「2020年08月04日」 のアーカイブ

2020.08.04(火)
カテゴリー:バス釣り

バタバタと編集チェック。

昨日は関和とミーティング。

前向きな話が出来ました。

いい時間が過ごせたと思います。

 

それまでは次回オンエアのBIGBITEの編集VTRと

ナレーション原稿のチェック。

菊元的には「なんでこのシーンが入ってないの!?」と

いうバラムに狂うバスの群れのシーンが

カットされていたため、やり直しを依頼。

ナレーション、音入れが今日だったため、

ディレクターは困ったと思いますが、

少しでも番組を面白くするため、非情の宣告。

バラムには結局ミスバイトするのですが、

エイトトラップで見る人が見たら分かる

技使っているので、是非ともこのシーンは入れてほしかったのです。

 

ここからは番組ちょこっと解説。

 


これはサイトで仕留めたどクリアな上流のバス。

カバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチ。

流水ではラインが流れに持って行かれるため

ルアーの導き方、

あるいはバイト感知からのフッキングが難しいのですが、

オライオンプロトは明確にバイトを伝え、

フッキングへと導きました。

 


上流へ上がるの図。

ジンクリアで浅く、障害物がないつるつるの

バックウォーターでバスに口使わせるのはかなり難しい。

この時は減水が進んでいたので、さらにバスは憶病に。

 


浅場にボートを固定。

奥に見えるのが深くなっている場所。

エレキ踏んでいては気配感じて下ってくるバス見るのみです。

ボートを浅場に刺すとバスは一旦逃げますが

そこがいい場所なら必ず上がって来ます。

番組ではカットされて分かりませんが

何もせず待つ時間はかなり長いです。

 

結局、編集VTRチェック出来たのは今朝になり

本日11時からのナレーション入れに間に合うように

再チェック。

やはり、いいシーンがありました。

無理言って再編集してもらって良かった。

ギリギリVTR及びナレ原チェック間に合いました。

 

今回は最後にまさかのオチがありました。

謎のオサーンの呪いでしたわー。

番組オンエアをお楽しみに。

 


関和が先程、茨城に帰って行きました。

運転気ををつけてなー。

 

こちらは沖田護からの気まぐれライン。

 


ヘッドシェイカー5インチ。利根川バス。

 


オライオンムーンゲイザー。

ヘッドシェイカー5インチノーシンカーに最高らしいですわ。

ヘッドシェイカーのラインアイに

EGワイドスナップが付いているところにも注目。

こうすることでアクションがさらに際立ちます。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません