

IMG_0625
お腹ポンポコポン。

ここでキッカーバグが破損したので

カラーをローテして付け替え、

「まだおるやろ。」とロングピッチで入れると

すかさずストライク。

まあまあの型でしたが、フッキングが浅く

バレてしまいましたが

数本のスクールでフィーディングに来ていることが分かりました。

ベイトフィッシュは見かけなかったので

多分、ボトムに張り付いているゴリ、もしくはカニなどを

捕食しているのかと推測しました。

それがフットボール&キッカーバグを選んだ理由。

早いフォールでのリアクションバイトと

タングステンのボトムに当たるサウンド効果も期待しました。

なお、キッカーバグ4インチは薄めのカラーで喰いが浅くバレたので

ばらした直後に元のグリパンBKにカラーを戻しました。

 

その後はさらに甘い水を求めて行けるところまで遡上。

最上流は浅い瀬を超えないと行けないので

「多分、ここまではおらんやろなぁ。」と思いながら

行ってしまうのはバックウォーターフェチの性。

でも水温は最上流が一番高かった。

 

IMG_0628
カレントがきつい最上流。

やっぱりおらんかったけど

見ておきたいからね。

 

その後は先程連発したエリアまで降りるが

さらに晴れ上がり無風。

同じストレッチを撃つが

風なく水面が静かなので

さらにディスタンスを獲ってジグ撃つが不発。

川筋の真ん中にも大きな岩が転がっているので

「真ん中も釣れるで。」と松ちゃんに言うと

いきなり、リトルマックスでまた釣った。

多分、同じスクールが対岸を行き来してると推測。

 

その後は入り口がドチャ濁りの熊野川へ。

濁りは奥に入るほど取れてきており

水温もこの日最高の10℃まで上昇。

まだ2月だがひょっとしてとバラムを投げる。

 

IMG_0649
バラムにはノーチェイス。

このルアーはちょっと投げたくらいでは来ません。

心中するくらいの燃える熱いハートが必要です。

 

そこからスイムジグにチェンジし、

右側に岩の隙間があったのでそこに入れようとしますが、

ボートの向きが上流向いていたので

角度的にロッド振ると、松ちゃんにルアーが当たると

キャストを止めて、前に投げたら、

バックシートの松ちゃんの「来たー!」の声。

油断も隙もありません。

 

IMG_0641
奥深い岩の隙間にジャックハンマー。

ある一点の角度でしか入らない隙間の奥まで入れました。

うかうかとやられましたな。

喰うのが丸見えだったようです。

この瞬間、大魔神松ちゃんはエバーピンクに変身しました。

ガイド代と貸し竿代高いで。(笑)

冗談はともかくとして、

釣りウマの松ちゃんは僕がおると思うところで

キチンと釣ってくれるので答え合わせが楽です。

ジャックハンマーは1/2ozスーパーホワイト。

トレーラーはヘッドシェイカー4インチビッグバイトチャート。

ロッドはフェイズウォリアー。

ラインはマジックハードR14ポンド。

 

この後は落ち込みの際の大岩に沿って

グラスリッパー&ヘッドシェイカーでフォロー。

ショートバイト2回、チェイス1回ながら釣れず。

時間を空けて最後に入ることにする。

 

ラストタイム。

入り直すが全然反応がない。

巻きでダメならと

正確に撃つと落ち込みにフットボール入れると

明確に「コン!」と来た。

 

ラストキャスト
エサを待ち受けていたバス。

写真左上に見える岩の右手にある落ち込みで喰った。

水深30cmくらい。

こんな場所にフットボール入れる奴はあんまりおらん。多分。

激流で泡立ち、ザーザー音が鳴っているので

ディスタンスはショートピッチで正確に入れた。

クリアーで浅くても近い間合いで釣れた例。

TGブロー1/2ozシークレットブラック。

キッカーバグ4インチグリパンBK。

結果的にはまたまたラスト一投での魚となった。

痩せていたが長い魚だった。

 

2月末の遅い初釣り。合川釣行。

ドでかいのは出なかったけど

40アップばかりで2人で2桁。

1日楽しくやれました。

前日の雨と暖かい天候、大潮でバスが動いた。

帰りの運転では大きな満月が見えました。

 

バス釣りは、やっぱり面白いな。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません