2020.08.02(日)
カテゴリー:バス釣り

紀ノ川危機一髪。

昨日は久々に紀ノ川へ。

ちょこっと負傷しました。

危機一髪でした。

 

紀ノ川釣行目的はオライオンのプロトロッドのテストと

紀ノ川でデカバス釣りまくっている

EGスタッフの福島直城がどんな考えどんな狙いで、

自分とは違う攻めをしているのかを知りたかったからです。

 


福島直城との初の釣行でした。

ボート用意して待ってくれていました。

若手とのコラボは刺激があっていいな。

 

福島の狙い方は自分とはやはり異なっていました。

スーパーロコなのでピンスポットを知っているのは

当たり前なのですが、

今回はフィーディングバスが居る、あるいは回遊してくる

場所をメインターゲットにしていました。

 

川は朝はかなり流れが早く、

先日の大雨の影響で濁っているかと思いきや

かなりクリアアップしていました。

久々の紀ノ川はここのところの大雨などで

地形が大きく変わり全体に浅くなりまくりでした。

またブッシュなども伐採されてるところが多々ありました。

 

福島がメインだというスポット一か所目は

バスがほとんどおらず不発。

 

バラム投げながら遡上すると

弾丸のように真っ黒なバスが飛んできましたが

直前でUターン。

チェイスは2回のみでした。

 


バラムをフルキャスト。

タイトトレース出来る場所はほとんどありません。

 

2か所目はバスがおり、また何度も入って来ましたが

ボイルもほとんど起きず、

ボート固定してサイト。

バスの反応はほとんどが逃げるか

ラインを異常に気にしている反応。

2人とも超ショートバイトでミス数回しただけでした。

反応があったのはスカルピンジグヘッドリグ、

ラストエース80Fノーシンカーピクピク。

バスエネミー2.9インチノーシンカーなど。

ボトムがつるつるだ浅くルアーを隠すところがないのが

アカンところです。

もうサイト止めて移動しようとすると

ボイル起きたりして、罠にはまりました。

 

滅茶苦茶な暑さでした。

大量に水を消費しました。

見る見るうちにクーラーボックスの中身が減っていきました。

 

2人ともタコ坊主になりそうになりました。

最終的には自分ならこうやるという釣りに切り替えました。

カバー撃ちです。

 


デカいの来ましたが、痛恨のバラシ。

ルアーはカバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチ。

それまでにカバー撃って唯一のバイトあったルアーでした。

それからは終了時間までカバー撃ち。

 

急にバイトが出だしました。

でもほとんどがブルーギルのバイト。

その時、「これはバス!」と言うバイト。

フルパワーでアワセると、すっぽ抜けたカバクリが

顔面目掛けてマッハで飛んで来ました。

 

「痛っ!」

鼻の下に直撃しました。

目でなくて良かった。

でも、この時思ったのはやはり釣りには

目を守る偏光グラスやキャップは大切だなと。

今回はアワセでルアーが飛んできましたが

根掛かりを外して飛んで来たりすることは結構あることです。

目に直撃して、サングラス掛けてなかったら最悪は失明してしまいます。

今回はクールネックゲイターで顔を覆っていたので

少しはましだったかもしれませんが

帰って顔見ると赤黒く血豆が出来ていました。

直撃したルアーがまだカバクリ5.8gと軽くて良かった。

昔、DVDロケで1ozシンカーが飛んで来て

肩を直撃して、激痛で悶えて

ずっと赤黒くなってたことがあります。

重いリグでなくてまだ助かりました。

アメリカでは頭蓋骨陥没骨折して

緊急搬送された事例もあります。

 

これくらいで済んで良かったと考えることにします。

皆さんも目を守る偏光グラスは釣りの時は

必ず着用してくださいね。

 

その後はダブルヒットや小さなバスがポロポロ。

 


福島直城とダブルヒット。

でも鼻の下に血豆が出来てました。

家に帰ると黒くなっていましたワ。

 

今回の紀ノ川は想像以上にタフ。

何より暑すぎで明らかにダメダメなコンディションでしたが、

自分とは違うアングラーの釣り見ることで

刺激を受けました。

今後の釣りに活かせたらいいな。

 

今日釣りに行っている人は

熱中症などに充分注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.07.30(木)
カテゴリー:バス釣り

ルアマガ取材。

ルアーマガジン取材はオライオンの紹介でした。

 

先行発売される4機種の特長、使用ルアーなどを

解説メインの取材。

67MLデジェル。

67MHムーンゲイザー。

69Hスターゲイザー。

71H+ブラックローズ。

この4機種をメインに釣りだけでなく

解説や撮影をして来ました。

舞台は池原ダムでした。

 


オライオンデジェルフィッシュ。

池原は極めてタフでしたが、

なんとか魚の写真は撮れました。

レイクはこの前来た時よりかなり増水。

 

初日は朝移動でY企画さんに昼前到着。

昼から出船。

今回はレンタルボートで出撃です。

 

日曜日の大雨の恩恵はすでになく、

レイクは極めてタフと感じました。

この日は小さいのだけで終了。

12インチボウワーム高浮力モデルにデカいのが顎を見せて

口使いましたが、吸い込むまでには行きませんでした。

ノーシンカーワッキーの水面ボヨボヨは出まくりだったらしいですが、

全然ダメダメになっていました。

 

ペンションながいさんにチェックインして

7時過ぎから晩飯。

8時過ぎに風呂入って、

9時過ぎからライターのもっちーに

インタビュー取材を受ける。

1時間ちょっとで終了し、

それからごそごそメールやスタッフのSNSなどチェックしてから

11時ごろに寝落ち。

朝は3時前に勝手に目が覚める。

うるさいなぁと思って起きたら

TV着けっぱなしだった。

眠すぎ。

4時過ぎに宿出発。

日の出時間に合わせて出船。

 

全然釣れん!

かろうじて魚は釣っているが

フィネスな感じ。

 


いかにもな感じの滝。

でも全然反応なし。

見えバスはバックウォーターに結構な数がいましたが

どれも小さい上、極めてスプーキーな魚たちでした。

すでにフィーディング祭りは終わったタイミングですな。

 


昼は桟橋に戻ってタックル撮影。

このころまで小雨降ったり、曇ったりで暑さはまだましだったが、

撮影始まってすぐに晴れ上がり、湿度高く蒸し蒸しになり、

額から汗がにじみ、目に入るほどでクラクラ来たので

「ヤバい!」と水を補給。

1時間ちょっと、そのロッドに適したルアー出したり、

リグしたりしてタックル撮影は終了。

これとインタビューが今回取材のメインです。

雑誌の取材はTVロケより、釣りに時間を取れないので

釣れない時はちと焦ります。

でも、今回取材はオライオン紹介がメインなので

別に釣らなくても大丈夫なのですが、

池原に来た以上、バカデカイのを釣りたいのは

プロアングラーの性です。

 

桟橋での撮影終わり、

最後まで頑張りました。

ラスト1投で魚が来たのは良かったです。

 

ルアーマガジン次号をお楽しみに!

 

7時過ぎに片付け終わり、

帰りは阪神戦のラジオ中継聞きながら

帰ったので眠くならなかったのは良かったけど、

自宅に到着した瞬間、負けました。

前日の20点をちょこっと取っておいてほしかったですわ。

 

今日はちょっと出かけて来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.07.23(木)
カテゴリー:バス釣り

苦悩の七川ダムBIGBITEロケ。

昨日で2日間のBIGBITE七川ダムロケが終了。

苦悩しました。

 


朝もやのバックウォーター。

見えバスが最も多かったストレッチです。

レンタルボートの魚探の水温計がバグっていたので

水温は分からなかったけど、手を水につけると

明らかにぬるい。

後に会った他のボーターから水温を聞くと

何と30℃超え!

1週間前は22℃だったらしいので急上昇にもほどがあります。

ここのところ雨降らず、暑い日々が続いたからね。

 


初日のビゲスト。

サイトフィッシングです。

バスが入って来るボートで上がれる限界まで行き、

エレキ踏んだら釣れないので浅場にボート固定。

色んなルアーに反応しますが、

寸止めの連続。

 

番組では沢山のバイト寸前映像が見られるはずです。

フィネスからバラム300、ウエイクマジックなどです。

魚が反応するのはボトムか水面でしたね。

それとウグイやニゴイ掛けた時に

それを襲いに来るバスの反応が鮮明にカメラが捉えています。

おらんと思っていても、わらわらとどこからともなく

バスが現れ、ルアーに掛かったデカニゴイ襲う映像はとてもレアです。

 

2日目には減水がさらに進みこの場所には

もう上がれませんでした。

 

新しい水が入って来ず、徐々に減水が進んでいるので

バスは異常な程スプーキーでした。

 

一番アカンタイミングでロケに来てしまいましたな。

ロケが一週間前だったら全く違う展開だったのにと思っても

決められた日程なので、仕方がないこと。

 


バックウォーター下って我慢の釣りで。

水色が明らかに違います。

ラストエース80F0.4g自作ジグヘッドリグ。

ワンエリアのみ見えバス沢山いますが

どれもこれも天才過ぎたので

沈めて超ゆっくりミドストです。

 

それにしても暑すぎた。

他のバックウォーター見に行くと流木地獄で

うんうんうなりながら流木かき分けて

やっと突破すると浅すぎて上がれず

また同じ流木戻ったら

汗が噴き出し、足がつりました。

気温もそうですが湿度90%超えはたまらんなぁ。

水分を沢山補給しました。

 

小さい魚は真面目にやると数は釣れそうだったので

ちょこっと濁ったメインレイクをやると

すぐに釣れましたが、

「これではBIGBITEと違う。」とすぐに止める。

初日が終わり、作戦を考えてるうちに

アイディアが浮かぶ前に落ちてしまいました。

 

2日目はデカいのがおるワンストレッチに賭けました。

 


唯一、上がれたクリアウォーターストレッチ。

サイトで思いつくままのルアーを頻繁にローテーションしました。

ルアーを変えて1投目は反応しますが、

全てが寸止めかよくてキスバイト。

勿論、投げずに休ませる時間も多く取りました。

2日目はさらに減水進んだので

上がって来るバスの数が時系列で減って行きました。

ヤバい!

 


でも、来ました!

プロトのオライオンスピニングいい曲がりしていました。

めちゃ苦労したのちの1本。

バラムに襲い掛かるシーンも何度かありました。

その後、下って何本か追加。

 

夕方、狙いすまして朝のバックウォーター目指しましたが、

まさかのシーンに遭遇し、入ることはかなわず。

謎のオサーンの陰謀でしたわ。

 

夜はガンちゃん、ちゅうべいさん、いわっちの

ガンクラフト軍団と食事。

宿に帰ったら夜中。

言うまでもなく爆睡しました。

 

今から大阪へ帰ります。

今日は祭日でしたね。

帰ってゆっくりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません