2019.05.04(土)
カテゴリー:バス釣り

ぼちぼち行きます。

昨日はゆっくりまったりしていました。

TVで野球観戦。

阪神タイガースが4番大山選手のサヨナラ打で

勝利して喜んでいました。

矢野監督の我慢が実りつつありますね。

 

昨夜は子供並みに9時過ぎに寝てしまったら

今朝は4時前に起きてしまいました。

早起きオジサンですわ。

今日もいい天気。

 

僕はやっぱり釣りの虫が騒ぎ出しました。

 


デカバス奉納したくなってきた。

すでにアタリが恋しいです。

 


池原に行って来ます。

ゆっくりぼちぼち行きます。

大怪獣との出会いはあるかな?

ドキドキする時間を求めて行きます。

 

こちらは昨日の琵琶湖。石井館長。

 


キッカーバグ4インチスーパーヘビダン。

カラーはチャートGDGR。

北のリーズフロント。

 

稚鮎の群れが視認出来るところでは、

 


ラストエース75ジグヘッド。

ミドストです。

ロッドはフェイズ新作ミドスト特化型ロッド「ドリフトマスター」。

あわやロクマルの真っ黒なプリスポーナーでした。

 

こちらは霞。蛯原英夫GO-ONEガイド。

 


3.3インチフラップクロー7gゼロダン。

 

 

ゲストさんは、

 


2.8gダブルモーション7gゼロダン。

ナイスバスです。

昨日は厳しかったようですがデカバス釣れておめでとう。

 

こちらは大会プラに出ていたエブリデイ遠賀川。

 


見事なゴンザレス。2000g。

これは大会で釣らんとアカンやつ。

 


仕事したのはフラップクロー3.3インチ。

カラーはグリパンBK。

5gフリーリグ。

ロッドはフェイズテンペスト67MH。

ラインはマジックハードR14ポンド。

今田オジサンめちゃ釣りますな。

 

それでは僕は出撃します。

渋滞なければいいな。

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.05.03(金)
カテゴリー:バス釣り

悶えるデカバスを救助。

昨日は嫁子供と母親を連れて寿司屋さんへ。

オカンが喜んでくれて良かった。

 

ところでThe Hit池原ロケは大成功でしたが、

見たことないものを見つけました。

釣りしていると遠くの水面で「バシャッ!」という音が。

近づいて見ると水面にデカい魚が浮いて悶えていました。

デカバスでした。

始めはジャイアントベイト咥えて潜れずに

悶えているのかと思いましたがさにあらず。

「ひょっとしてネットですくえるんとちゃうか?」と近づきます。

 


ヘラを飲み込めずに水面で悶えていたバス。

ボートで近づいても潜れず逃げずで、簡単にすくえました。

 


強欲すぎたバスですな。

飲み込めずにいたヘラは40cmオーバー。

 


この日釣った最大魚よりデカい57.5cm。

まさかネットですくうとは。

この後、ヘラブナを外して

バスの口を持ち水中でエラに水を通してやると

なんだか急に元気になって水中へと泳いで帰って行きました。

その後、このバスの恩返しで3投連続でバスが釣れましたとさ。

悶えるバスを助けたのは、

昔、高梁川で浅瀬に小魚追い込み過ぎて

勢いあまって水深5cmくらいの岩の隙間に飛び込んで

バタバタしていたのを手づかみして救助して以来です。

 


GW中に池原もう一回行こかな。

お誘いがありました。

水増えて欲しいな。

 


美しい聖地池原。

今は大減水なので普段は沈んでいる立ち木がむき出しです。

 


立ち木に絡んだライン回収のチャンスです。

僕はロケ中でも回収していました。

ご利益がありました。

 


綺麗な池原に絡んだラインやゴミは似合わない。

それはどこの釣り場でも同じ。

さらに絡んだラインは根掛かりの連鎖を生みます。

みんなも出来るだけ絡んだライン回収に協力してなー。

 

こちらはロケ前日の下見で一緒だった松川大魔神。

 


ツインテールリンガー4.7インチネコリグ。

「これ投げといて。」と僕のロッドを渡すとすぐ釣りました。

この場所は複数バイトがあったので

ロケ当日も行くと僕のツインテさんにデカそうなのが来ましたが

木に巻かれて木化けしてばれてしまいました。

困った時のツインテ。

菊元プロデュースなのに僕の周りの人ばかり釣ります。

 

こちらは大西健太令和初バス。

 


ツインテさん5.8インチネコ。

ゲストさんもツインテ炸裂。

エッジブレイカーもずっといい感じ。

 

こちらも琵琶湖。下敷領。

 


令和初バスがロクマル!

61cm。バスエネミー4.5インチグリパンBLフリーリグ。

ロッドはヘラクレスブルーマイスター67MHLTS。

ラインはマジックハードR14ポンド。

この他、バスエネミー3.5インチスプリットショットリグや

ビビッドテールで複数キャッチ。

 

こちらは平成最後の釣りを津風呂湖で楽しんだ

内田ケンちゃん。4月30日。

 


ブリムスライド炸裂!ブリムフィッシュ3本ゲット。

ロッドはヘラクレス7。

ラインはマジックハードR20ポンド。

 

最大魚は、

 


キッカーバグ4.5インチヘビダンでゴンザレス。

合計6本をゲットで平成最後の釣りをメチャ楽しんだ。

ケンちゃんやっぱり良く釣るなぁ。

 

こちらは琵琶湖。岡田YASU。

 


令和初バスはキッカーバグ4インチ。

フリーリグで使用。カラーはスカッパノン。

 



ツインテさん5.8インチはやはり絶好調。

GWの湖上はボートでいっぱいみたいですが

いい釣りしていました。

 

こちらは「THEドヤ顔」のDAIMETAL。

 


初の布目ダムを満喫。

バスエネミー4インチジグヘッドリグミドスト。

ロッドはフェイズドリフトマスター。

ラインはマジックハードR3ポンド。

GW釣り行きまくりのDAIMETALでした。

 

僕は今日はまったりしときます。多分。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.05.02(木)
カテゴリー:バス釣り

怒涛の池原ロケ。

令和元年初日のロケは池原ダム。

トリプルゴンザレスをゲット。

デカバスやらかしもありましたが、

2桁釣果の大成功ロケとなり、

新しい時代のいいスタートを切ることが出来ました。

GWとあってボートは多いですが

今は減水で昇降が出来ないところが多く

雨だったこともあり、

思ったよりはボート少なかった。

 

朝はクランクの巻きで行くか、ジグでいくか迷ったが

自分の勘を信じて、ジグ展開から開始。

バラムはロケ成立まで投げないことを決意。

その判断は間違えてなかった。

朝イチ、数投目から怒涛の入れ喰い。

 

 


火を噴くTGブロー1/2oz&キッカーバグ4インチ。

大爆発しました。

3本のゴンザレスと他はほぼ40アップのほとんどをゲット。

早いフォールとハングオフ時のスピードに

バスが反応している感じでした。

 


最初は素直にバイト。

それからはハングオフなどリアクションで。

TGブローはシークレットブラック。

キッカーバグ4インチはグリパンBLのコンビネーションが

最もバイトを誘発。

ルアーをローテし、誘いを変えてみたがそれらにはノーバイト。

再びTG&キッカーバグに戻すと再びバイト。

TGブローをコザリ、キッカーバグをスカッパノン。

TGブローを再びシークレットブラック、

キッカーバグをブラックにチェンジして

最後に3連発しました。

 


令和ファーストフィッシュはゴンザレス。

TGブロー&キッカーバグ4インチ。

この魚を口火に怒涛の3連続だったか4連続だったか

記憶が定かでないが入れ喰いモード。

神懸っていました。

ジグ番長でしたわ。

地形、カレントの当たり具合、

濁りと水温の境目、ベイトフィッシュの存在と

パーフェクトな条件のフィーディングスポット。

ロッドは死ぬほど惚れ込んでいるプロトヘビーアクション。

ラインはマジックハードR16ポンドです。

 

クランク展開もやってみた。

 


コンバットクランク320。

プリスポーンダイナマイト。

これが昨日の最小の魚。

このあとすぐ320にゴンザレス喰いましたが

ボート際でフックアウトしてしまいました。

 

TGブロー&4インチキッカーバグでは

真っ黒なガリクソンさんの推定ロクマル掛けましたが

これもボート際でバラシ。

これは痛恨でしたな。

雨降ってから冷えて喰いが浅くなりました。

 


池原の水温は14℃台から16℃台。

ちょっと前の冷え込みで

急に3℃下がってからタフ化したようですが

今日から暖かいので再び上昇するはず。

依然大減水で濁っていますが

徐々にですが水位は上昇しています。

 

実は前日の下見はアカン感じでした。

広く見て回りましたが、

濁りが広がりバイトは遠い。

バスはほとんど見えず、バラムチェイスもなし。

でも、夕方最後に入った場所でCCラウンド&カバークリーパーで

小気味いいバイトがあり、平成最後のバスが来た。

その魚のポジションと喰い方に「気付き」を得たことが

このロケ成功の全てでした。

 


前日の気付きの魚。

産卵行動の前のフィーディングの魚。

平成ラストの魚は令和の魚に繋がりました。

 


令和元年初日のロケ。いい釣りが出来ました。

ここのところ良くない流れが続いていましたが

それを断ち切り、いい流れになって来たかな。

 

取材艇努めてくれボート貸してくれた松ちゃん、

取材艇貸してくれたニコニコおっちゃん、

忙しい中取材歓迎してくれたY企画さん、

そして池原の神様ありがとう。

 

新しい時代もバスと共に生きたいナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません