1 2 3 4 5 6 19

「ロッド」 のアーカイブ

2020.06.28(日)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

池原テスト釣行。

おはようございます。

今朝も早起きです。

今日も出撃するからです。

夜半から今朝にかけて結構な雨が降りました。

今日の池原、爆発しそうです。

 

ここからは先日2日間の池原ダム釣行報告続きです。

この時は雨パワーなく、どタフでした。

 

初日は朝ゆっくり10時過ぎにスタート。

水位は前に来た時より上昇。

蒸し蒸しして暑い日でした。

水温は高いところで26℃台と上昇。

まずはバラム245とオライオンブラックローズの相性テスト。

スーパー凄いとしか言えない印象。

でも魚の活性は全然アカン感じでした。

全然、チェイスなしで時間経過。

流木溜まりをウンウン唸りながら、

手で流木をかき分けて水位が増した白川上流へ。

ところが魚はド天才。

 


初日のボウワーム12インチフィッシュ。

1/16ozのネコリグです。

ロッドはオライオンムーンゲイザー。

フックはデコイカバーフィネスHD#2/0.

ラインはマジックハードR16ポンド。

見えバスはすべからくスプーキーで、

このバスも浅い瀬から逃げるのが見えました。

逃げた方向へキャストして放置していたら「コン!」

風で水面が並みだったことが助けになりました。

充分送り込んでからフッキングしました。

ムーンゲイザーの規格外のパワーで

グイグイ強引に寄せて抜き上げ。

 

他の魚はオライオンプロトスピニングで数本釣りましたが

どれも小さいので写真も撮らず。

初日はとても厳しい日となりました。

増水はしていますがカレントの勢いがないのがダメな要因です。

 

明けて2日目。気合を入れて超早起き。

白川大橋へ。

バラム245不発。

またまた流木をハアハア言いながらかき分けて

上流へ。

流木抜けるまで約20分の重労働でしたわ。

さらにバラムはチェイスもなし。

「これはアカン!」と釣りを切り替え、

スピニングテストへ移行。

上流へと向かいます。

バスはちらほら見えますがほとんどがボートに怯えて

下って来る魚。

見つける前に気付かれています。

でも浅瀬に逃げずに乗っている魚もいました。

 


C-4ジグ2.2g&ビビッドテール。

魚の頭向いている方向と逆に5mくらい離して着水させました。

飛んでいるルアーを見せないためです。

しばらくすると着水音(もしくは波紋)を気にして

反転して頭をルアーに向けたので

そのまま放置。

「ピッ!」とショートジャークを入れると

距離を詰めてそのままバイトしてくれました。

プロトオライオンにはリニアな操作感を求めているので

そのままの動作がきちんと出来たのが嬉しかった。

 


瀬にボート固定して狙うの図。

エレキ踏んだだけで逃げる難敵対策。

この日は突然雨降ってレインギア着たら止む。

脱いだらまた雨降るを2回ほど繰り返しのあるある。

雨パワー全くなしなのに蒸し蒸しで汗だくでした。

 

バックォータードン付きにはバスいましたが

ウエイクマジックに寸止めで

またまた川を下ります。

 

ウッドチップのゴミ溜まりには沢山のバスがいました。

 


C-4ジグ2.2g&ビビッドテール。

これもサイトで。長いですがガリクソンさん。

何度も寸止めやキスバイトに悩まされながら

やっと来た。

ただ、アカン傾向として丸々太ったバスではなく

喰うのは痩せたポストスポーナーのみ。

「なんか間違えてるのかな?」と思いだしました。

 

ここから釣り方を変えました。

ルアーはラストエース80Fの自作ジグヘッドリグ。

0.4gちょっとのカミつぶしをデコイリマリック#2に付けたもの。

ルアーキーパーが無いので

アロンアルファで2か所を固定。

以後、魚釣っても全くズレなかった。

以後、超スローなミドストへ移行。

 

すぐに来ました。

 


一撃でした。ラストエース80F。

小さいですが太ったバス。

ラインはマジックハードR4ポンドですが

ラインを異常に嫌がっていたので3ポンドの方が良かったかも。

 


連発!ラストエース80F。

サイズアップしました。

 

その後は、同じルアー釣り方で。

白川を下り、立ち木トップを攻めると

でっかいのがハムっとしましたが喰いミス。

以後、立ち木を回る。

 



小さな幸せ沢山。

プロトスピニングにはシェイキングリトリーブの正確なリズムの刻みと

遠投性を求めています。

どちらも今のところイメージ通りに出来ているので

後はバカデカイ魚掛けるだけでしたが

今回はそれはかなわずでした。

でも、タフだったからこそ切り替えて

ロッドテストに集中出来たことは良かった池原釣行でした。

久々にスピニング長く握り、いいテストが出来ました。

同行で撮影協力してくれた

森口君、むらっちありがとう。

 

今日は短時間勝負で出かけて来ます。

もうじき家を出ます。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.06.27(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

オライオンブラックローズ&バラム245インプレ。

昨夜、池原ダムから帰って来ました。

テスト釣行でした。

 

初日は朝、ゆっくり出撃。

 


いきなり蒸し蒸しで暑かったです。

この前きたときよりかなり増水していました。

雨による流入の勢いを期待しましたが

たまに雨が降ったのみ。

水温は26.5℃まで上昇してました。

初日は歌手の森口君と同船。

 

テスト目的の一つはこれ。

 


バラム245とオライオンブラックローズの相性テスト。

やっと自分のカラーが出来た来たので、

遅ればせながら試す気持ちになりました。

サタンオジサンが絶賛しているので、

まず間違いない組み合わせですが、

自分で体験して納得したかった。

今回はバラムに出る感じが全然ないと感じるコンディションでしたが

テストなので無理矢理やっていました。

チェイスからエイトトラップに持ち込むことだけで

結果的には釣れませんでしたが、

以下にインプレッションを記します。

1.超軽い!

バラム300とアクテオンマグナムEXのセッティングと較べると

半分くらいに感じてしまうほど軽い!

リールは同じアンタレスDCMDXGです。

ラインも同じバスザイルフレックスハードHD25ポンド。

「片手で投げられるのでは?」と

勘違いしてしまうほどです。

2.メチャ飛ぶ。

振り切りが早く、楽に出来るためブッ飛んで行きます。

またブラックローズは7フィート1インチレングスなので

低弾道でのキャストが可能となり、オーバーハング(今回はなかった)に

撃ち込むのも楽そうです。

3.エイトトラップがめちゃ楽!

バラム300のエイトトラップは「魚が喰う!」と

興奮してアドレナリンが出ているので出来ること。

相当な体への負担がありましたが、

ブラックローズでは

ルアーもロッドも軽いのでメチャクチャ楽に出来ました。

グリップエンドから重心がかかるリールまでの距離が短いため

手首や腕に掛かる負担が非常に少ない。

 

これは麻薬的な組み合わせでした。

アカン!ほんまにあきませんわ!

こんなに楽を覚えたら

バラム300を一日中、アクテオンマグナムEXで振り回すことが

しんどく感じてしまいます。

と言うわけで自分を律するために

今回釣行はアクテオンマグナムEXと300の組み合わせに途中から

戻したほどです。

 

打撃系ヘビーロッドとして作ったオライオンブラックローズでしたが

バラム245や他のビッグベイトなどにもかなりイケてることを確信しました。

出来ることなら至近距離でのフッキングの良さを実感したかったけれど

それは島田が太鼓判押しています。

僕は次回に実感したいな。

 

今回の池原はタフだったのでオライオンスピニングのテストに

時間を掛けられました。

 


ラストエース80F自作ジグヘッドリグで釣った魚。

いいテストが出来ました。

 

池原テスト釣行の続きはまた後程レポートします。

お楽しみに!

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.02.03(月)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

いいテスト釣行になったなぁ。

昨日は休みなのでゆっくり寝て、

なんだかロッド振りたくなったので

宇治川へ。

 

むらっちを召喚して昼は来来亭で待ち合わせ。

並んでラーメン食べてからゆるゆる釣り場へ。

少量のルアーを何種類か選ぶ。

 

フィッシングショー展示に間に合わなかった

オライオンのプロト1本だけ持ってというか

それしか家に持って帰ってなかったので

ロッド1本でいろいろ試すことに。

 


良さげな場所は一か所。

凹んでいて流れがよれる場所。そこで粘る。

でも、「来る時はすぐ来るよなー。」と

想いながら時間は経過して行きました。

すぐに夕方になった。

 

テストしていたのはミディアムパワー設定のプロト。

でもミディアム表示にするにはちょこっと柔らかい。

ミディアムライト表示だとちょっと硬い。

このプロトは思っている以上にパワーがあって

The Hit七色ダムロケで

カバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチを

レイダウンの奥に入れて2kgオーバーのブリブリ獲った竿。

 


七色ロケで獲った魚。

レイダウンに一瞬巻かれたが、耐えていたら出て来た。

このロッドは67M表記で開発していたが

ちょこっと柔らかいので一瞬ボツにしようととしたが、

この投げやすさと感度、秘めたるパワーに大いなる可能性を感じた。

年始に沖田が来社した時に一番欲しがった竿でもあった。

勿論、他にミディアムパワーのプロトは別に存在し

現在テスト進行中です。

 

昨日おかっぱりテストしてたのは

先の横浜で発表した67ML「デジェル」より強く

カバーでのフィネスが出来る竿。

低弾道で軽いのが撃ち込める。

12~14ポンドくらいのラインで

カバクリ3.5gやカバーネコなど出来る竿です。

 

この日は釣りたいのは勿論だが

ロッドのテストも兼ねて

新作クランクベイト「ベルカント」から釣りに入り

順にリトルマックス1/4oz、

カバークリーパー4.5g&アントライオン3.3インチ、

ツインテールリンガー5.8インチ1/16ozネコ、

ヘッドシェイカー2.5gウエイテッドフックリグ、

ボウワーム12インチ1/16ozネコ、

リトルマックスTGマッスル3/8oz、

ピッコロまでルアーを回した。

ロッド1本でやるからこそ分かることは多かった。

全てバックスペース無い場所から

バックハンドやピッチングでいい感じでキャストが決まった。

中でも6.4gのピッコロを小さいモーションで楽々キャスト出来、

なおかつロングキャスト出来るのは

オライオンの特長であるキャスト時に「曲がる」性能を

充分に発揮していると感じた。

またボトム接触時の感度はやはりえぐい。

 


次回オンエアのBIGBITEロケでの魚。

リトルマックスTGマッスル3/8ozで。

今回使ったロッドと同じもの。

明確な振動を感じられる。

枯れ草がフックにまとわりつく感触までが明確に分かった。

その場合はロッドワークで枯草外れなければ

すぐにピックアップ出来次のキャストへ移れるので

それが分からず無駄なアクション与える時間が省ける。

これはすごく意味あること。

なお同ルアーでは2バイトでノーミスだった。

 

今回のロッド一本おかっぱりでの釣行は

思った以上にテストになった。

このロッドは67ML+として開発を継続することが確定。

この日は魚っ気が全然なく結果としては

ノーバイトだったが、後々意味を成す釣行となったかな。

 

帰りは高速メチャ空きであっという間に帰宅。

 


家族で美味しく楽しい食事。

ユッケ風ローストという名の好物に舌鼓。

その後は焼肉ー。

 

いよいよフィッシングショーOSAKAウィーク。

明日から忙しくなるので

今日中にやること出来るだけ進めます。

ショー期間中が原稿締め切りなので

それも完成しておかねば。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.01.16(木)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

横浜へ。

明日から釣りフェスティバル。

フェスティバルということは祭りですな。

祭りだ!祭りだ!祭りだ!と

盛り上がりたいですね。

今日、横浜へ出発します。

 

明日は午前中は取材、撮影などがあります。

金曜日は昼からが一般入場です。

僕は2時からEGのステージに立ちます。

 


オライオン「スターゲイザー」で仕留めた魚。

いよいよ菊元史上最高のバスロッドがお披露目です。

 


ジャパンクォリティーの極み。

 



性能は勿論、デザインにも心血注ぎました。

早く見て感じて欲しいー。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.12.14(土)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

その名は。

来年のフィッシングショーで公開予定。

菊元史上最高のバスロッド。

 

その名は「オライオン」

コンバットスティック オライオン。

 

第一弾は打撃系のロッド達です。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 19