2018.10.03(水)
カテゴリー:バス釣り

仲間に感謝。

昨日は9時間以上かかって大阪に帰りました。

朝6時に霞を出発しましたが

首都高手前から渋滞にはまりました。

会社に行く前に、

フリークさんに360度トランスデューサーを持って行き、

BIGBITE号に再取り付け依頼。

次のロケの為です。

その後、まあまあフラフラで久々の出社。

でも、この顔見たら元気が出ました。

 

IMG_9445
モリゾーが来社していました。

 

IMG_9443
バサーさんのインタビュー取材。

その後、一緒に食事といきたかったのですが、

盛三には用事が、僕には先約があり、お先に失礼しました。

盛三と次に会えるのは霞かな。

 

自宅に帰って家族の顔見てほっこり。

その後は近所のお寿司屋さんへ。

 

IMG_9447
地元の皆で祝勝会してくれました。

仲間に感謝です。

皆に祝福され、じわじわと喜び再び。

料理も最高でした。

 

.jpgケーキ
お祝いのケーキも。

しかしベルビーメチャ食うなー。

これほど寿司食べる女子初めて見ましたわー。

メチャ賑やかで楽しい時間を過ごしました。

まあ、最後の方はほとんど落ちていましたが。

 

こちらは台風後の池原ダム。

池原でのゲットイン後の打ち上げで

料理長として皆のために頑張ってくれた東京の根岸君が

バラムで凄いの釣ってました。

 

.jpg根岸66.5cm,5990g
バラムフィッシュ。66.5cm,4995g!

僕の池原バラムフィッシュレコードを抜かれてしまいました。

皆のために頑張ってくれたご褒美フィッシュやね。

おめでとう!!

 

こちらは琵琶湖。

内田ケンちゃん。

 

フリーリグ.jpgケンちゃんエネミー
バスエネミー4.5インチフリーリグ。

ロッドはヘラクレス7ラインはマジックハードR16ポンド。

ケンちゃんはいつもデカいの釣るなぁ。

 

僕は今週は何故か土日のロケです。

今日は霞タックルからまたまた組み換え。

でも、またまた台風でロケ出来るか心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2018.10.02(火)
カテゴリー:バス釣り

試合再考とウイニングタックル。

昨日は霞で一泊しました。

交通の通行止め情報が疲れを倍加させたことと

ボートのメンテがあったからです。

 

マリンワークス大山の小林さんが

ABCに来てくれ、

エレキ不調などの症状を伝えました。

実はウルトレックスのスポットロック機能が

WBSジャパンオープンの前から故障していました。

試合前日はABC伊藤さんと

「ああでもないこうでもない。」

横利根川でチャージャー210を浮かべたり、

揚げたりを繰り返し、

悶えましたが結局はエレキは不調のまま。

でも、それを不運と思わず、

「浚渫はやらない。」と

割り切って試合に臨め、増水で良くなった

シャローカバーを決め打ち出来たのが、

結果的には最高だったので

何が幸いするかは分かりません。

 

IMG_9435
優勝トロフィーを見つめるミー助。

なごみますな。

 

.jpg優勝はエエな。
ジグ番長的展開が出来た試合となった。

フルサイズのカバージグではなく

コンパクトシェイプのカバージグ撃ちがメイン。

増水がシャローカバーへデカバスを導いた。

 

IMG_9426
ウイニングタックル。

カバークリーパー3.5g。

トレーラーはアントライオン3.3インチ。

ロッドはヘラクレスフォースグランディスLTS。

6フィート6インチミディアムパワー。

リールはZPI Z-PRIDE。

ラインはマジックハードR14ポンド。

 

IMG_9350
初日に勢いをつけてくれた1500フィッシュ。

カバークリーパーが仕事してくれました。

ウエインしたキロオーバーはほぼ全て

自らがプロデュースしたジグでゲット。

入れ替えフィッシュもこれでした。

自分のルアーには愛があるから

釣れるのかもしれません。

オーバーハングへ滑り込ませたり

ヘビーカバーの隙間から落とすなど

かなりハードな使い方をしました。

スモラバでは根掛かって攻められないヘビーカバーを

テキサスリグのごとく打ち込むコンパクトカバージグです。

結構えぐいところまで入れています。

思い切り合わせて抜き上げても

ビクともしない強靭なフックです。

2日目は全ての魚を抜き上げました。

疲れからかキャストは

特に2日目はヘボかったですが、

ここぞと感じたカバーへはビシバシ入りました。

思ったようなイメージで入ったら

バイトが来ました。

Z-PRIDEの最後の一伸びあっての

ここぞの集中力のおかげです。

 

実は試合前はメインに考えていたのがDゾーン。

 

IMG_9428
ウイニングルアーその2。

Dゾーン3/8ozダブルウィロー。

試合初日は北浦で2本バイトミス。

そのミスした魚の方向をバックシートの飯田君に

「あそこに投げて!」と言うと、

見事に2本ともナイスキャスト。

絵に描いたようにフォローが決まりました。

バスエネミー3.5インチバックスライドリグでした。

決して大きくなかったですが

初日は5本摂るのがやっとだったので

飯田君のナイスフォローがなければ

優勝はありませんでした。

チームプレイの極みです。

 

2日目はそれまで撃っていたのに

閃いてDゾーンのロッドに持ち替え投じた1投目でドン。

太ったキロアップ。

それが大逆転の始まりでした。

Dゾーンに持ち替えて1投目はもう一度ありました。

なんか神懸っていました。

ロッドは投げやすさ最高のフェイズウォリアー66M。

リールは古いメタマグをZPIさんにメンテしてもらって

長く使っているZPI NRCチューンモデル。

ギア比は6.2:1。

ラインはマジックハードR14ポンド。

 

もう一つの立役者。

 

IMG_9440
ゼクー(ZEAL OPTICS)ドリオ。

巾着の脇にかすかに黒い障害物を見つけさせてくれました。

そこにDゾーン通して飯田君がフォローして2本をゲットできたのも

優れた偏光グラスのおかげ。

レンズはタレックスイーズグリーン。

ローライトでもマッディーでも見える情報は貴重です。

 

IMG_9439
チャージャー210エリート。

爆荒れのプラ、ロケ、本戦2日目。

絶対的な安心感で走り抜けることが出来ました。

ダダ荒れでもまだドッカーンという衝撃を感じたことがありません。

痛くないのがたまらなくいいな。

 

実はアクシデントもありました。

試合2日目。

宿での充電のブレーカーが落ちており、

朝からクランキンバッテリーがパワー不足で

エンジン掛からなくなりました。

「なんじゃこりゃー。」と思いましたが、

エレキ用バッテリーと交換して難を逃れました。

ロスタイムになりましたが、

漂流ではなく試合が続けられる喜びが

幸運とビッグフィッシュを呼んでくれました。

上手くいく時はやっぱりポジティブですな。

 

1538303385542
最高のパートナー飯田君と。

J2霞ヶ浦年間チャンプ、JB霞ヶ浦年間チャンプは

やはり最高の勝ち運を持っていました。

ありがとう。2人の勝利です。

 

今日、大阪へ帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2018.10.01(月)
カテゴリー:バス釣り

WBS ジャパンオープン逆転優勝。

WBSジャパンオープン優勝することが出来ました。

 

IMG_9379
優勝カップを手に。

トータルウエイトは唯一の10kg超え。

チームエバーグリーンやりました。

飯田君2日間お疲れ様。そしてありがとう。

お互いのコンビネーションもばっちりで

リラックスして試合を楽しむことが出来ました。

最高のチームでした。

ちなみに優勝賞金は100万円です。

パートナーの飯田君と半分こしました。

 

初日は5本。4265g。8位スタートでした。

 

IMG_9350
初日の1本目のキーパー。約1500g。

カバークリーパー3.5g&アントライオン3.3インチ。

今思えばこのファーストフィッシュが勢いをつけ

この試合の戦い方を教えてくれた。

試合中なのに飯田君に魚を撮影してもらった。

この後は写真撮るのは止めて試合に集中。

取材でなくて試合なので写真撮っている場合ではありません。

 

初日トップは赤羽修弥チーム。5930g。

差は約1600gと大差を付けられていました。

2位小島貴チーム5600g。

3位蛯原チーム5120gとEGの強豪が並び

逆転は余程のビッグウエイトを釣って来ないと

難しい感じでしたが、

2日目は神懸っていました。

 

増水した霞のシャローカバーにデカバスが刺して来ていました。

まさしくジグ番長展開。

火を噴くカバークリーパー&アントライオン。

ゾーンに入りました。

目につく鉄杭にもしやと放つ

Dゾーン3/8ozWWには持ち替えた一投目でゲットすること2回。

冴えに冴えていました。

ただ唯一のキロ未満の770gが最後まで入れ替えることが

出来なかったので、

「逆転は無理かな?」と考えていました。

 

IMG_9364
2日目はトップウエイト。5本5740g。

トータルウエイトは10005g。

初日2位の小島が失速し、

僕の後のウエインの初日断トツトップの

赤羽チームもウエイトを落とし

暫定トップを死守。

 

最終ウエインの蛯原、星野チームのウエインをステージから

見つめていました。

正直、複雑でした。

普段は応援する立場のエビちゃん。

5本揃っていることは知っていたので

「エビちゃんの勝ちやな。」と思っていました。

「それでもいいか。」

「いや勝ちたい。」という交錯する思い。

エビちゃんが逆転するのに必要なウエイトは4890g。

しかし表示されたウエイトは4805g。

僅か80gの差!

その瞬間。

菊元、飯田のチームエバーグリーンの優勝決定。

思わずこぶしを握り締めました。

寸前までの揺れる心。

でも勝利の瞬間、体は反射的に喜びを表現していました。

 

IMG_9375
蛯原、星野チーム準優勝。

2日間フルリミット9925g。

勝ちへの執念はエビちゃんが僕より勝っていたでしょう。

ただ僕はこの試合をリラックスして自然体で挑めました。

試合を楽しもうと始めから決めていたからです。

結果、勝利の女神は僕に微笑んでくれました。

「次はオールスターやなエビちゃん。」

 

IMG_9366
エバーグリーンワンツーフィニッシュ。

同時にチャージャー210チームワンツーです。

普段は仲間。試合中はライバル。

試合が終われば、かけがえのない良き仲間に戻ります。

 

JBトーナメントトレイルを引退してから

早16年。

その間、参加する試合は年に1度の

バサーオールスタークラシックだけなので

優勝する機会自体が少なすぎでした。

勝ちに飢えていました。

今回WBSオープンに参加させていただき

数少ない勝つチャンスを与えていただいたことに

感謝します。

運営のWBSスタッフの皆さまありがとうございました。

 

IMG_9416
2日間戦い抜いた戦艦チャージャー210。

2日目のラフウォーターもなんのそのでした。

その前の爆荒れのプラもロケもへっちゃら。

「メタルの翼号」。羽ばたきました。

初戦でウイニングランでした。

チャージャーボートジャパン様、

夢を与えてくれてありがとうございました。

また、EGの仲間、

いつもお世話になりっぱなしのABCマリーナ様、

ファンの皆さん

本当にありがとうございました。

 

こちらは台風一過。

夜中の大荒れも知らず爆睡していました。

でも、試合モードで今朝も早起き。

体は疲労のピークですが、気持ちは充実しています。

 

次はバサーオールスター。

また数少ない勝てる機会が巡って来ます。

本当に幸せなことです。

次も楽しみながら頑張りますわ。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません