「ロッド」 のアーカイブ

2011.09.05(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

福島健の戦略とタックル。

本日2回目の更新です。

 

さて、福島健の対檜原湖、対スモールマウスバスの

戦略とタックルを。

 

まず、今回の試合は台風がプラスになったと

表彰台でも語っていました。

当然、プラで何か所か場所を絞り込んだはずですが

やれる場所が風裏に限られたことが

自分にはプラスで幸い、プラで良かった場所が

試合中も風裏になり、集中してやれた。

運も味方に付けたようです。

ポジティブな考え方が幸運を呼ぶみたいです。

 

馬の首エリアの風裏のオダがからんだ水深9m

がメインスポットとなり

その場所はプラでは最低でも600gクラスだった。

初日は違うエリアで、少しはずしてしまい

2日目からはメインエリアでキャロライナリグで勝負。

ほぼ1本のロッドと1つのワームで粘った。

キャロはシンカーが2.7g。

ラインはマジックハードR2.5ポンド。

 

特筆すべきはロッドセレクト

福島はバスロッドではなく

海のライトゲーム用のソルティーセンセーション

「Dアタッカー」をメインのキャロライナロッドとした。

 


Dアタッカー。PSSS-70S。ソリッドティップモデルです。

7フィートのレングスで驚異の自重67g !

羽根のように軽く、超センシティヴ。

コレがまたスモールマウスにいいんだわ。

 

昨年も福島はスモールマウス戦のキャロライナ用に

ソルティーセンセーションのリンバーティップを

使用して好成績をあげているが

今回はリンバーティップよりやや長く

よりバットが強いDアタッカーをメインとした。

 


「試合中はDアタッカーのティップばかり見ていました。」

と福島はコメントしていましたが

ソリッドの繊細極まりないティップと

ベリー~バットにかけての

絶妙なアクションは

「シンカーを引っかけて、ためてためて

スルッと離すキモとなる動作(福島健談)

が極めてスムーズに出来る。

その直後にバイトが集中した。

そのバイトをミス無く獲れた。

 

Dアタッカーは異常なまでの集中力と技術を持つ

福島健の釣りにその性能で答えた。

異常技術集団の中で差をつけるためには

道具の性能が極めて重要な役割を担う。

福島はロッドの性能を理解し、

己が技術を最大限に発揮させたのである。

 


試合後の福島健のボートデッキ。

ソルティーセンセーション、Dアタッカーが2本。リンバーティップが1本。

ソリッドティップの極めて繊細なスピニングロッドです。

「これってニューヘラクレスですか?」と

聞かれまくったらしいですが

違います。

本来は海のライトゲームロッドです。

でも、繊細極まりない日本のスモールマウスには

絶大な威力を発揮することは今回の試合も

含めてすでに立証済み。

柔らかい頭が本当に必要なロッドを選びます。

 

ちなみに今回の檜原湖戦で2日目トップ、最終日5位で

トータル9位に付けた

小林知寛のメインロッドは

ソルティーセンセーション「リンバーティップ」。

 


リンバーティップ。PSSS610S。これもソリッドティップです。

6フィート10インチで驚異の60g。

Dアタッカーよりややマイルドなテーパーです。

持ってみればビビるほど軽いことに感動するはず!

 

コバの話が出たついでに言うと

今回4位の福島健と9位のコバの

メインベイトはコレ!

 


C-4シュリンプです。2.8インチ。

「バスが明らかに好むカタチと動き。」(福島健談)が

このワームにはあります。

C-4ジグのトレーラーとしての威力には

僕も脱帽していますが

キャロライナリグでもやはり凄かった!

 


福島健デザインの激釣れワーム。

福島はこの試合でコバにかなりガメられて

自分の分が無くなりそうと心配してました。

試合前に補充分を福島に送ったら

かなり喜んでいたみたいです。

 


C-4シュリンプだらけの試合後の福島のボートデッキ。

試合ではこのワームしか使ってないみたいです。

試合ではコンフィデンスの持てるルアーしか使えません。

 

スモールマウスを人より釣りたい方。

檜原湖、野尻湖がホームグラウンドの方は

是非、ソルティーセンセーションのDアタッカー&リンバーティップを

使ってみてはいかがでしょうか?

C-4シュリンプの方の発売はもう少しお待ち下さい。

 

しっかし、日本のスモールマウスは繊細ですな。

 

アメリカのスモールは豪快ですけど。

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2011.05.21(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

一刀両断ロケの続きです。

 


昨日に引き続き、一刀両断ロケの報告です。


 


柳井原はドピーカンで今年一番の暑さを記録しました。




でも釣り方は見つけました。





サイドスライディングのポーズです。




使ったのは





宇宙人君でした。


宇宙人ことスラッグシャッドはポストスポーンのダルダルな


バスにかなり効果があります。


シンカーはアクティブのNSトーナメント1/11ozのネイルシンカー。


フックはデコイに作ってもらったビッグバイトフィネス2/0の


ブラシガード装着のプロトタイプです。


僕がこれを多用するのはホンマにヤバイ時です。


バスを釣ってもなかなか飛んでいかないエラストマー素材なので


財布にも自然にも優しいのが素晴らしいです。





で、来るのはこんなサイズです。


釣り方が見えてからは、反復作業の繰り返しです。


ロッドはエアレギウス7。リールはメタニウムMgのレフトハンドル。


ラインはバスザイルマジックハードR10ポンドです。


エアレギウス7は7フィートとは思えない軽さと操作性を誇ります。


マイクロガイドは先重り感を全くなくし、シェイキングリトリーブの連続操作での


疲労感を軽減してくれます。





宇宙人にはこんなんばっかり来ます。


ヤバイ時ほどサイズを選んで釣れるルアーです。


まだまだ、釣りました。


それにしても雲一つ無い青空です。今年のロケで一番暑かったですわ。





取材艇を出してくれたコバ。


当然、短パンです。


ちなみにコバは3月から12月までは短パンです。


取材終了後、日本海までイカ釣りに行きよりました。


タフすぎます。体力有余っています。






一刀両断ロケはもう一度行きたいです。






今日は休みですが


月曜からまたロケに出発するので


ちょこっと用意します。


それからクワガタ仕事に励みます。多分。




出来ればゆっくりしたいですが


それはちょっと無理そうです。













コメント・トラックバックは受け付けておりません
2011.04.22(金)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

今日からTOP50緒戦キックオフ。

今日から、早明浦ダムでJB TOP50の緒戦がキックオフです。




天気は悪そうですが


選手の皆さん、全力で頑張って下さい。




今回、僕は応援&にぎやか師には行けません。


明日から韓国のイベントに行くからです。




JB TOP50では日曜日の最終日に


震災チャリティーオークションが行われると聞き、


自分は会場に行けないですが


「せめて何か役に立てるものを。」と


出展物を現地に行く社員に預けました。




それは、昔プロトで作ったテンペストHDです。


テンペストはタクティクスの67MHですが


このプロトはそのヘビーデューティーモデルです。


この世に1本しかないワンオフモデルです。


昨日、ばたばたしながら、慌ててサインを入れ


社員にことづけたので


うっかりと写真を撮るのを忘れました。


すいません。


なので説明します。




より強いオールダブルフットのステンレスsicガイドを


ダブルラッピング。


メタリックブルースレッドの美しいロッドです。


言わば、一世風靡したタイラントHDの


弟バージョンです。




本来なら手元に残しておきたかったのですが


今の日本の非常時に少しでも役に立つならと


出展を決めました。




選手の応援ついでにオークションにも協力をお願いします。




ところで今日は韓国に持ち込むタックルを用意します。


多分、わずか1日しか釣りが出来ないと思いますが


あいかわらず煩悩が多いのと現地情報がなく


季節感も良く分からんのでタックルは多くなりそうです。


多分、寒いと思われます。





減らしたつもりでもロッドは11本。





リールをはずす。


裏にはロッドにすぐ付けられるように


マスキングテープにロッド品番を書いておきます。




でも、ハンドキャリーなので


持っていける道具はおのずと制限されます。


ルアーは少数にしたいです。




出来るだけコンパクトにトランクに入るよう


頑張ってみます。



コメント・トラックバックは受け付けておりません
2011.02.23(水)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

今年はこればっかです。EGアクション。

最近、妙に暖かく春めいて来ました。




なんだか眠いですわ。




ところで今年も始まってもう3ヶ月が過ぎようとしています。


早いもんですな。


あまり釣りに行けてないのが残念ですが


今年になってからは40アップしか釣ってません。


ようよう考えたらその全てがジャークベイトでした。




今年はまだジグ番長になっていません。


ジャークベイトがなんだかマイブームになっています。




サスペンドジャークを扱うのに僕が一番気に入って使っているのが


ヘラクレスEGアクションです。





今年の最多キャッチロッド。EGアクション。




ヘラクレス初のサトシンプロデュースロッドで


開発当時はホンマのこと言って「大丈夫か!?」と


思っていましたが


一応、自分で「日本で一番ジャークベイトで釣っている!」


と豪語するだけあって理に適ったロッドをつくりよりました。




菊元的にはジャークベイティングはビッグベイトよりも


体を酷使する釣りだと実感していますが


EGアクションは手首や肘、肩に掛かる負担が


極端に少ないのがまずイイです。


しんどすぎると丸1日や2日に渡ってジャークし続けることが


嫌になるからです。


このEGアクションは軽い力で勝手にロッドが仕事をしてくれ


ジャークベイトに命を吹きこんでくれます。


ジャークベイトは上手い下手が出やすいルアーですが


EGアクションは勝手にアングラーを上達させてくれるロッドかも。








釣れる動きを演出出来るロッドです。


サイドステップSFスケルトンチャートサスペンドチューンにて。





もちろんフェイスにもばっちりです。




6フィート2インチのショートレングスが正確なアキュラシーを


容易にするだけでなく


ロッドを下方向に向けたジャーキングでも


ロッドティップが水面やボートのヘリを叩いたりしにくいのが


ありがたいです。


バスボートなら喫水が高いので、もう少し長くてもいいのですが、


僕の場合取材ではパントなど喫水が浅く


水面に近いボートを多用するので


この短さはホントに重宝します。




間違いなくこのEGアクションが1~2月のMVPロッドです。





サイドステップSFとの相性もバッチリ。




これから4月まではサスペンドジャーク。


ポストスポーナーにはスローフローティングジャーク。


アフター回復から秋まではハイフロートのサイドステップうきうき。


晩秋から初冬はスローフローティング。


冬から春まではまたサスペンドジャークのロッドとして


重宝しそうです。


ジャークベイトは1年中使えるルアーです。


ということはEGアクションも1年中活躍するはずです。




あんまり誉めるとサトシンがまた調子に乗るので


このへんで止めときます。





コメント・トラックバックは受け付けておりません
2011.02.14(月)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

トルクアータ66発売!&琵琶湖情報。

インサイダー情報ですが




今日ヘラクレス・トルクアータ66を出荷します。


早ければ明日くらいには店頭に並ぶ予定です。





トルクアータ66。


UDグラスにヘラクレスクロスを武装。


シャロークランキングに特化したロッドです。


吸い込み性能、根掛かり回避能力の高さ、


軽いクランクベイトのキャストのしやすさ


急な突っ込みい対する追従性etc...


といったUDグラスならではの利点に加え


4軸武装によるあらゆる方向からのキャストや


デカバスの強烈な引きに対するブランクスの


変形を抑え、アキュラシーが向上。


また、グラスコンポジットとは思えない


軽さと振り切り感を持ち、相反する軽さは驚異的。




トルクアータ7よりしゃっきり感が強く


手返しのいい攻めやアキュラシーキャストに向く。





重心移動のない軽量なクランクのキャストは抜群。


乗せて運ぶフィーリングがたまりません。


写真はワイルドハンチ。他にはFSRやスタンブル、コンバットクランクMINIなども


扱いやすい。アメリカものの軽いバルサやウッドクランクも同様。


勿論、カッ飛びのコンバットクランクシリーズも120~320まで


根掛かり多発エリアやカバ-クランキング、


ショートバイトが予測される時、手返し&アキュラシー重視の時には


こちらのトルクアータ66を僕は多用します。


ウッドカバーに強いコンバットクランクフラットサイドでの


レイダウン&ティンバーでの回避能力はグラスならではの


アタリのソフトさでよりタイトに根掛かることなく


トレースすることが可能になります。




晩冬から早春のシャロークランキングは喰いが浅いことが多いが


「来ればでかい」のも事実。


この貴重なバイトをグラスならではの根掛かり回避能力で増やし


ミス無くフックを絡めとり、吸い込ませ獲らせてくれるのが


トルクアータのアドバンテージ。


特にリップラップでの回避能力に卓越します。


貴重なバイトをモノにし、デカバスを手にした時


「トルクアータで良かった!」と思えるはずです。




ルアーの軌道修正やメンディングはやや長い7が優れるが


トルクアータ66はよりアキュラシー性能が高い。


66のほうがややファストテーパーでカーボンに近い印象を


覚えるかも知れません。




ちなみに福島健はトルクアータ7より66のほうが


好みだと言っていました。


テーパーデザインとバランスが絶妙との評価です。




 トルクアータ66。


是非、店頭で触って見て下さい。






ところで、3連休中の琵琶湖はデカバスが動いたようです。




サトシン塾ではコンバットクランク480で


お客さんに58cm、3300g。


またお客さんに57cmの3050g。


サトシンは釣れてないので写真は無しです。




下野さんガイドではラバージグで


いつもの名鉄沖のスポットで





お客さんに63cm、5kgオーバーと59.5cm。


2本で9kgオーバー!




下野さんもこんな感じ。





 50、53、58cm!下野さん爆発してます。


3/8ozジグにロッドはヘラクレスヘラクレス。




僕も出撃の用意をします。



























コメント・トラックバックは受け付けておりません