2019.09.16(月)
カテゴリー:バス釣り

バスエネミースティックで優勝からーの。

昨夜は琵琶湖へ来ていた

八田真宏を晩飯に招待。

 


馴染みの寿司屋さんへ。

八田君大喜び。ここは2度目。

八田君は真面目なので

ずっと真面目なバス釣り話。

 


ウニと剣先イカ。

最高に美味い。

写真は以前伊地知さんと行った時に伊地知さん撮影のものを拝借。

僕は食べ物をいちいち写真にとるのは苦手なオヤジです。

 

八田君は昨日、琵琶湖リブレカップに出場。

 


琵琶湖リブレカップ連続優勝。

東京からのアウェイなのに異常に釣ります。

ウィニングルアーはバスエネミースティック4インチ。

ノーシンカーリグです。

I字引きで1本。

後はフォールでラインが走るバイトを捉えリミット達成。

木ノ浜浚渫でワカサギが沸いている深い穴。

沖には船団でしたが

インサイド側には船はいなかった。

シャローのウィードエリアは仔バスの猛攻なので

トーナメントでは切り捨てたようです。

 

プラはもっと釣れていました。

全てバスエネミースティック4インチノーシンカーリグ。

 






バスエネミースティック4インチノーシンカーリグ。

カラーはナチュラルシャッド主体。

ブリブリさんばっかりです。

八田真宏、たまに関東から来てメチャ釣ります。

船団には入らず、独自に魚見つけるので

センスがあります。

ロッドはフェイズドリフトマスター。

ラインはマジックハードR5ポンド。

スリリングなファイトを存分に楽しめたようです。

 

今日は一緒に淀川行きたいリクエスト貰っていたので

2人で淀川出撃です。

昨夜は早々に引き上げました。

今朝はスーパー早起きではないけど

ちと眠いです。

今日も天気予報はずっと晴れ。

暑そうです。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.09.15(日)
カテゴリー:バス釣り

小田島悟WBS AOY獲得。

吉報来る。

 

本日霞ヶ浦で行われたWBS最終戦、最終日で

小田島悟がAOY獲得!

 


オダジーおめでとう!!最高の笑顔です。

最終戦は準優勝。

初日4715g5本。2日目3780g4本。

トータルウエイト8495gでフィニッシュ。

 

本人に電話したら

最終戦を迎えるまで暫定5位くらいだったので

リラックスして試合に挑めたのが良かったとのこと。

初日で年間暫定2位まで浮上したけど、

暫定年間トップとは1855g差。

最終戦最終日でこの差を逆転しました。

 


決勝日のウエイン。

初日は10数本と釣り過ぎたかなと。

2日目は4本のウエイン。

10時までノーフィッシュと苦しみました。

ちなみに2日目は全て小田島悟が釣った魚。

 


AOYの盾を手中に。

ちなみに使用したのはエッジブレイカー。

ノーシンカーバックスライドリグ。

ほぼ全ての魚をキャッチ。

ロッドはヘラクレスFACT70H。

ラインはマジックハードR16ポンド。

バックスライドフォールしてから

ホワンホワン!とアクション付けると

下から出て来て引っ手繰っていくバイト多発したようです。

大西健太も喜びます。

 

改めてオダジーおめでとう!

 

EG勢の最終戦成績は、

 

8位蛯原英夫

9位高岡展二

17位小島貴

19位上杉真琴

 

選手のみんな一年間お疲れ様でした。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.09.15(日)
カテゴリー:バス釣り

淀川へ。

昨日は3連休初日。

淀川へ行っていました。

涼しくなってからまたまた暑くなった。

でも、前にロケした時の灼熱に比べると

風もあり全然マシ。

石井館長と一緒でした。

 

朝一のディープクランクは館長が小さいの釣ったのみで、

シャローカバーへ移動。

カバクリアントさんは小さいの連発で、

僕はテキサスリグに変更。

 


エッジブレイカーテキサス。

エッジブレイカーのカラーはベイビーギル。

シンカーはEGタングステンバレット10.5g。

ロッドはプロトのヘビーアクション。

カバー先端の深い場所。

 

その前に館長が釣った魚がヒントになりました。

 


エッジブレイカー。

ペグ止めフリーリグ。

エッジブレイカーではこの後、さらに追加。

 

カバークランキングやカバーでのサイドステップは不発。

 


Dゾーンでもこれくらい。

一時の仔バスが沸いている状況はなくなりましたが

小さな奴はチェイス、バイト多数。

カバクリアントさん入れたらすぐ釣れます。

 


バイト多発。でも小さい。

カバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチ。

こんなのは連発します。

テストしているクランクもすぐ釣れますがさらに小さい。

ディープ隣接のシャローカバーを撃ち抜きますが

昼からは極小バス除いては、反応ナッシング。

水深がある流木が絡んだストラクチャーに

エッジブレイカーを撃つと明確なバイト。

フッキングして「デカい!」と喜んだ瞬間、

水中の木に巻かれて木化け。

その後はカバー撃ち切るもタイムアップ。

数は釣れましたが不完全燃焼。

 

でも釣る人は釣っていました。

毎週のように淀川に通っている

ルシウス伊藤君です。

 


ゴールドディガーで59cm!

最後の最後に来たらしいです。

ロッドはヘラクレスストライクマスター77。

ラインはマジックハードR16ポンド。

ゴールドディガーのカラーはリザーバーアユ。

その他、コンバットクランク480で40アップなど。

昨日は多分水温上がったことで

ディープ優勢の状況になっていました。

流石は淀川マスターです。

 


出船後、石井館長がすぐに釣った魚。

コンバットクランク480。

この魚でディープクランキング見切ってしまったのが

失敗だったかも。

僕はシャローにこだわり過ぎたかな。

 

とは言え、淀川は僕にとって近場で

すぐに行けてデカいの釣れる夢のある場所です。

また、行ってしまいそうです。

 

こちらは昨日のエブリデイ遠賀川。今田オジサン。

僕のブログ見てカバクリアントさんやりたくなったらしい。

 


2kg近い太い魚。

カバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチ。

 


ロッドはフェイズシャープシューター71M+。

カバクリさんはグリパンチャート。

アントライオン3.3インチはブラックレッドクロー。

ラインはマジックハードR12ポンド。

朝練2時間でこの魚は見事です。

 

今日はWBS最終日。

初日のEGメンバーの順位は。

 

3位小田島悟。

4位高岡展二

9位上杉真琴

11位蛯原英夫

14位小島貴

 

となっています。

逆転優勝と大まくりを期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません