「2020年09月07日」 のアーカイブ

2020.09.07(月)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

オライオンスターゲイザーについて。

いよいよ今週デリバリー開始のオライオン。

 

初回ブラックローズと共にデビューする

69Hスターゲイザーの菊元的解説です。

自分なりのインプレッションと

EGスタッフの使用ルアーなどを紹介していきます。

 

オライオンフラッグシップモデル。スターゲイザー。

シャローカバー撃ちから

ディープジグまでの打撃系として

オライオンの名前がまだ決定する前から

最初にプロト依頼してテストして来たロッドです。

基本的にはジグ&ワームロッドとして開発を進めたロッドです。

 

比較対象となるヘラクレス69Hに比して圧倒的に軽く、

一日撃ち続けても疲れない実戦での軽さを実感できること。

テーパーがヘラクレスがファーストテーパーと表現するなら

スターゲイザーはレギュラーテーパーと言えるでしょう。

より正確に低い弾道で撃ち込めるキャストフィール。

あわせた瞬間にカバーから引きずり出すパワー。

さらにフットボールジグなどでのディープでの違和感を

バイトとして感じられるエグい程の超絶感度を持っている

オライオンフラッグシップモデルです。

菊元的には現在最高のフットボールジグロッドです。

 

また他の打撃系オライオン同様、「曲がる」ブランクスが

軽いルアーでもしなって反発力で飛ばすキャストフィール。

曲がるけれど反発力で戻す速さとそのパワーは

今までのロッドとは次元が違う感覚です。

 


TGブロー1/2oz&キッカーバグ4インチ。

スターゲイザーテスト時に最も釣ったルアー。

ここ最近のマイブームです。

ボトムの感触、枝にライン触れている感覚、ゴリゴリなどが明確に分かるので

バイトを予測しやすくなり、さらに根掛かりによるロストが減少した。

スターゲイザーでTGブロー1/2ozを一日使って

ロストゼロの日が明らかに増えました。

 


スターゲイザーは最高のフットボールジグロッド。

フットボールジグはブレイクなどの地形変化を狙う時の菊元的フェイバリット。

ちなみに僕はフットボール使う時のラインはマジックハードR16ポンドが標準。

人よりちょっと太目かな。

 


令和元年初日ロケ。入れ喰い仮面になった時。

開始早々のゴンザレス。同じくTGブロー&キッカーバグ。

僕のフットボールの動かし方は基本的にいわゆるホンガリング。

時計で言う10時くらいのポジションから

1時から2時くらいのハイポジションに跳ね上げていくのですが

バイトが多いのは最もジグが跳ね上がって落ちるアワセが効かない角度。

その時、僅かな振り幅で捻じれることなく

ダイレクトなパワー伝達で掛けてくれることが

スターゲイザー使いだして明らかに多くなった。

このバイトが獲れる獲れないでは天地の差。

 

その天地の差が出たのが今年の正月オンエアされた

The Hitロケでした。

 


真冬のゴンザレス。

それまでバイトさえなかったので

集中力が低下して、

1本目は我ながら「くっさー!」と思った

ハイポジションからの力が伝わらないヘボアワセでしたが、

フッキング成功したことでゴンザレス獲りました。

今までなら乗らなかった魚。

その魚ミスしていたら精神的にもまあまあ来るので

この魚獲れたことは大きかった。

その勢いに乗ってその後3バイト3フィッシュで皆デカイ。

1つのミスもせず獲れたのはその後の集中力もありますが

明らかにスターゲイザーのフッキングパフォーマンスの高さでした。

それまで時間と労力と情熱燃やしてデザインした

コスメのサンプルロッドを初めて持ち込んだロケ。

それまで内緒にして来たオライオンお披露目ロケだったので

この結果は喜びとなりました。

 


淀川でのスーパーゴンザレス。

カバー最奥撃ちで。

ダブルモーション11gゼロダン。

僕はヘビーカバー撃ちではキャスティングジグやテキサスもそうですが

20ポンドマジックハードR組むことが多いです。

 

こちらもロケでの実戦テスト中の写真。

 


津風呂湖。グラスリッパー3/8oz&ヘッドシェイカー5インチ。

BIGBITEロケ。

この時はまだスターゲイザーの名前も決まってなかったなぁ。

 


この組み合わせはThe Hit七川ロケでもゴンザレス連発。

今年の春先の霞では1/4ozグラスリッパーで釣っていました。

スイムジグやヘッドシェイカーウェイテッドリグにも

スターゲイザーを多用します。

ヘッドシェイカーのテールを振る振動が伝わります。

弛ませて引いての明確なバイト。

弾かずフッキング出来る優秀なスイムジグ、

スイムベイトロッドでもあります。

 


ヘッドシェイカー5インチウエイテッド。

気温5度の津風呂湖での水面炸裂。

この組み合わせは宇治川おかっぱりでもいいのを釣ってます。

流れがあり異常に根掛かり多い宇治川でも

ボトムの石を明確に感じながらスローローリング出来ます。

 

またオライオン打撃系は使えるルアーウエイトの幅がかなり広い。

 


蛯原英夫は5gテキサスが標準。

これはダブルモーション3.6インチで獲った余裕のゴンザレス2kgオーバー。

エビちゃんはカバー撃ちでスターゲイザー使う時は

マジックハードR16ポンド使っています。

霞の剛腕も一日中カバーを撃ち続けても全然疲れない

スターゲイザーの軽さに感動。

 


ダブルモーション7gゼロダン。

カバー最奥で掛けて、「これはバスを迎えに行かねば。」と

思ったらもう出て来てくれていること多数。

これは僕も同じ感想で、このロッドの意図したところ。

スターゲイザーは曲がるけれど戻すパワーが異常に強いので

巻かれる前に合わせでカバーから引きずり出せることが多い。

「軽くて曲がるが強い竿」です。

また感度がいいので今までは「アタリかな?」と半信半疑だった

バイトをバイトとして確信して思い切りアワセられることも

その要因です。

 

こちらは利根川の帝王沖田護。

 


6gチェリーリグ。

ラインはフロロ14ポンド。

沖田は他にヘビーカバー最奥撃ちに8.8gテキサスなどを多用。

 

こちらは紀ノ川スーパーロコの福島直城。

 


エッジブレイカーバックスライド。

1/32ozネイルシンカーを挿入してカバー下へ

低い弾道で撃ち込み奥へと侵入させています。

 

こちらはスターゲイザーで最もロクマル釣っている漢。

 


65cm,5860g!琵琶湖の怪獣。

キッカーバグ4インチスーパーヘビダン。

シンカーは1.5oz。

石井館長はスターゲイザーで1ozから2ozまでのヘビーシンカー使います。

このあたりなるとブラックローズの方が向いていると思いますが

ここまで重いシンカーを使えるのがスターゲイザーの凄さ。

石井館長はおかっぱりでもスターゲイザーでロクマル獲っていますが、

浮かせるのが異常に早いので安心感が違うと評していました。

 

こちらは遠賀川オジサン今田浩一。

 

 


キャスティングジグ3/8oz&ダブルモーション3.6インチ。

今田オジサンはスターゲイザーには

マジックハードR14ポンド巻くこと多いです。

おかっぱり主体なので様々なルアー使っています。

バスエネミー4.5インチ5gフリーリグ、フラップクロー同フリーリグ、

7インチボウワーム1/16ozネコリグなど。

あるいはP.E.巻いてキッカーフロッグでも釣っています。

 


先日のディープクランキングで。

コンバットクランク480。

感度を重視するディープクランクにもいけます。

 

打撃系として開発して来たスターゲイザーですが、

ハードベイトにも高い次元で対応します。

Dゾーンスローロールやシャワーブローズ、

あるいはシャワーブローズビッグママの大遠投。

あるいは2~3ozのビッグベイトまで対応します。

 


オライオンスターゲイザー。

異次元の使用フィーリングを感じてほしい。

その時までもうすぐです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません