「ルアー」 のアーカイブ

2017.12.26(火)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

アントライオン3.3インチカラー紹介。

今日は神戸のサンTVに行って来ます。

The Hitの正月番組の収録です。

まだディレクターには「写真出さないで」

と止められていますが、

お正月らしいデカバスが釣れています。

 

P1280177
七色ダムでの釣りを解説して来ます。

10年振りくらいに行ったけど、

いい釣り、わがままな釣りが出来ました。

 

ここからはアントライオン3.3インチのカラー紹介。

 

#01 グリーンパンプキン・BK
#01グリーンパンプキンBK

菊元的には先発で使うことが多い色。

 

#08 ブラックレッドクロー
#08ブラックレッドクロー

赤ザリ系のカラーです。

 

#11 スカッパノン
#11スカッパノン

みんな大好きスカッパノン。

この色は効く時は爆発力があります。

 

#15 シナモン・BLSL
#15シナモンBLSL

ボウワームでの琵琶湖神カラー。

 

#18 シークレットスモーク
#18シークレットスモーク

クリアーウォーターで多用するカラーです。

エビにも小魚にも見えます。

 

#33 グリーンパンプキン・BL
#33グリーンパンプキンBL

これも菊元的には先発で多用する色です。

特に霞水系では神カラー。

 

#35 チャート・GDGR
#35チャートGRGD

サイトで使うのもいいですが、

濁ったシャローで使うと着水点の浅い深いが見えることで分かるのがいい。

ブラックのジグと合わせるのが僕の好みです。

 

#37 リバーシュリンプ
#37リバーシュリンプ

ステイン~クリアーでエビがいるところで威力発揮。

 

#46 コザリ
#46コザリ

小型のエビを意識したカラー。

 

#58 ソリッドブラック
#58ソリッドブラック

存在感をはっきり見せたい時にはブラック。

濁ったシャローからクリアーディープまで。

 

#73 ヌマエビ
#73ヌマエビ

小枝などにエビが付いている時はコレ。

ピンピン小エビが跳ねたら、この色を選びます。

 

#74 バジルシュリンプ
#74バジルシュリンプ。

スモークにグリーンフレークの万能色。

 

アントライオン3.3インチは以上、全12色です。

明日にはデリバリー開始です。

 

こちらは霞の飯田秀明。

寒い中連日、貴重な冬バスをゲットしています。

 

.jpgTGマッスル
リトルマックスTGマッスル3/8oz。

 

.jpgスースレ
スーパースレッジのジャーキング。

飯田君手堅く釣るなー。

 

こちらはWBSクラシックウィナーの小島貴。

 

25552275_165026930918342_5491474000366024685_n
スピンクラフトで2kgオーバー。

下の魚はスピンムーブシャッド。

さすがはWBSの巻き物王。

霞での釣り治めをこの上ない釣果で締めました。

 

僕は釣り治めに行けるのか?

新兵器搭載するアルミのBIGBITE号のセッティング、

冬休みまでに間に合うかな。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.12.25(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

アントライオン3.3インチ。

メリークリスマスでございます。

菊元家では昨夜は鍋でした。

 

.jpg鍋
サンタクロースならぬサタンクロス来訪。

うちの子供たちにクリスマスプレゼント持って来てくれました。

子供らは大喜び。

島田は今は丸くなりましたが、

昔に初めてなついてくれたのがうちの子供らしいです。

それが嬉しくてたまらんかったらしいです。

うちの子供はニコニコおっちゃんと呼んでます。

お礼といってはなんですが、

島田の好物の菊元家特性つみれ鍋を囲みました。

ケーキは無しです。

最終的にはダバダ火振でヘロヘロになりました。

島田の気持ちが嬉しく、楽しい時を過ごしました。

 

ところで今年もあとわずかですが、

年内になんとかマーケットデビューです。

アントライオン3.3インチ。

 

先に発売されたアリジゴクのサイズアップバージョンです。

2.7インチにGo!を掛けた時にほぼ同時進行で開発を進めていました。

菊元的にはジグトレーラーで使いますが、

サイズアップしたことで、

ドロップショットやキャロ、

ライトテキサスにも使いやすくなりました。

数釣りにも向きますが、何故かデカいのが反応するワームです。

テスト期間中はフィールドタイプを選ばず、

打率の高さを実感しました。

 

.jpg青野CCアントゴンザ
青野ダムのゴンザレス。

CCラウンドトレーラーで。

CCラウンドにセットして狙うのは

超ヘビーカバーではなく単調なカバーやブレイクなどが主ですが、

90度アイの特性を活かすことを意識します。

枝などにラインを引っかけてチョウチン状態にした時に、

水平姿勢になりバイトが明らかに増えるからです。

アントライオンは

大きく水を動かすパーツと微振動するパーツがあるので、

動かしても止めてもアピールし続けます。

 

以下はCCラウンドトレーラーにして釣った魚。

 

.jpg青野CCアント
これも青野の魚。

3/8ozクラスのジグと組むと早いフォール時の

各パーツの動きの質が異なったバイブレーションと

着底直後の触角と手の倒れ込み、

レッグのフリーズと全く違う動きでリアクションバイトを誘います。

このスピードリアクション要素を高めたい時は

さらにフォールが早いTGブローと組んだりします。

 

.jpg合川CCアント
早春の雨の合川で。

プリプリの魚です。

 

サイズ比較
上がアントライオン3.3インチ。

下の2.7インチより0.5インチ大きいだけですが

見た目のボリュームはかなり違います。

スモラバ系のトレーラーに使う時は重量もあり、

後方に重心があることで、キャスト精度及び飛距離が伸びます。

 

.jpg山口CCアント
丸山ダム。

この時はちびっこ入れ食いでしたが、サイズを狙って釣るのはまあまあ難しかった。

 

.jpg池原CCアント
池原ダム。

いつぞやDAIMETALと行った時の魚。

 

以下は新作カバー対応コンパクトジグ。

正式名称「カバークリーパー」

のトレーラーとして釣ったバス達です。

オールスターのプラではカバークリーパーとの組み合わせで多くのバスを手にしていました。

 

.jpg霞ジグアント
霞ヶ浦ではニュージグ「カバークリーパー」トレーラーで。

ウッドカバーの奥や石積みのミズヒマワリのシェードなどを撃っていました。

根掛かり激しく、フルサイズのジグでは喰わないタフな魚に口を使わせていました。

オールスター前のWBSオープンでは

長期プラクティスしていた蛯原英夫に操船を任せ

僕はバックシーターに専念していましたが、

普通はシャロー撃ちで全てを正確に早く入れる剛腕エビちゃんの

後ろでは釣ることは極めて困難な中、

4つのバイト(内2つは無念のやらかし)を得られたことは

このルアーに対する大きな自信となりました。

 

.jpg霞ジグアントプラ
これも霞。カバークリーパートレーラー。

3.5gジグとのセッティングですがアント3.5インチは重量があり

後方重心なのでカバーへの正確で快適なキャストが可能。

スキッピングもしやすいです。

僕は霞ではヘラクレスフォースグランディス66M LTSにZ-PRIDE。

ラインはマジックハードR14ポンドメインで使っていました。

 

.jpg霞東岸ジグアント
霞。カバークリーパートレーラーで。

単調な石積で引っ手繰って走りました。

 

.jpgオールスタージグアント
オールスターでウエインした魚。

本番は大苦戦しましたが

超シャローのしょぼいカバーで喰ってくれました。

カバークリーパーとアントライオン3.3インチに感謝しました。

でも、この魚3本撮りたかったなー。

 

.jpg山口カバーアント
ガッツさんと一緒に行った時も。

冠水したカバーに滑り込ませると沢山釣れましたな。

クリアーでプアな場所やヘビーカバー以外では

勿論C-4ジグのトレーラーとしてもグッドです。

 

.jpg利根川アントドロップ
オダジー利根川ドロップショット。

ちなみにDAIMETALもドロップショット派。

キャロでもかなりイケてると思っています。

アントライオン3.3インチはクリアーでもマッディーでも

シャローでもディープでも結果を残し続けてくれました。

今では僕にとってなくてはならない武器になりました。

 

アントライオン3.3インチは早ければ

12月27日頃にショップさんにデリバリー予定です。

 

カラーはまた紹介します。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.12.13(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

お待たせ過ぎですいません。

遅れに遅れたアレのデリバリー近しです。

生産効率が非常に悪く、量産は失敗の連続でした。

お待たせし過ぎですいません。

やっとデビューです。

 

458ceabaa6ba1efc8f8a52aa59e552d9-615x820
ラストエース168!

いよいよマーケットデビューです。

 

P1270614
魚が狂うルアーです。

僕は通称「シイラ巻き」と呼んでいる

超ファストリトリーブ&高速トゥイッチか

スラッゴー使うみたいにツーンツーンとトゥイッチして使います。

バスだけでなく多分、

あらゆるフィッシュイーターの本能を破壊する力があるはず。

 

今週末頃からのデリバリーになります。

最速で土曜かな?

瞬殺必至と思われるので

お早めにゲットすることをお薦めします。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.11.22(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

C-4リーチ。

もうじき発売です。

 

20171110_050 (1)
FACT C-4リーチ。

 

20171110_131 (1)
こだわりの人福島健デザイン。

細かなパーツそれぞれに意味があり、

生命が宿ったかのような動きをします。

動画見ただけで「これは釣れるわ。」という動き。

ドロップショットは勿論のこと

菊元的にはジグヘッドリグミドストから

C-4ジグトレーラーとしてもいいかなと。

タフな時ほど威力を発揮しそう。

 

水を動かす腕や触覚などの福島らしいパーツ
細かなパーツやカラーにもこだわり。

クリアー系カラーが多いのは

特にクリアーウォーターでは

バスの目が良く、セレクティブになる傾向が

極めて強いことに対応するための

福島のこだわりだと僕は思っています。

 

#01 グリーンパンプキン・BK
#01グリーンパンプキンBK

 

#11 スカッパノン
#11スカッパノン

 

#18 シークレットスモーク
#18シークレットスモーク

 

#33 グリーンパンプキン・BL
#33グリーンパンプキンBL

 

#38 モエビ
#38モエビ

 

#39 パープルウィニー
#39パープルウィニー

 

#40 シークレットシャッド
#40シークレットシャッド

 

#52 ゴリ
#52ゴリ

 

#56 リザーバーシャッド
#56リザーバーシャッド

 

#64 ナチュラルワカサギ
#64ナチュラルワカサギ

 

#81 クリスタルシャッド
#81クリスタルシャッド

 

#82 ヌマチチブ
#82クリスタルシャッド

 

FACT C-4リーチは12月中旬のデリバリー予定です。

 

P1280112
パッケージはこんな感じ。

発売をお楽しみに。

 

告知です。

 

.jpgルアマガミュージアム
明日23日からルアーマガジンミュージアム。

会場は秋葉原ハンドレッドスクエア。

僕は明日23日参戦。

 

トークショーなどします。

 

.jpgルアマガ
濃いなー。メンバーが。

お近くの方は遊びに来て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.11.20(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

陽気に元気にいきいきと。

今日は月曜日。

休み明けで仕事の方は眠い人、ちょっと憂鬱な方も

いらっしゃると思いますが、

カラ元気でも元気に行きましょう。

しんどそうな表情していては幸運を逃がしてしまいます。

笑う門には福来るを実践して生きたいものです。

ノー天気でもご陽気さんで笑顔がいいですな。

なかなか難しいけど、辛いことがあっても

「陽気で元気にいきいきと!」をこころがけたいもんですな。

 

チビジグアント北利根
バス釣ると小さくても笑顔が溢れます。

寒い時期の1本はなおさらです。

 

こちらは昨日の蛯原英夫。

 

IMG_5314
マリンワークス大山オーナーズカップ。

1本1280g。

さすがはエビちゃん。寒すぎで厳しくなっても釣りますな。

チャージャー210僕も早く乗りたいー!

 

仕事をしたのは、

 

IMG_5296
バスエネミー3.5インチ。

デコイテキダンシンカー5gのフリーリグ。

ロッドはヘラクレスFACT70HST。

リールはメタニウムZPIチューン。

ラインはマジックハードR16ポンド。

 

bassenemy
バスエネミー。

今シーズン、エビちゃんが最もバスを釣ったワーム。

極秘テスト中も勿論WBSトーナメントでも

デカバスを釣りまくった来たニューウェポン。

 

実は僕もちょこっと使っていました。

 

P1260596
こちらはバスエネミー4.5インチでの1本。

初夏の霞BIGBITEロケ。

ノーシンカーリグでラインが走りました。

この他杭にフリップして掛けたけど

ラインが風で巻かれてバラシたのもバスエネミー4.5インチ。

番組ロケの時はまだ秘密にしていたのでモザイクかけていました。

落ちる時のアクションと微波動にバスは抗えない。

これを見たバスは思わず喰って釣られてしまう。という意から

バスの強敵、大敵バスエネミーと言うネーミングにしました。

名付け親は僕です。

 

よかったら、蛯原英夫本人のバスエネミー解説をご覧下さい。

力作です。

https://www.evergreen-fishing.com/cyouka/bass/h_eihara/13636_20171114.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません