「2019年02月19日」 のアーカイブ

2019.02.19(火)
カテゴリー:バス釣り

グラスリッパー簡単チューン。

昨日はミーティングの合間を縫って

ごそごそと準備していましたが

まだ終わりません。まだ途中です。

ジグをいじっていました。

 

IMG_0534
グラスリッパーをリグしました。

グラスリッパーは新色のネオンシャッド。

ヘッドシェイカーもネオンシャッド。

このカラーコンビネーション美しいので結びました。

クリアーウォーターの想定です。

濁っていれば投げる前にカラーを変えます。

 

IMG_0535
ジグはちょこっとチューニング。

ヘビーカバーを狙うのではなく

スイミングジグで使うのでガード必要最小限にカット。

僕は内側の根元からカットします。

残りのガードは根掛かり度合いによって調整。

通常は6~10本くらいガードを残します。

当たり前ですがガードは少ないほど根掛かりのリスクは増えますが

逆にフッキング率は高くなります。

使うシチュエーションで引っ掛かりやすいものが多くあれば

もっと多めに残す時ももちろんあります。

 

ガードの長さも曲げた時フックポイントから

5mmくらい長めにカット。

僕はスカートもワーム側をほぼ根元から全てカットします。

こうすることで空気抵抗が減り、

良く飛び、早く沈みやすくなります。

スカート長さも少しだけカットしました。

手持ちのジグに手を入れることで

思い入れが強くなり

釣れるルアーになります。多分。

 

IMG_0537
バスエネミースティックも一応準備。

エビちゃんは多分、霞水系のノーシンカーリグをイメージして

作ったワームですが

ジグヘッドでの動きがイケてるのよコレガ。

早春に特に威力を発揮するミッドストローリング用に

デコイマジックヘッド0.9g#2のジグヘッドにセットしました。

ホントはナチュラルカラー使いたかったですが

DAIMETALに持って行かれたので

リバーシュリンプをセットしました。

ワームの頭から出ているガードを活かしたければ

フックはワーム中心よりやや上に通してセットして

ガードをフック先端から埋めます。

ガードをカットした時は

薄刺しにすることでローリングの動きが強調出来ます。

 

IMG_0540
ロッドはフェイズ新作のドリフトマスター。

いわゆるミドストスペシャルです。

僕は5インチのバスエネミースティックをリグしましたが

ホントはもっと小さく全体重量が軽いリグの方がベストマッチします。

 

まだまだ煩悩があるのでタックルは増えそうです。

今年はショー前に釣りを自重していたら

ショー後にさらに弱ってしまったので

初釣りが随分と遅くなってしまいました。

明日は釣れるかな。

 

あっ、忘れていました。

今晩9時はBS釣りビジョンBIGBITE最新回初回オンエアです。

タイトルは

「極寒のリザーバーで見たSOUL of BIGBITE」

 

2018ラストフィッシュ
吠えました。

つらい釣りの時ほど感動はデカいなー。

是非、ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません