「2017年11月17日」 のアーカイブ

2017.11.17(金)
カテゴリー:バス釣り

リールをパワーアップ。

昨日、ZPIさんからカスタムハンドルが届いていた。

 

P1280107
早速アンタレスHGに装着。

ハンドル長は僕が一番巻きやすく気に入っている92mm。

品番はPG-92-S。

前回のThe Hitロケには間に合わなかったが、

次回からさらにファストリトリーブが楽になりそう。

またノーマルハンドルと違い、ゴールドがあしらわれたので

リールのメタリックシルバーとゴールドがかなりゴージャスでカッコいい。

今まで何度かバラム巻いて来たが

コンクエスト200HGではハアハア言うほど早巻きで負担が掛かっていた。

リールを変えたことでかなり快適にファストリトリーブが出来るようになった。

一回転8cmの差は想像以上にデカかった。

ラインキャパはフレックスハード25ポンド巻いて問題なかったです。

 

次回から自分が巻きやすいハンドルを付けたことで、

さらにパワーアップ出来ると思う。

快適に6ozをキャストし続けられる、

アクテオンマグナムコンバージョングリップ仕様。

快適に早巻きが出来るリールシステム。

ルアーに命を吹き込むためには

タックルバランスがかなり重要な部分を占めるのは間違いないはず。

特にジャイアントベイトは投げられるロッドが無ければゲームが始まらない。

 

先日のロケでは超久々にランディングネットを使った。

 

P1280081
バラムフィッシュ2本目。

超久々のネットイン。

 

P1280083
リアフック1本掛かりだったのでネットランディング。

上の2つのフックが暴れるのは極めて危険。

今までハンドランディングや抜き上げをしてきたが、

バラムに装着しているデコイのシルキーコートのフックは鋭すぎてヤバすぎ。

僕も今まで手を滑らせて指に刺さったり、

切り裂いたりして痛い目にあって

取扱い注意を実感していました。

暴れるデカバスをハンドランディングするのは

かなり怪我のリスクが出てくるので、

今回はネットを持って行きました。

ネットを使うのはハドルストンの背バリ改造チューンでロクマル釣って以来です。

(これもバスが掛かるとフックが暴れます。)

 

また菊元的にバラムは極めてダブルヒットさせやすいルアーと思っているので

デカバスダブルならハンドランディングは難しいし、

抜き上げもラインブレイクのリスクを背負うと判断して、

ネットを持っていった次第です。

 

P1280104
今回使ったのはGMの試作ランディングネット。

網部がラバーコーティングされておりかなり軽いです。

軽いのは凄くいいね。

テスト用にと提供してもらいました。

 

P1280105
折りたたむとコンパクト。

柄を掴んでさっとやるとシャキーンと使用出来る状態になるワンタッチ仕様。

長い間ハンドランディングにこだわって来ましたが、

フックを刺して大惨事になるリスクはやはり怖いので、

そんな場合だけネットを解禁することにしました。

それ以外はハンドランディングにこだわって行きたいです。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません